« 日産が鋼材不足で生産休止 | トップページ | 筑前煮 »

2004.11.26

レンズが帰ってきました。

カビ玉を安く入手した、SMC PENTAX 50mm F1.2レンズですが、一緒に修理に出したAUTO-Takumar 35mm F2.3と一緒に、今日綺麗になって帰ってきました。

5012-3523.jpg
 手前がK2-DMD+50mm F1.2、後ろがSP+35mm F2.3。

修理に出した先は、NGCさんオススメのこちらです。
写真レンズ工房

50mmの方は、内部を含む複数のレンズに生えたカビ清掃で、35mmの方は絞りの粘りと鏡胴のがたつきだったのですが、調整を含めて1週間ほどで出来てきました。
(35mmの方は、気が付いていませんでしたがカビも生えていたようです)

残念ながら、50mmのカビは前玉に少し跡が残りましたが、非常に綺麗になりました。
ピントも調整して頂きましたし、ピントリングの触感も適度な粘りで良い感じです。
コメントに、「解像力がとても良い」と書いてあり、何だかウレシイ管理人です。(^^)

ファインダー像も、同じ50mmのF1.4よりキレがあり、良い感じです。
何より、K2-DMDのファインダーが、最新機種のように明るくなりました。(^^;

これで、修理費は2本合わせて¥9kでお釣り来ていますし、とても「良い仕事」ですね。(満足)

|

« 日産が鋼材不足で生産休止 | トップページ | 筑前煮 »

コメント

あは!!

安い!!

それにしてもDMDのファインダーはいいですよね。
かのキヤノンの20Dも少々暗くして切れを良くしたとの話ですが、元々が明るすぎるのもマズいのでしょうかね?

投稿: coolys creek | 2004.11.27 00:27

新スクリーンのLXにも付けてみましたが、コッチは明るすぎて、外で使ったら目が痛そうです。(大げさ)

やっぱりキレはDMDのの方が良い感じです。

50/1.2ですが、他の一本と纏めて¥10kほどで入手したので、修理費込みでも¥1万円台で旗艦レンズが入手出来ました。(^^)

EOS普及機のファインダーは、明るいしざらついた感じが無くて、ぱっと見にはとても綺麗ですけど、ピントを合わせる為のモノと考えたら使いにくいですもんね。
20Dのを、一回見てみたい気もしますが、*istD兄弟の敵でないのも恐らく間違いないと思うので、あんまり食指動かないです。

*istD兄弟が出てきたので、EOSのレンズ揃える気が無くなった今日この頃です。(^^; 

投稿: かめ | 2004.11.27 14:04

*ist Dsのファインダーはガラスプリズム&ナチュラル
ブライトということでかなり期待していましたが
実際使ってみるとそんなに感動しませんでした。

結局、普段からLXやZ1-P覗いているからということに気づくのに暫くかかりました。

一方他社デジ一眼カメラをお使いの方が覗くと感動
するようです。

*ist DsはhyMを搭載していないので、ファインダー
内に露出インジケータとしてのバーグラフ表示が
無いのが残念ですが、±のEV値表示は出ますので
慣れれば特に不便には感じないですね。

投稿: coolys creek | 2004.11.29 12:26

メーテルリンクな、お話ですね。(^^;

EOS使っててペンタに取り替えると、随分とざらついた感じの
ファインダーに見えるのですが、いざMFで使うとなると
ものすごく快適さが違うんですよね。

そういう意味でも、(比較的)明るい単焦点向きなんでしょうね。
>ペンタ

投稿: かめ | 2004.11.29 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/2077087

この記事へのトラックバック一覧です: レンズが帰ってきました。:

« 日産が鋼材不足で生産休止 | トップページ | 筑前煮 »