« 美山牛乳 | トップページ | 五山の残り火 »

2005.08.11

組織の都合

少し旧い記事になってしまいましたが...

リンク: asahi.com: 自殺した永岡前衆院議員の妻が立候補へ 茨城7区 - 政治.

割と激戦区なようで、そこで限られた時間内に確実な地盤引き継ぎを行い、また同情票を得るためには組織としてはベストな人選なのでしょう。

しかし、組織の都合以外で見たら、果たしてどうなのでしょう?

確かに、亡くなられた前議員のお仕事を、間近で見られていたと思われますし、それなりに人脈も有るでしょうから、全くの素人が立候補するよりは仕事への適応は早いのかも知れません。

でも、ホントに適任なんでしょうか?他に良い候補者は居られないんでしょうか?
知名度やニュース性に偏った人選では無いんでしょうか?

いきなり連れ合いを亡くされた、その悲しみも全く癒えない間に、はたして議員としてのお仕事はマトモにこなせるんでしょうか?

選挙区の方々には、冷静に判断して頂きたいと思います。
間違っても、「同情票」なんていう残酷な行為は、考えた上で行って欲しいと思います。
でないと、いつまで経っても”弔い合戦”なんて不毛な悪習が続いてしまいます。


・・・それにしても、この方は多分〒改革反対派になる筈。
そうなると、本部からの公認は出ないんじゃ無いでしょうか?

まさか、自民本部は、対立予定候補の某ゼネコン汚職な方を公認するのかな?
(余談でした)

|

« 美山牛乳 | トップページ | 五山の残り火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/5423085

この記事へのトラックバック一覧です: 組織の都合:

« 美山牛乳 | トップページ | 五山の残り火 »