« スピーカーを組み立ててみる。 | トップページ | 二重の虹 »

2005.08.19

市バス代替モデルケース

以前から、私自身、たま〜にしか乗らないのですが、「こんなお客さんの数だったら、1boxワゴンで良いやんか。」と思う様な市バスの路線が有りました。

久々に乗ったら、ジャンボタクシー(10人乗りのハイエース)になっていました。
それでも赤字の様な気がしますが、便数が倍増したりでお客さん増やそうという気持ちは伝わって来ます。

リンク: 交通局ニュース 市民生活に必要な市バス路線を守るための小型バス・ジャンボタクシー代替モデル実証実験の開始について.

実際に、乗ってみました。

頭では理解していても、やはり違和感が有るのですが、まぁ初物なので致し方無いでしょう。

既存の車両を転用しているので、少し使い勝手の悪い点が有るのも確かです。
例えば、手すりを増設したり扉の開口部上側に保護パッドを付けたりしていますが、それでも乗り降りのし易さは本物のバスに比べて劣ります。

助手席は撤去されて、運賃箱と放送設備が設置されています。

降車ベルは無いので、乗るときに降りる停留所を言う必要が有るようです。
いつも、景色見て降車ベル押すので、いきなり停留所の名前聞かれると答えに窮するのでした。(^^;

まだ手探りなんでしょうけど、赤字を抑えつつ利便性を上げようという心意気は評価します。
もう少し改善の余地は有ると思いますが、頑張って欲しいものです。

|

« スピーカーを組み立ててみる。 | トップページ | 二重の虹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/5546864

この記事へのトラックバック一覧です: 市バス代替モデルケース:

« スピーカーを組み立ててみる。 | トップページ | 二重の虹 »