« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.31

大事なことなんだけれど...

一体、どうやって対策を打っていくんでしょう?

リンク: @nifty:NEWS@nifty:フリーター年20万人を正社員に…自民ニート対策部会(読売新聞).

ニート対策云々の前に、目先の利益率のために、正社員を減らすばっかり、というのはマズイと思いますし、実際に綻びが出てきていると思います。

やはり、技術や企業カラーの伝承、無理のない年齢ピラミッド維持のためには、景気に左右されずに有る程度の正社員雇用が必要と思います。
(転職が一般化するにしても、パート&アルバイト&派遣社員よりは会社側としても継続性を期待出来るでしょう)
 

学歴も技術力も無い管理人ですが、充分に高学歴な若者や、素晴らしい才覚や技能を持った若者が、派遣社員やアルバイトとしての仕事しか当たらない現実を見ていると、非常に複雑な気持ちです。
日本の社会としても、大きな無駄だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.30

科学のタマゴ 創刊号

先週、書店で見つけて、衝動買いしてしまいました。

リンク: トップページ / 学研 科学のタマゴ.

所謂、学研の付録付き科学雑誌なのですが、テーマを絞って、付録に重点を置いたもののようです。(最近流行の、オマケ付き雑誌に対抗か?)
対象は、小学校の高学年くらいかな?

創刊号には、圧縮空気動力のエンジンが付いており、コレを使って自動車やヘリコプターを作れる、というもので、買って帰ったら上の子(小学生)が喜々として組み立ててました。

件のエンジンも、2サイクルらしい、イイ音立ててます。
いい顔してエンジン回してる子を見ると、R/Cカーやら1/1バイクやら、悪の道に誘いたくなってしまいます。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.29

病害虫 駆除

今年は、アブラムシの当たり年の様で、我が家の庭園(ベランダとも言う)にも多数 飛来してます。

なもんで、助っ人を川原から招聘しました。050529_1601.jpg
 テントウムシの幼虫です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アグファ、破産!?

今朝の新聞で一番の衝撃でした。

リンク: NIKKEI NET:国際 ニュース 写真フィルムの独アグファ、破産手続き申請.

デジタルの台頭で・・・という事になってますが...
確かに、マーケットは小さくなっているでしょうし、特にアグファは銀塩部門だけが分社化されていた様なので(スキャナとか出してる部門は、今は別組織だったのね)、相当厳しかったのでしょうね。

個人的に、アグファのカラーネガ(ISO100の奴)やカラーポジは、独特の発色と廉価さで結構お気に入りだったんですが。
なんとかフィルムの供給、続けて欲しいです。

コニカミノルタも銀塩関連を縮小していますし、やはり厳しいのは間違い無いのでしょうけど、銀塩写真の技術は無くなったら寂しいし、無くしてはイケナイと思います。
何とか、頑張って欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.28

また増殖... (Let's note)

管理人は、収集癖があるようで、一旦気に入ったモノのシリーズが、チョットいじれば治りそうとか、不当に廉価で売られてるとかだと、ついつい買い込んでしまいます。(^^;
(クルマでもやりたいところですが、流石に置き場と軍資金の都合で手を出してません)

・・・で、ビンボーなくせに、我が家では一人一台以上のPCを使っておりますが、また一台買い込んだのでした。(^^;

IMG_0600

 CF-M2EVです。

我が家で定番のPanasonicなノートPCで、現時点で我が家のノート最速(^^;となるCeleron550MHzです。(^^;
B5ファイルなサイズのPCですが、CD-RWまで付いてる、当時としては頑張った機体です。

リンク: ノートパソコン CF-M2EV : 商品概要 | パナソニック商品カタログ.

但し、例によって”ジャンク品”です。(^^;;
ACアダプターやCD-RWドライブなどの部品取れれば・・・あわよくば、嫁さんのPC(Pentium-II 300MHzのThinkPad)の代替に・・・と考えての購入です。(^^;

とはいえ、取説やリカバリーCDなど一通り付いていましたし、子細に外観を見る限り、ラッチ破損以外に機能的に壊れている箇所も見あたりません。
試しに電源入れてみましたが、とりあえずBIOS画面上は問題ないです。

プロダクトキーが欠品だったので(直接の動作不良は、このせい?)とりあえず回避したらOSが上がってきました。
11.3インチXGAの液晶は、私の使ってる各機(CF-S22、CF-A1EV、AL-N2)の10.4インチ勢と比べて、数値差以上にでかく感じますね。

ただし、OS(うへぇ、久々のMeだぁ...)が立ち上がると、暫くしてフリーズしてしまうようです。(だからジャンク)
増設メモリなどハードの不良も怪しい(一応外したけど)ですが、とりあえずOSの再インストールして様子を見てみたいところです。(これだけで動けば、ラッキー!)

・・・しかし、再インストールにはUSB-FDDが必要な模様。
我が家には、そんな文明の利器はございません。(^^;
(旧いPCばっかりなので...)

起動可能なUSB-FDDを探してくるか、はたまたWin 2KかXPをCDブートで入れるか、何れにせよ今日のところはお開きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.22

朝...

出勤前に...

thai_01

 DATA:EOS-100+EF50/1.8 II、RVP100、P、タイのホテルの部屋で。

この組み合わせ、ナリはでかい(ペンタ比)が軽くて取り回し良いですね。
異国の町で、持ち歩いてスナップの夢は果たせませんでしたが...
次は”さいとしーいんぐ”で行きたいな〜。


うらみにもう一つ。

thai_02

 DATA:同じ。タイのホテルの部屋から。

RVP100、フジのフィルムの中では一番のお気に入りです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

崇福寺火災

三島由紀夫の”金閣寺”を連想してしまいました。

リンク: asahi.com: 修行僧を放火容疑で逮捕 福岡藩主の菩提寺・崇福寺火災?-?社会.

何か因縁めいたモノも有りそうですが、件の小説の元ネタような思いつめた感じがしないのは、管理人に”今時の若い奴は、深く考えもせずに...”みたいな思い込みがあるからでしょうね。
(これはこれで、困った”年寄り化”現象です...)

今時の若い者の中でも、それなりに修行を積んでいる方でしょうから、それなりの理由があることでしょう。
表向きのセンセーショナルさは要りませんが、容疑者さんの深層について、突っ込んだ調査を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.20

5GHz帯無線LANの周波数帯変更

IEEE802.11a規格の無線LANの、チャンネルが変わるようです。

リンク: 5GHz帯無線LANの周波数帯変更について.

ウチには、11a対応のカードが何枚かあるだけ(アクセスポイントは11b...)なのですが、アップデートで新規格に対応出来るか見とかないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.16

あちゃあ...

オイル消費の話を書いていたら...

リンク: 〜 かめろぐ 〜: シリウス・ターボ.

油圧計が、殆ど振れなくなってました。(^^;

オイルレベルゲージに、全く付かない状態。

とりあえず、キャッスルオイルの1L缶買って入れときました...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.15

タイヤ

タイではなくタイヤの話です。

少し前に、2号車(嫁さんの軽)のタイヤを替えました。

まだ前に替えてから2,3年くらいしか経っておらず、距離も3万km走っていない(ローテーションは途中で一回)位なのですが、殆どが街乗りのためか傷みが激しく、乗り心地や操縦性も明らかに悪くなっていたので、交換しました。

IMG_0111
 旧いタイヤ。3分山くらい+トレッド面の割れ多数です。

旧いほうは、ヨコハマのA200という普及版タイヤでした。
近所のホームセンターで、4本¥9,800−で売ってたものです。

コレも、新しいうちは乗り心地やグリップ感など、値段以上の満足感でしたが、磨耗が進んでくるとステアリングが重い割にはグリップ感が無くなり、乗り心地もゴツゴツとした感じになりました。
 

で、トレッド面に無数の割れも出てきていたので、新品に換えちゃいました。
本当は、ついでに1グレード上げて、値段相応というものを嫁さんに体感させたかったのですが(^^;、値段が1.5倍の差が有ったので、今回も普及品ということで・・・。(^^;

ただし、ブランド差を体感させようと、今度はブリジストンです。(ホントはミシュランを・・・以下略)
今回は、4本で¥15,000−ほどでした。
(ま、私のクルマのタイヤ1本分より安いんですけどね。)

IMG_0436
 今度はSneaker。

当然ながら、操案性も乗り心地も静粛性も、とても良くなりました。
ブリジストンということで、ステアリングの手応え希薄になるかと心配していましたが、意外と(?)シッカリした手応えです。
少しトレッド面のゴムが硬いような感じ(小さい凸凹などが吸収され切らない様な感じ)は有りますが、総じてよく出来たタイヤだと思います。
あとは、このタイヤも磨耗したときにどうなるかが見ものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.08

持って行った機材

趣味と実用(仕事の記録)で、当然カメラ持って行きました。
結果は、趣味:仕事=1:100くらいの撮影比率で、且つ銀塩は数コマのみでした...

eos-pshot
 EOS-100+50/1.8とPowerShot G1。まるで観音党ですね...(^^;

折角、滅多に行けないような所に行ったのですから、もっと街角スナップとか撮ってみたかったのですが...
仕事で行ってるんで、仕方ないですけどね。
(EOSは、結局ホテルから外出しませんでした... 折角レンズ買って持って行ったのですが)

デジ(PowerShot)のほうは、仕事で大活躍でした。
写りも資料としては充分でしたし、何よりバッテリーの持ちが素晴らしい!
動画も含め、300コマ以上撮影しましたが、うっかり電源入れっぱなしで一晩ほっといたのを除けば、充電すら不要な様でした。

JPEGの圧縮率を、スーパーファインからファインに落としたら、記録可能コマ数も倍増したので、256MBのCFカードで、一度PCに転送掛けた程度で充分使えました。
ファインでも、画面で見る限り、そう大きな劣化は無いようです。

ただ、使っている内に、このデジ機の不満点も出てきました。
・起動、記録処理の時間が遅い!
・AF/AEの遅さのせいか、撮影のタイムラグが大変長い!結構シャッターチャンス逃した。
・オートパワーセーブをOFFにしていても、数分経つと勝手にスタンバイに入る。
・露光感度をオートにしていると、どうもiso50と100くらいを行き来している様で、暗い所に弱い。
・iso400だと、かなりノイズが目立つ。
・マクロが、いまいち引き切れない。
・もう少しワイド側が欲しい。(35mm判換算で35mmレンズ相当〜)
・やっぱりデカイ!

ということで、リコーのデジが気になる今日この頃...

もっとも、多分デジ一眼買ってしまった方が、私の場合良いような気もします。(^^;

ただ、もう一度(仕事なしで)行けるのなら、ペンタM辺りのコンパクトな銀塩機+35mmレンズでスナップしてみたいなぁ。
現時点で、銀塩の撮影スタイル(カメラを取り出して1秒程度でのスナップショット)出来るデジ機って、殆ど無いように思います。
(カシオ エクリシムの固定焦点機に少し期待)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.06

タイで見かけたクルマ

折角のネタなので、もう一寸 タイのネタをひっぱります。(^^;

昨日の記事でも書きましたが、基本的に日本を走ってる車と種類もグレードも同じような感じです。
ただ、ピックアップトラックやその派生車(屋根の付いたモノ ・・・昔のハイラックスサーフみたいなの)の比率が高いです。(それでも、行く前に聞いていた、少し前の状況よりは、乗用車の比率が高いようでした)

IMG_0343

で、ピックアップトラックの荷台に人や物を乗せて、高速道路でも何でも、かっ飛ばして行ってます。(^^;
確かに、荷台で風切るのは心地よいですが。
で、その荷台に通勤電車みたいな長椅子と、屋根を設えて、バスみたいにしたのも走り回ってます。
上手く使うと、安くに移動できるようです。

あと、移動といえばトゥクトゥクという3輪タクシーも、街中の移動には安くて便利ですね。

IMG_0285

頼めば、高速道路で隣の街までも行ってくれるらしいですが、チョット乗る勇気が要りそうですね。(^^;

 
前述のように、基本的に今 日本で走ってる車と同じような、比較的綺麗で新しい車が多いです。
ただ、少し違和感あるのは、少し前の日本がそうであったような、カタログに踊ってるような横文字が、どのクルマにも書いてあるんですね。(結構、そういう”ハイテク”を気にして買っている様子)

チョコチョコといじってる車も、比率的には日本より高い感じですが、ホィールやマフラーはアタリマエで、派手なエアロパーツとか付いてるのも しばしば見かけました。
映画”TAXI”みたいな、派手なウィングついたタクシーも、空港で見かけました。(ベースはカローラ)

IMG_0295
 コレは”ランエボ”もどき、ですね。パーツが純正なのかコピーなのかは不明ですが。

旧い車は、比率的には多くないのですが、残っている個体は それなりの手入れをされている感じで、今にも壊れそうなボロは無かったです。
管理人が子供の頃に実家や近所で走ってたようなコロナとかサニーとかが、元気な姿を見せてくれていました。

IMG_0344
 コレも管理人が好きだったクルマです。(初代ランサー)
 

だいたい、カローラや日本でいうフィット・アリアがメジャーな乗用車で、やはり現地の人に言わせるとトヨタとホンダが良いんだそうです。
それより大きなクラスは、あんまり走っていませんが、カムリが目立ちました。
あと、ベンツのE〜Sクラスとかも走ってるのですが、如何にも”別の階級”って感じですし、運転(させる)マナーも、日本で受けるベンツのイメージのまんま、でした。(^^;

ピックアップトラックは、いすゞが一番シェア大きそうで、コレは早くに現地進出したからだそうな。
続いて三菱、トヨタという感じで、意外とダットラは少なかったです。(マツダのプロシードのほうが見掛けた)
トラックとはいえ、色も装備も日本のソレとはだいぶ異なり、やはり売れ線の市場は元気なんだなぁ、と思うのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.05

タイでの燃料

何せ暑い国です。(今時分だと朝でも30℃あります。)
飲まずには居れません!?

・・・というわけで、到着した日から毎日のように、現地駐在の日本の方やら同行者やらと飲むことになるのでした。(^^;
当方、アルコールには弱いほうですので、結構厳しい環境かも?
(結局、おなかの調子悪かった時と、ホントにしんどかった数日を除いて、殆ど飲みに行ってました...)

現地では、主に”シンハービア”(ビアシンともいう)という地元のビールを飲んでました。
日本でも、以前にスーパーで見つけて飲んだこと有ったのですが、日本のビールより薄味で、しかもアルコール度数の高い(6度)ビールです。
ちなみに、行きのタイ航空の機内でも、ドリンクとして選べました。

日本で飲んだときは、なんとも味気ないビールだと思ったのですが、現地でグビグビ飲むには良かったです。
(日本食屋にはスーパードライが置いてある店も有ったようですが、高いのでパス)
アルコール度数が高いのでOKなのですが、現地では氷を入れて飲むのが普通のようです。
ナカナカ冷やせないって事も有るようですが、直ぐにぬるくなるので、氷入れたほうが冷たいのを飲める様にも思います。
ただ、気をつけないと、とっても薄味のビールになってしまいますが...

ちなみに、かの地は飲み物の持ち込みOKが普通の様なので、現地の方は、ウィスキーみたいな感じの蒸留酒を持ち込み、ミネラルウォーターやらソーダ水をオーダーして一杯やってる様です。
 
日本食屋では、一応日本酒や焼酎もメニューに有りました。
ただ、当然ですがお値段は極めて高いです。
日本酒は まだしも、焼酎は日本で飲むのの3倍くらいしました。(しかも麦ばっか...)

最終日、仕事も一応けりがついたので、駐在の方が芋焼酎を開けてくださいました。
大変旨く、有難かったのですが、もう1日我慢すれば日本で廉価に飲める当方に、現地での入手困難なモノ(入手できても高いモノ)の封を切って頂いたのが、申し訳ない限りでした。

−−−−−−−−−−− 

昼間は、余りに暑い(気温40℃前後、湿度70%前後)ので、ミネラルウォータをがぶ飲みしていました。
だいたい、一日に1Lくらい飲んでいたと思います。

ホテルでも、ミネラルウォーターを部屋清掃の度に二本になるよう補充してくれていましたが、これらは持ち運びに不便なガラス瓶だったので、スーパーマーケットで何本かペットボトルのミネラルウォーターを買い、それらのボトルに移し変え、冷蔵庫で凍らせて持ち歩いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイの交通状況

管理人が見た限りの、とっても狭い範囲での話ですが。

バンコク国際空港を降りて、迎えの車を待っていて思ったのですが、送迎の車やらタクシーやらを見ていて、とても違和感が少なかったのです。
右側通行の国ですし、走ってる車も日本のと同じ様なものばかりだったこともあるのですが、その混沌としたマナーが、我が故郷?大阪のミナミのソレと大変よく似ていました。

空港からバンコク市内を通る間の高速道路も、狭さや交通量、右へ左へと合流・分離する様子など、阪神高速に似たものを感じました。

大阪って、ホント東南アジアだったんですねぇ...

 
地方の高速になると、今度は(植生的なものも有るのですが)九州道を走ってるような感覚になりました。
割とユッタリとした道幅で、だいたい120km/hくらいで流れてました。

ただ、舗装はアスファルト(タール)分が少ない感じで、パッと見にコンクリートに近い感じでした。
今は乾季の筈なのですが、何故か途中何度か雨に遭いまして、その際にはズルズルとタイヤが滑っておりました。(^^;; 

 
街中の通りは、都市間を繋ぐ片道2車線くらいのは 殆ど信号も無く、車は100km/hくらいでかっ飛んで行ってました。
横断する車はどうするか、というと、先ず流れに沿って右折をし、所々に有るUターン場所を使って戻り、所定の道で再び曲がるというもので、コレはコレでコツを掴めば判りやすいシステムかとは思います。
(同クラスの道が交差してるところだけ、信号が有る感じです)

IMG_0288
 ちょっと小さ目の?交差点です。信号にカウントダウンのタイマーが付いてる所が親近感。(by大阪人)


では、人間はどうするかというと、車の流れが途切れた所を狙って横断します。
信号自体が滅多に有りませんし、どうやら赤信号でも右折はOKの様な感じなので、信号で歩行者が渡るのも簡単では無いのかも知れません。
互いに自己責任ですし、見ている前でも危なっかしいケースがありましたが、自分の進路は自己責任でってのも、何か有ったときの社会保障さえチャンと出来れば、コレはコレで判りやすく且つ効率的だと思います。
(私も、買い物などで何度か道を渡りましたが、慣れればOK、でした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事、帰って来ました。

我が家に帰り着いたのが、4/29だったので、もう何日か経ってます。(^^;

元々おサボり人間なのと、帰国後もプライベートでバタバタしてたので、書き込みが遅くなりました。m(_ _)m

IMG_0394
 バンコク国際空港にて。1時間遅れでの出発です。(現地時間で午前1時前...)

 
帰りの便は、JAL系列のコードシェア便だったのですが、昨今の情勢からチェックをシッカリしているのか、搭乗までの時間が一寸掛かりました。
元々、夜中の出発だったのですが、搭乗した途端に睡魔がピークを迎え、折角の夜食(デザート)を食べそびれました。(せこい奴σ(^^;)

起きたら、もう台湾を越えた位で、朝食の時間でした。
滞在予定が延びて、帰国日が日本でのGWに突入してたので、結果として良かったのですが、本当ならこの後出社しないといけない事になってました。遅れてよかった〜。(これから出社する元気なし)

IMG_0400
 鹿児島上空です。σ(^^)は高所恐怖症ですが、これだけ高いと、まぁあんまり怖くないです。
 
到着時刻も遅れたため、飛行機は直接飛行場ロビーに接岸できず、バス移動となりました。
それはそれで、セントレア観光?にもなって良いのですが、重い手荷物抱えての満員バス移動は、チョット辛いところでした...

帰りは、しんどかったので、名古屋まで直通の名鉄特急(全車特別車)にしました。
新幹線も、大丈夫かなぁ・・・と思いつつも、何とか自由席で座れました。(ホッと...)

で、京都駅からタクシーに乗ったのですが、連休初日に大きな荷物抱えて、行き先が思いっきり地元な地名なもんで、運転手さんが”へっ!?”というリアクションしてました。(^^;
 
−−−−−−−−−−
 

IMG_0117


行きの飛行機は、タイ航空のコードシェア便でした。

一応、日本人クルーも乗られていましたが、幼稚園レベル以下の英語力である管理人には、いきなりからの洗礼でした。(大げさ)

時間の関係で、行きの方が機内サービスの恩恵には授かりましたが、飛行機の設備や乗り心地は、帰りの方が良かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »