« 久々のメタルテープ | トップページ | 標準レンズ党大会 »

2005.10.31

シートベルト警報装置

勉強不足で最近まで知らなかったのですが、自動車運転中にシートベルトを非装着の場合、警報音が鳴る仕様が、今年9月の新型車から義務付けられていた様です。

リンク: シートベルト着用率向上のため非着用時警報装置の規制を強化 道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の改正.

真剣に事故での搭乗者の死傷者数を減らそうと思えば、ボディ強度上げたりするよりも、先ずはシートベルトさせる事が先決だと思います(次はスピード出させないこと)が、こんな法律作らざるを得ない所が、少し寂しい感じがします。
ホントは、言われないでもやるべき話ですが、何故か日本ではシートベルトするって事が格好悪い事/運転手を信用していない態度、と捉えられ勝ちです。

まぁ、締めない人は何してもシートベルト締めないんでしょうけど、少しでも死傷者減少の効果が出ることを祈ります。

 
・・・それにしても、近頃のクルマは何だかんだと警報音が鳴りますねぇ...
バックするにもピーピー、キー刺して運転席ドア開けたらピーピー、ライト付けたままドア開けたらピーピー...
何〜んにも音鳴らない旧型車に慣れた身には、鬱陶しい機能です...

|

« 久々のメタルテープ | トップページ | 標準レンズ党大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/6798978

この記事へのトラックバック一覧です: シートベルト警報装置:

« 久々のメタルテープ | トップページ | 標準レンズ党大会 »