« bB 新型 | トップページ | FLASH 〜THE HIGH-LOWS »

2006.01.13

ニコンよ、汝もか...

今日一番のニュースでした。今朝の新聞の。

リンク: Nikon Imaging | 新着情報 フィルムカメラ製品のラインアップ見直しについて.

ついに、というか、やっぱり、というか、銀塩の殆どがディスコンになる/なった様です。
残るのは、F6やFM-10、他MFレンズとしては何点か。

F6は、こうなることを見越しての設計でしょうから、当面デジSLR上級機と一緒にライン流せるんでしょうね。
それ以外は・・・やはり新しい時代に道(製造ライン)を空けろ、という事なんでしょうかねぇ。

本当はF6とセットで残しておいて欲しい(願)FM3aに至っては、やはりコレだけのために人と設備を割けるほどは数出ないんでしょうねぇ...
(FM-10は・・・ニコンの設備に関係ないでしょうからね(^^;)


あとは、昨今のアナログレコードプレーヤーのように、いつの日か再登板してくれることを祈るのみでしょうか。


-----------------------

個人的なデジタルと銀塩の印象の違い:

デジタルは,記録メモリのバッファ空き状況など,カメラ側に起因する制約が有る。
写る画像についても,カメラ側のデータ処理などブラックボックスな部分が多いので,出てきた絵に対し(その場でor後処理で)画質や色合いを調整して行くイメージ。
結果として,撮影者側が受身になる。

銀塩は,どのハードウェアを使っても,同じフィルムで同じ露光量なら同じ結果が得られる。
よって有る程度の経験を積めば撮影者の頭の中のイメージを具現化しやすい。
動作がメカニカル制御の部分が多いほど,カメラ側の判断や準備状況で動作しない可能性が減る。(その分,”正しくない”条件でも動作してしまうんですが)


本質的に,イメージの具現化のためには直感的でシンプルなパラメータのほうが判り易い。
よって,私個人としてはイメージの具現化の道具としての使いやすさは,
 デジ<銀塩AF機<銀塩MF-AE機<銀塩フルマニュアル機
といった順位付けに感じます。
(この辺りは,個人個人の嗜好や操作への適応度次第では有るのでしょうけど)


無論,個別の機種で多少の順位入れ替わりは有ります。(Z-1とかね)


お気楽撮影だったら,だいたい逆になっちゃうんですけどね。
だから、AFやAE、デジタルを否定しません。(そっちも欲しい)


だから、どうせならフルメカニカル、もしくはフルマニュアルで使いやすい機体と、カメラ任せでソコソコ使えるAF機やデジ機をコンビで使いたい。
現行品で、一番それをやりやすそう(というか、唯一やれそう)だったのがニコンだったのですが、それも過去の話になってしまいました。


デジ機や銀塩AF機でも,マニュアル設定すれば一緒,って話もあるでしょうが,例えば螺子を回す時には,十徳ナイフのドライバー機能より専用のドライバーを使ったほうが回し易いのと同じ話です。(くどいですが,勿論例外あり)


・・・書いていて,何だかデジSLRじゃなくてベッサフレックス買っちゃった自分への言い訳みたいにも見えてきた...


でも,なまじ銀塩SLRを知っていると,デジSLRのコスト/フィーリング比(とでも言いましょうか,要は機械として見た時の感動具合というか)は恐ろしく悪く感じます。
無数のフィルム代と,現像代込みだと自分に言い聞かせても...

|

« bB 新型 | トップページ | FLASH 〜THE HIGH-LOWS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/8144367

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンよ、汝もか...:

« bB 新型 | トップページ | FLASH 〜THE HIGH-LOWS »