« 「意図した欠落」が「より芸術性を深める」 | トップページ | 仕事(会社)が大事か、家庭が大事か? »

2006.01.23

今年の初物欲!?

今年の初物欲は、ネガカラーフィルム買いに行ったキタムラで、ささやかに訪れました。

IMG_1115

昨年一杯で生産終了したベルビア50(RVP)ですが、店頭にあった2パックを、とりあえず抑えときました。

どぎついので余り好きな発色では有りませんでしたが、個性は抜群のフィルムでしたし、何よりiso50という低感度ですので、シャッター速度が最高でも1/1000や1/500で、最小絞りがF16程度の旧き佳き時代の写真機を夏場に使うには有りがたいフィルムでした。
フィルム自体が急速に無くなる中、低感度のフィルムが出てきて欲しいという叶いそうも無い夢を思いつつ...


IMG_1118

こちらは、最近めっきり寂しくなったジャンク籠からの救出です。(¥105-)
寂しくなった為か、ジャンクに相応しくない位、傷も少なく綺麗でした。

FUJIのカルディア・トラベルミニ・DUAL-Pというカメラで、28mmF3.5と45mmF4.5の2焦点切り替えです。
15年くらい前の機体ですが、その焦点距離から、出たときに欲しかった憶えが有ります。

エスピオミニ(後ろに写ってる奴)と比べると、”何処がミニやねん!”と突っ込みも入れたくなりますが、まぁそれでも当時としては小型軽量だったと思います。
冬の上着だったら、内ポケットに入れとけますし。

パノラマも切り替えできますが、途中切り替えは出来ないので、最初に切り替えて居なければ、途中で切り替わる心配無くてGoodです。(切り替えも やりにくいですし)

早速、電池(CR123A)をエスピオミニから拝借し、動作チェックしましたが、表示が全く出ず、電源も入りません。
電源ボタンを押した後、巻き上げ音みたいなのは一瞬するので、とりあえず期限切れフィルム入れてみましたが、電源入れたら全部巻き戻してしまうだけでシャッター下りませんでした。

とりあえず電源SW周りの接触でも見てみようかと思い、外装をバラしてみましたが、基板もスイッチ周りも見るからにオカシそうな所は有りません。

・・・それにしても、恐ろしいくらいペラペラの外装のプラスチックです。
筐体というより、カバーと言った感じ。(色の付いているブリスターパックという趣)
素直に、コレを成型して量産していた技術に感嘆します。

で、バラしている途中で、裏蓋に もう一個ボタン電池(CR2025)が入っている事に気が付いて居ました。

動作の表示は、裏蓋にデート表示とかと一緒に出る筈ですし、ひょっとしてマイコン動作用とパワー用(モーターやストロボ)とで電源が違うのかも?と思い、とりあえず電源SWの当たるところの接点をアルコールで磨いた上でサッサと組み戻しました。
・・・で、ボタン電池買って来て入れ替えてみたらアッサリ動きました。(^^;

こりゃあんまりな仕様ですね。
知らんかったらジャンク判定しちゃいますよ。
まぁ、今時はフィルム使うコンパクト機は、その時点でジャンク扱いなのかも知れませんが...


とりあえずフィルムのベロを出し直した期限切れネガカラーを入れて動作をチェック中ですが、ソレナリには動いているようです。
チョット結果が楽しみな今日この頃です。(まったく何やってんだか...)

|

« 「意図した欠落」が「より芸術性を深める」 | トップページ | 仕事(会社)が大事か、家庭が大事か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/8290279

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の初物欲!?:

« 「意図した欠落」が「より芸術性を深める」 | トップページ | 仕事(会社)が大事か、家庭が大事か? »