« タイで見かけたクルマ | トップページ | タイヤ »

2005.05.08

持って行った機材

趣味と実用(仕事の記録)で、当然カメラ持って行きました。
結果は、趣味:仕事=1:100くらいの撮影比率で、且つ銀塩は数コマのみでした...

eos-pshot
 EOS-100+50/1.8とPowerShot G1。まるで観音党ですね...(^^;

折角、滅多に行けないような所に行ったのですから、もっと街角スナップとか撮ってみたかったのですが...
仕事で行ってるんで、仕方ないですけどね。
(EOSは、結局ホテルから外出しませんでした... 折角レンズ買って持って行ったのですが)

デジ(PowerShot)のほうは、仕事で大活躍でした。
写りも資料としては充分でしたし、何よりバッテリーの持ちが素晴らしい!
動画も含め、300コマ以上撮影しましたが、うっかり電源入れっぱなしで一晩ほっといたのを除けば、充電すら不要な様でした。

JPEGの圧縮率を、スーパーファインからファインに落としたら、記録可能コマ数も倍増したので、256MBのCFカードで、一度PCに転送掛けた程度で充分使えました。
ファインでも、画面で見る限り、そう大きな劣化は無いようです。

ただ、使っている内に、このデジ機の不満点も出てきました。
・起動、記録処理の時間が遅い!
・AF/AEの遅さのせいか、撮影のタイムラグが大変長い!結構シャッターチャンス逃した。
・オートパワーセーブをOFFにしていても、数分経つと勝手にスタンバイに入る。
・露光感度をオートにしていると、どうもiso50と100くらいを行き来している様で、暗い所に弱い。
・iso400だと、かなりノイズが目立つ。
・マクロが、いまいち引き切れない。
・もう少しワイド側が欲しい。(35mm判換算で35mmレンズ相当〜)
・やっぱりデカイ!

ということで、リコーのデジが気になる今日この頃...

もっとも、多分デジ一眼買ってしまった方が、私の場合良いような気もします。(^^;

ただ、もう一度(仕事なしで)行けるのなら、ペンタM辺りのコンパクトな銀塩機+35mmレンズでスナップしてみたいなぁ。
現時点で、銀塩の撮影スタイル(カメラを取り出して1秒程度でのスナップショット)出来るデジ機って、殆ど無いように思います。
(カシオ エクリシムの固定焦点機に少し期待)

|

« タイで見かけたクルマ | トップページ | タイヤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/4030197

この記事へのトラックバック一覧です: 持って行った機材:

« タイで見かけたクルマ | トップページ | タイヤ »