« 三脚購入 | トップページ | Natural Glow »

2005.09.18

Yellow Submarine

例のスピーカーが完成してから、手当たり次第に我が家に有るCDを掛けています。
(ホントはLPも掛けたいけど、引っ張り出してくるのが面倒なので...(^^; )


The Beatlesも(持ってるのは殆どLPなのですが)何枚かCDを掛けてみましたが、このスピーカーには掛けた中ではコレの相性が一番良かったです。

リンク: Amazon.co.jp:音楽: イエロー・サブマリン ソングトラック.

何年か前に、同名のアニメ映画がDVD化される際に出た、リミックス版のサウンドトラックです。

リミックスには賛否がありましたが、現代的な抜けの良いHi-Fi音になっていますので、そういう音源との相性が良いようです。
確かに、既報のとおり新しい録音のモノの方が好印象でしたが、現代ポップス的な音との相性が良いんでしょうね。

オリジナルアルバム群も、CD化の際に 当時の”現代的な音”になっていたのですが、今見ると”アナログ的な音”なのでしょう。
で、中域が盛り上がったような特性との相性問題なんでしょうね。
次にスピーカー作るときには、もう少し低周波に共鳴特性持って行かないとダメなのかな。

閑話休題。

タイトルのアルバムですが、アナログ時代にも同名のサウンドトラックがあり、こちらもCD化されていますが、ミックス違いと共に選曲も異なっています。
オリジナル版?の方は、A面にBeatlesの新規楽曲、B面に映画中に使われたオーケストラ楽曲となっていて、”B面は聞かない”とよく言われたアルバムで、限定盤のモノラルLP再販時も しぶとく売れ残る不人気盤でしたが、こちらは映画以前からの既出曲(当時)も含めた全編Beatles楽曲で纏められ、アルバム単体としての纏まり感は こちらのリミックス版の方が良く思います。
(管理人は、昔オリジナルのサントラ+他のLPから引っ張ってきて映画楽曲コンプリートのカセット作ってました)

元々の音源では(映画も含めて)「No where man」の音質が、他と違うのが気になりましたが、このリミックス版では流石に違和感が少なくなってます。
・・・って事は、元々のアルバムに戻したら、だいぶ違和感あるんでしょうね。

元々の録音は、今から40年近くも前なのですが、これだけ現代的な音になることも驚きですが、それよりもオリジナルの録音トラックが未だ健在なのも驚きです。
流石は・・・と言う所でしょうか。

クルマのステレオで鳴らしてもクリアに聞こえるので、割と聴くアルバムです。


y-submarine

|

« 三脚購入 | トップページ | Natural Glow »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/6003766

この記事へのトラックバック一覧です: Yellow Submarine:

« 三脚購入 | トップページ | Natural Glow »