« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.29

ピンホール式プラネタリウム

漸く入手しました。(^^)

o-kagaku9


リンク: 大人の科学マガジン09号 究極のピンホール式プラネタリウム.

先月出ていたのですが、直ぐに完売したようで、何軒か本屋回っても入手出来ませんでした。
ネット通販で予約入れていて、先週くらいに漸く届きました。再版分が出来たようです。


懐中電灯に使っている様な豆電球ですから、広い(注:当社比(^^;)部屋では些か光量が少なく感じますが、完全に電灯を消して暫く眺めていると、ぼわーっと沢山の★が浮いてくるのは圧巻です。
風呂場とかトイレが、オススメかも。

チョット電球色なのが、残念ですが。(^^;
高輝度のLEDか何かに出来ないかなぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.28

バーンズ氏,死去

さっき、帰ってきてこのニュースを見て、ビックリしました。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:世界ラリー01年総合王者、バーンズ氏が死去(読売新聞).

療養中と聞いていましたが、残念な結果です。

三菱・スバルの黄金期を支えたドライバーの、ご冥福をお祈りします。


[11/29追記]
 スバルの印象が大きいですが、やっぱり三菱も買いとかないといけませんね。(^^;
 マキネンの実績に隠れて少し地味ですが、充分に凄い実績です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.26

SUZUKI TWIN

suzuki-twin

現企画の軽最小(^^;だったTWINですが、残念ながら絶版になっていたようです。(知らんかった)
何も皆が皆 規格一杯で作ること無いのに・・・と思ってたので、小ささという個性が無くなるのは残念です。

個人的には、ハイブリッドの奴なんか良いなぁ、なんて思って居たのですが。
2人乗りってところが、ネックになってたんでしょうねぇ。
(我が家でも、例えセカンドカーでも2人乗りは難しい...)

初代アルトの如く、最廉価(49万)を謳っていた廉価バージョンと、ハイブリッドをウリにして出発したTWINですが、やはり装備や外観の充実への道を歩んでいた様です。
日本では、チープ・・・もといスッピンな内外装は認めて貰えないんでしょうねぇ。
ハイブリッドも、最後はカタログ落ちしてたみたいです。

運動能力や資源の無駄を防ぐ意味では、少しでも小さく軽い方が優れて居るんですから、猫も杓子も規格一杯目指して大きくなるんじゃなくて、”必要にして充分”を狙う軽自動車が、もう少し幅を利かせて欲しいです。
そのためには、新しいブーム作るような、メーカーさんの”ヤル気”が必要でしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.23

サービス残業に電話相談開設

雇用者側が強制する様なケースは論外ですが、仕事が掃けなければ やらざるを得なくなる事もあるんですが...
まぁ、人が減っても仕事減らない状態が継続するせいでも有るのでしょうが。

リンク: サービス残業:23日に電話相談開設 厚労省 今日の話題:MSN毎日インタラクティブ.

とりあえず、余りに余りな状態だと、駆け込む先を整備されていた様です。(もう期限切れですが)
実際、大手企業以外は、訴えても難しそうでは有りますが...

昨今の企業の”合理化”は、有形無形の”個人の努力”に依るところは大きいと思います。
そういった努力が、何らかの形で評価される社会になって欲しいですね。


何はともあれ、今日も無事生活出来る糧を得られている勤労に、感謝を致しましょう。(-人-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.21

SUE

見てきました。

凄い混み方でしたが、何とか全部見ることが出来ました。

目玉は、勿論T-REX ”SUE”ですが、亜細亜代表のタルボサウルスや、鳥か恐竜か判らん様なのとか、予想外に(?)見所が多かったです。


海洋堂制作の”フィギュア”も買って帰ろうと楽しみにしていましたが、スケルトンのは売り切れてました。

trex1
とりあえず、”復元モデル”買って帰りました。

会場外では売らんみたいだし、コレだけ買いに又行く訳にもイカンし...

しっかし、流石にスバラしい出来です。
海洋堂さんも、中国の工員さんも、良い仕事してます!


trex2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.20

披露宴というもの

披露宴というものは、結婚式を済ませた後、互いの親兄弟や親族との顔通しをするものだと思います。

多分、豪華な衣装を取っ替え引っ替えしたり、ご馳走を次々と出したり立派なお土産出したりで、見栄張る場じゃ無いと思います。(本来は)

そりゃ、人によっては世間体とか見栄とか必要なのかも知れませんが...
(恥ずかしくてカローラなんか乗られない、なんて環境の人だと)

でも、これからは、もう少し本来の親族交流に回帰したものが流行るんじゃないかと期待します。

先日、当地でどっかの大統領来るって大騒ぎしていた時に挙げられた、質素だけどホンモノの披露宴を見て思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.18

MDR-Q55SL (ヘッドフォン)

前の記事で物色を宣言していたヘッドフォン、買いました。

少しでもマトモな低音を望むと、有る程度のユニット口径が有った方が良いでしょうし、持ち運ぶ事を考えると耳掛け式に落ち着きました。

リンク: Sony Headphones MDR-Q55SL.

同じ型番でも、デザインや音の特性が選べる、SONYらしい冒険的要素の有る製品です。
商品企画が面白そうだった事もあるのですが、決め手は値段でした。(^^;
生産が終了した製品の様で、半額になっていました。
当然ですが、この値段で買える中で、一番ユニットの口径が大きく、スペック的にも素性良さそうに見えました。

欠点というか難点としては、今時の製品と違ってコードを本体に巻き取れないこと、リモコンの先に繋ぐ前提でコード長が0.5mしか無いこと(別体の延長コード付き)、コードが革靴の紐の様に硬くて癖の付きやすい仕上げになっていることでしょうか。

眼鏡族としては、耳に二重で蔓が掛かる事になるのが気になるところですけど、個人的には余り気になりませんでした。

音色は、ドンシャリ型、中域重視、全面フラットの三種類が準備されていますが、無難に全面フラットを選択しました。(流石にコレが一番在庫少なかった)
外観上も、コレが一番無難では有ります。

mdr-q55

音については、意外と(失礼)低音が出ている感じです。
フラット、という割には、高音が良く出ている感じですが、確かに最近の音楽再生機の音を聞いていると、これが”フラット”なのかも知れません。
今現在、10〜20時間くらい聞きましたが、ココまでのエージングで音の出方は、余り変わりませんでした。

SONYらしくサッパリした音で、音域的に変に癖が有る訳じゃ無いですが、音の収束の仕方が少し癖有る様に感じました。
すぅーっと残響するのではなく、放物線的に急激に減衰する感じ。

総じて、ナカナカ良い買い物だったと思います。定価に近い値段で買っていたとしても、そんなに音に不満無かったんじゃ無いかなぁ。

ただ、コードを収納出来ないこと、コードの硬さは気になります。
まぁ、コードを収納出来ない分は、共鳴容積になっている(=音を良くしている)と信じましょう。(^^;
・・・でも、コードは もう少し柔らかいモノにして欲しかった。


使うヘッドフォンステレオ自体が、低音や高域が元気なタイプであることと、聞く音楽がボーカルやギターの音に重心を置くことから、中域重視のタイプも使ってみたいです。
因みに、デザイン上の理由も有るでしょうが、中域重視のタイプが一番残っている様です。
手頃な値段では有るので、も一つ買おうと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

耐震強度偽造問題

バレ無きゃ良い、ってのは、いけませんねぇ...

リンク: @nifty:NEWS@nifty:「スピード上げるためやった」=検査会社の責任も指摘?耐震強度偽造で建築士(時事通信).

仕事掃く為の手抜きだけじゃなく、安い見積もり出す狙いも大きかったと思います。

だいたい、ベテランの技術者さんだったら、チャンと細かく計算しなくても有る程度は強度がOKかどうか位の見当は付く筈です。

計算書がチャンとしているかどうか検証して見るってのは、確かに設計する手間と同等以上に掛かると思いますが、結果として書かれた図面や実際に施工されている現場を見れば、経験有る人ならチャンとしているかどうかは判りそうにも思うのですが。

・・・ということで、出鱈目な計算書を丁稚上げた”一級”建築士さんが悪いのはともかく、ソレを見破れるチェック体制がシッカリしていなかったことが被害を大きくした様にも思います。
性善説的な、悪く言えば人任せな(でも利権や権益には細かい)体質が無いんでしょうか?


それにしても、これからどうするんでしょう?
チョット強めの地震(当方体験済み)程度で倒壊の恐れ有る建物を、知らずに買ってしまった人、知らずに建ててしまった人や団体、知らないうちに近所に建ってしまったご近所さん...

当然、建築事務所に賠償請求すると思いますが、当然払いきれる話では無いと思いますし、早晩破産される事でしょう。
補強で何とか出来ない場合は、取り壊して建て替えるしか無いですが、誰が費用を負担するんでしょう?

ホントに、バレ無いと思ってやったんですかねぇ。


建築業界には疎いですが、技術系で生業にして居る者のボヤキでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.17

親バカ仕様

学芸会やら、音楽発表会やら、近頃の学校は色々とイベントやってくれます。
・・・で、仕事もそっちのけで(^^;見に行ったりなんかしてるバカな親です。σ(^^;

当然、写真機も(持って良い時には)持って行ったりします。

持ってる機材の中では、明るい長玉ということで、135mm F2.5を良く使うのですが、出来ればもう少し長い玉が欲しいところです。
200mm F2.8クラスが欲しいなぁ〜。(サンニッパは、買えたとしても使うのがチト勇気要りそう)

z50p
 SMC-PENTAX 135mm F2.5 with Z-50p

偶々スタンバっていたのと、仕事カバンに入れて持ち歩く(^^;都合上、学芸会ではZ-50pを使いましたが、薄暗い体育館の中で絞り開放付近の手動焦点となると、些か荷が重かったようです。

やっぱり、こういう風な条件キビシイ場合には、”高級機”の面目躍如って所ですね。
当方の機材では、やはりLX(+新スクリーン)が一番使い勝手良いです。

Z-50pも、廉価自動焦点機としては良好なファインダーで、普段は手動焦点で使っても、そんなに苦では無いのですが、シビアな条件になると合焦を見極めにくくなります。(今回、合焦ランプと併用)

なので、続く音楽発表会では、ボディをZ-1に替えました。

ホントはLX・・・なのですが、以前体操の発表会でLX+ワインダーを持って行ったら、明らかに浮いてしまいました。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.16

運転室に長男入れた運転士、懲戒解雇

厳しすぎるとの意見も殺到していた様ですが、刑が執行されましたねぇ。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:運転室に長男入れた東武運転士、懲戒解雇されていた(読売新聞).

個人的には、公衆の面前で、安全に関わる重大な立場で、公私混同してしまった事は重大な過失だと思います。
多くの人の、危険度を上げてしまったのですし。
(個人的には、膝上に子供や犬を載せてクルマを運転してる輩にも厳罰下して欲しい)

ですが、懲戒解雇というのは、サラリーマンにとっては死刑宣告とも言われますし(再就職に圧倒的不利)、何とか再出発して頂きたいところです。
一生言われ続けるであろう、お子様の為にも...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.12

トイレット・ペーパー

スーパーへ買い物に行って、タイトルのモノを買ってきたのですが...

今時、香料入りの奴ばっかりなんですね。
メーカーやブランドを問わずに。(違うのは、何の匂いか位)

匂いの無いのは、プライベートブランドの安い奴だけ。

管理人は、人工香料の匂いに敏感で、デパートの1階とかには近付けない(^^;もんで、香料入りってのは勘弁して欲しい限りなのですが、コレも流行なので追随しないと商売にならないんでしょうね。
フツウの人には、”+αの付加価値”なんでしょうけど。

・・・私には、”-∞の付加価値”なんですけどね。(^^;

安くて匂い無い奴買おうと言ったのですが、硬くてゴワゴワするからと却下されました...

とりあえず、また暫くトイレに入るとき、息を止めざるを得ないです...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.05

コニカミノルタ フォトイメージング事業を縮小

・・・という話が、今朝の新聞に出ていました。

リンク: NIKKEI NET:企業 ニュース コニカミノルタ、今期最終赤字470億円.

銀塩写真の需要減やデジタルカメラの価格競争のために、業績が大幅悪化、というお話です。

で、ありきたりな内容ですが、3300人のリストラと、フォトイメージング部門の大幅縮小、という話になっています。
持ち株会社制になった時点で、予想された事ではありますが、寂しい話ですねぇ。
採算とれないから切り捨てる・売れ筋商品に特化する、という通り一遍の動きばかりしていたら、どんどん やる事が無くなると思うのですが...(そういってられる場合じゃ無いんでしょうけど)

あとは、オーディオ業界みたいに外国ブランドや元国内メジャー系からの独立ブランドに頼らざるを得なくなるのでしょうか。
何れにせよ、安価に良質な実力機材を入手する事は、極めて難しくなるでしょう。
(オーディオは、安価な入門機か、サラリーマンの小遣いでは買えない様な超高額機しか無い状態になってます)

「今後はBtoB(企業間取引)事業に専念したい」との事ですので、銀塩撤退どころかデジタルカメラすら民生用モデルは撤退してしまう可能性があります。
フィルムはフジ、カメラはキヤノンかニコンしか無い時代が、だんだん近付いてる様で悲しい限りです...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.04

知らぬ間に、ココも1周年

余所様の記事読んでて思い出しました。

リンク: coolys creek 365.

ココのBlogも、知らん間に1年経ってたようです。

これからも、いい加減なペースで続けていこうと思います。(^^;

・・・それにしても、元々のWebページは どれも放ったらかしです...

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.11.02

ヘッドホンステレオ 新調

最近、またカセットテープでの録音/再生をやり出したので、そうなると持ち運び出来る奴も使いたくなっちゃいます。(^^;

管理人が、最後に買ったヘッドホンステレオは、昭和最後の日に買ったスエード調ウォークマンなのですが、何処に仕舞ったのか見つかりません。(^^;

さぁ、どうしようかと思いながら調べて見ると、未だ細々とはラインナップされているようです。

リンク: ヘッドホンステレオ RQ-SX59 : 商品概要 | パナソニック商品カタログ.

で、実売価格を調べたら、6〜7千円程度のようです。

 
・・・ということで、買っちゃいました。(^^;

SX59-2

メーカー系通販ショップで、持ってたポイントも使ったので更に格安でした。(^^)
これまで買ったヘッドホンステレオ達からすれば、5〜6分の1の価格です。
ほんとグローバル化で、安くなったもんですねぇ...(因みに本体はMade in Taiwanでした)

 
値段が値段だったので、大きな期待はしていませんでしたが、開封して持ち上げてみて、適度な重さを感じ少しホッとしました。軽合金製のボディは、割とシッカリした感じです。

ただ、一つガッカリしたのは、Webでの説明ではメタル/ハイポジも対応している様な書き方でしたが、残念ながら特性の切り替えとかは無い様で、ただ単に”鳴るよ”という事だけだったようです。(-_-)
やはりS社のにすればよかったか・・・と思う瞬間...

早速、適当にテープを引っ張り出して来て、鳴らしてみました。
ヘッドフォンは、添付品は余りに余りだったので、取りあえず充分にエージングされた(^^;密閉してなそうな密閉式ヘッドフォン繋いで聞いてみます。

SX59-3


流石に最初の内は低音の出方とか薄い感じでしたが、何曲か聞いてると・・・こりゃ結構良いじゃないですか!!
カセットデッキと比べると、少しテープヒスノイズ(無音部分でサーという音)が聞こえますが、キッチリと高音まで出ています。低音は、少し持ち上げられた様な感じですが、コレはインナーイヤー式ヘッドフォン使うことや、外の雑音の中で聞くことを考慮しての措置でしょう。
総じて、今時な音の出方ですが、悪くないです。

ハイポジション無くて不安だった、メタルテープも掛けてみました。
やはり音がチョット歪みますが、まぁ外で軽く聞く分には、コレで我慢するしか無いでしょう...(思ったよりは酷くなかった)

S-XBSという、低音ブーストのスイッチも付いています。
どんな感じかとONにしてみると、低音を無理矢理持ち上げたボンボンとした音で、チョット聞くに堪えないです。
何でこんな無茶したんだろ?と思ったのですが、標準添付のインナーイヤー式付けたら納得しました。
全く出てこない低音を、これで無理矢理聞こえさせてたんですね...

・・・ということで、そこそこ低音が出て、外出時に持ち運びやすいヘッドフォン、探さないといけませんねぇ。
(無限物欲)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.01

丹波ワイン 新酒2005

tanba-shinsyu

今年の収穫を、真っ先に飲めるワインです。
正確な発売日は知りませんが、いつも10月の前半に売り出されている様です。

浅漬け(^^;のお酒なので、非常にフルーティで華やかな芳香です。(かなりの甘口)
ホントにジュースみたい。

カクテルやリキュールのような甘いお酒は大の苦手な管理人ですが、コレは大のお気に入りで、だいたい毎年飲んでます。
今年は、少〜し酸味が出てたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »