« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.19

今更ながら、トラベルミニの試写結果

年明けに買ってから、結構出動率の高い(というか、最近カバンに入れたまま)のトラベルミニですが、画像のUPは随分と遅くなりました。(^^;
だいぶ前に準備は していたんですけどね。(^^;;


  クリックすると別画面で大きい画像が開きます。

Fh000008

Fh000007

 上が28mm、下が45mm。(判るって!?)  センチュリア400、フジカラーCD、縮小専用


28mmでは周辺が幾分落ちるもののキッチリと写ります。
45mmでは少し甘くなるけど、まぁ充分でしょう。(^^;
何にせよブレ無い事と、場合によっては遠景への焦点固定を有効利用したい所です。

それにしても、我が家の標準ネガフィルムであるセンチュリアですが、今持ってる在庫分無くなったらどうしましょ?
・・・フジを使わざるを得ないのかなぁ...(チョット硬いのが...)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクラ散る

サクラ散る

今年の花は、見納めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.16

ONKYO CR-185

暫く前に、アンプ(15年落ち位のハーマン・カードンPM640Vxiという廉価版プリメインアンプ)の左チャンネルが聞こえなくなりました。
CDをテープに録音(車&ヘッドフォンステレオ用)する分には特に問題無いのですが、スピーカーから音は聞けないし、ヘッドフォンで聞くにしても今使ってるCDプレーヤー(¥4kで買ってきたYAMAHA CD-X593)はヘッドフォン出力の音色が最悪です。

レコードの再生が出来ないのも不満でしたが、とりあえず音を出したくなったのと、PETボトルスピーカーを卓袱台上で鳴らすのにも良さそうだったので、一目見て何か気になった このCDレシーバーアンプを買い込みました。
(例のPSE法が背中を押したことも間違い有りません。(^^;)

元々、必要最小限の機能に絞って密度感の高いものが好きなのですが、ONKYOというブランド自体に真面目な製品作るイメージが有ったのと(同郷だし)、表面パネルにグダグダ能書き書いてないのもプラスポイントだったのかも知れません。


ま、値段も大したこと無かった(一葉さん一人分)こともあり、まぁ取り合えずと軽い気持ちでしたが、いい意味で期待を裏切ってくれました。
スピーカーやヘッドフォン繋いで色々と手持ちCDを聞きましたが、元々使っていたアンプ+CDプレーヤーよりもクリアで滑らかな音でした。
(後にCDプレーヤーとして外部のアンプに繋いで音を聞いてみましたが、件のYAMAHAより好みの音でした)
デジタルアンプなるものの特性なのかもしれませんが、無音部分のノイズも余り目立たないようです。
すこし音の厚みが薄い感じがしますが、コレはメーカーなりこの機種なりのキャラクターかもしれません。

奥行きはソレナリに有りますが、幅は一般的な単品コンポの半分以下だし、消費電力や発熱量も大したこと無いので、気楽にソコソコの音を楽しむには良さそうです。
(管理人はMDを使わないので、機能的にも充分です)


・・・ということで、気に入ったものは普及活動に努める管理人です。(^^;
「こりゃあ良いよ~♪」って事で、引越しする身内の為に もう一台確保しました。
コッチは、限定だったらしいLimited版で、当時の純正スピーカー(D-032A)も付いてました。

Cr1851

判りにくいですが、左が無印、右がLimitedです。
外観上の違いは、ボリュームのツマミとCDトレーのベゼルがアルミになっている事と、脚がセラミック(但しチャチい)になっている事位です。(中身の部品も替わっているという噂も見掛けましたが、不明です)


で、我が家のメインスピーカー(^^;であるControl-1も含め、色々取っ替え引っ換えして音を出してみました。
(本体は畳の上直置き+その辺に有った電線でスピーカー接続のお気楽状態ですが...)

Cr185all

色々試してみましたが、無印とLimitedの音の差は判りませんでした。(^^;

それより驚いたのは、標準品のスピーカーでした。

Cr185sp
  左下が標準品(D-032A)、右がControl-1+スタンド 

ホントに本体のオマケの積りでしたが、ナカナカどうして、チャンとした音(失礼)で鳴っています。
流石に響くような低音出る訳無いですが、そのサイズと”ミニコンポの付属品”という色眼鏡を払拭させる音だと思います。(値段で何倍も違う高級品とは比べてませんが(^^;)

置き方も有るでしょうけど、Control-1と比べてチョット中低音辺りに盛り上がりを感じるのと、少し歯切れの悪さが感じられ(ドラムのソロとかが苦手そう)ますが、聞き易さや聞き疲れのし難さは、こちらの方に分がありそう。
ただ、真正面から僅かにズレた所で、ツイーターの音が耳に付くところが感じられたので、耳と同じ高さは避けた方が良さそうに思いました。


・・・ということで、スピーカー共々、自信を持ってプレゼント出来そうです。(^^)
今、CDラジカセで音を聞いているみたいなので、きっと驚くことでしょう。

渡す本体は、どっちにしようかと悩みましたが、前述のとおりスピーカー上では音の差が聞き分けられなかった事もあり、程度の良さそう(余り使い込まれていなそう)な先に買った無印のほうにしておきました。


で、決めてからで何なのですが、ヘッドフォンで聞いていると、音の差が有ったんですよねぇ...
カーペット(起毛じゃ無い奴)の上に直置きでですが、音の締りが明らかにLimitedの方が良い!
まさか脚の差とも思えないけど・・・。
回路の程度差(エージング具合)なのか、ホントに内部パーツが違うのか???
ま、黙ってたら判らんでしょうから、このまま無印を渡しておきましょう。(^^;;
エージングや脚の差だったら、挽回出来ますしね。


---------------

実は、Limited入手までに、もう一台買ってました。(所謂ジャンク品)

CDの認識が宜しくない、って事だったので、バラして掃除してみました。

Cr185int

何だか、省スペース型PCをバラしてるような気分...
でも、一回バラして様子が判れば、割とバラし易い機体だと思います。ネジも余り種類が無かったし。

駆動ベルトは生きていましたが、潤滑グリスは硬化していました。(掃除したら滑らかな動き!)
・・・が、残念ながら眼光が弱っておりました。
それらしいボリュームを少し弄ったりしてみましたが、回復までは行きませんでした。
(何度目かの再組み立て後に、何枚かCD掛けたら、今度はホントに何も認識しなくなりました... 合掌)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.15

アイ( i )は高いのか?

アイ( i )の話をすると、皆さん「高い」と仰る。

確かに安くは無いです。
安い軽なら2台買えそうな値段です。(^^;

・・・が、およそ考えられる便利装備が満載で(個人的には不要と思うものも...)、文句の無いフットワークを持って、そして何より他に無いキャラを持ってますから、そう思うと正直安いもんだと思います。
(高いったって、各社の軽の上級車や1.5Lのセダン程度の値段ですもんね(^^;)

確かに他より荷物や人が詰める訳でも無いですし、強烈な速さや何処でも走れる走破性なんて売りも無いですが、この位のプチ贅沢、出来ても良いじゃ無いですか!!(^^;;


ターボなんて要らんから、もう少し安いグレードを・・・って話もあるようですが、このクルマの軽らしからぬフットワークの余裕度は、ターボ無くしては有り得ないと思います。

ノンターボと併売すれば・・・という事なんでしょうけど、併売しちゃったら標準車は やはりノンターボになっちゃって、ターボ付きは贅沢or走り屋仕様ってレッテル貼られちゃうでしょう。
それじゃあ、このクルマのメリットの一つが霞んじゃうと思います。

まぁ、商売上ノンターボは出さざるを得ないんでしょうけど、”標準はターボ付き”と評価が固まってからのほうが良いと思います。


無論、ホントはターボなんて無くて1L程度の排気量が有ればピッタリなんでしょうが、悲しいかな日本の「軽自動車枠」ってのが有る以上、台数売るには0.66Lに拘る必要あるでしょうね。(妥協)

ただ、負け惜しみじゃ無いけどこのターボ付きエンジン、凄く良いです。
走り系仕様みたいなドッカン感は無いですけど、ホントに滑らかに馬力が出てきます。
まだ全開や、それに近い踏み方をした事が無いですが、大きい排気量のクルマに乗ってる様な感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.12

無情の雨...

無情の雨...

まだ、お花見行ってないのに〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.09

ギターアコースティック・スピーカー

昨日、電器店内ブラついていて見つけました。

楽器屋さんとのコラボによる、ギターの製法や素材を使ったスピーカーだそうです。

リンク: D-TK10.

筐体を共鳴させる作りの様なので、音源や聞き手の好み、スピーカーの置き方を選びそうですが、管理人はギターの音大好きなので、コレでアコースティックギターやセミアコの音を一度聞いてみたいです。

チョット変な例えですが、ウィスキーや焼酎を割るのには、仕込んだ時の水使うのが一番!といいますし(実際体験済み)、きっとシアワセな音出るんでしょうね。

自分でホイホイ買える値段で無いのが、残念!


Dtk10


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.08

アップル、MacでWindows XP起動を

まぁ、どっちでも使えるってのはメリット有るんでしょうが...

リンク: @nifty:NEWS@nifty:[新製品]アップル、MacでWindows XP起動を実現するソフトβ版、次期OSにも搭載へ(BCN).

CPUがPentiumになった時点で、Windows(というかDOS)を使ったほうがプログラム上は合理的だったんでしょうけど、あんまりやっちゃうと もはやMacのアイデンティティはカタチだけ・・・という感じがしなくは無いです。
(Mac OS動くメリットも有るけど)

Windows動くってのは、ソフトや外部機器使う上でユーザーとしては取り合えずメリット有るんでしょうけど、「Windowsだけ動きゃ良いや・・・」なんて事にならない様に、特にこれから出てくるMac OSなり専用ソフトの性能やパフォーマンスには、存在意義を掛けた作りこみと戦略的な価格設定が必要になると思います。

ホント上手くやらんと、Windowsに飲み込まれてしまいますよ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.03

AF280T

来週、身内の結婚式があるので、メイン機材はZ-1+AT-X270AFとして、サブ機をどうしようかと考えていました。

ストロボの都合上EOSにするか、レンズ重複させないためにLXかZ-50pでいくか...
要は、ペンタのストロボがもう一つ有れば良いって事で。(^^; (外光式のはあるけどTTLが欲しいという贅沢)

Af280t

実は先週、下見して当たりを付けてました。
それが売れ残ってれば・・・と思って見に行ったら、同じ店に半額近いのが有り、並べて見てみたけど安い方が綺麗で新しそうだったので、迷わず安い方行きました。(差額で帰りがけにCDも買って来ましたとさ(^^;)

ホントは、AF360FGZを新品で買ったほうが機能的には良いんでしょうけど、どうせ全機能引き出せるボディは今ん所持ってないですし、なにより1/5の価格で済んだことに良しとしましょう。(^^;;

重そうに見えた外観ですが、意外と軽く、AF330FTZ+αくらいの重さでしょうか。
これで、とりあえずサブ機はLXで決まりそうです。


めっきり中古店の減った当地ですが、たまにこんなのが見つかったらウレシイです。
ソレナリに動作検証&保証してもらえる商品を、手に取って見て買いたいとも思うので、ネット通販やオークションだけでなく営業されている実店舗にも、頑張って生き残って貰いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.01

「ワープロ・パソコン通信」サービスの終了

一つの時代が終わった、って事なんでしょうか。

リンク: 会員サポート > 「ワープロ・パソコン通信」サービスの終了について:@nifty.

仕事場で利用していましたが、スパムメールやら悪意有るメールが蔓延する今の世こそ、上手く使えば閉鎖された通信環境ってのも利用価値あると思うのですが。

また、基本的にテキスト+要すれば添付ファイルって形式も、無意味に回線や機材に負荷掛けなくて済むメリットが有りました。
(今でもPHSやダイアル回線で出先から通信する、なんてシチュエーションは多々有りますから)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイ( i )について語る

浮世離れしたカタチだけど、見れば見るほどマジメに正攻法で行ったクルマと思います。

クルマの本質は、人や荷物を効率よく快適に移動させることで、そのためにはストレス無く走り、安定を崩すことなく曲がり、安全に止まることが必要です。
そのためには、外寸は必要充分なレベルでなるべく小さく・タイヤとタイヤの間はなるべく広く・エンジンはなるべくコンパクトで低い位置に、となります。

普通は、作りやすさだとか、既存の部品や設備を流用する都合だとかで、ナカナカ理想を追っかけることは出来ず、結果として何処かでお茶を濁したカタチにはなります。(クルマに限った事では無いですが)

それに対し、アイ( i )は、シャシーもエンジンも全部作り直して、少しでも理想に近づけようという意気を感じます。
何処かで透視図みたいなのを見た覚えがあるのですが、シャシーやパワープラントのレイアウトが まるでラジコン(R/C)カーの様に見えました。
(製造上のしがらみ無い上に絶対性能が求められるR/Cカーに似ているという事は、本質に沿ったレイアウトだという事です)

安く実用的なクルマを作ろうと思うと、既存の車両に対して基本を替えず、こつこつと改良していくのが正しい姿だと思います。(財務面でも、そちらのほうが投資額少なくて良いでしょう)

・・・が、それだと根本的な改良は出来ないので、やがて改良も頭打ちになります。革命的な改良も無理です。

アイ( i )については、初物なので多分消化不良や詰めの甘い部分も有ると思います。
が、次世代に繋がる最初の一歩を踏み出した事は評価すべきと思います。
少なくとも、管理人は評価します。


既存の軽自動車が気に入っている人・不満を感じない人・軽とは安いことが最大の魅力と思っている人には受け入れられな可能性が高いでしょうし、カタチも好き嫌い出てくると思います。
だから、欲しい人と欲しくない人、気に入る人と気に入らない人は別れるでしょう。
かなり頑張ったと思いますが、万人受けのする商品では無いと思います。

でも、一定の評価を受けて、日本車の基準が変わって欲しいと切に思います。

これまたクルマに限った話では無いですが、安くてソコソコ良いだけだったら、そう遠くない将来にASEANやBRICsの国々の製品に太刀打ち出来なくなる可能性が高いです。
それらに対し、シッカリと差を付けるだけの技術力やコダワリを持っておく必要が有ると思います。


管理人は、基本的に小さいクルマが大好きです。
ただ、従来の軽だと、操縦安定性や乗り心地など、かなりコストの制約を感じる部分が有りましたし、運転席足元の窮屈さが正直辛いところでした。

・・・が、アイ( i )は試乗して数m動かしただけでも足回りの違いを感じましたし、目一杯前に追いやられた前タイヤのお陰で、運転席足元の窮屈さも有りませんでした。
無論、チョット動かしただけでも感じる短所や、もうチョット改良して欲しい点もありましたが、総じて良くできたクルマだと思います。


自分のクルマとして考えた場合、スペアタイヤが積めない(応急修理セットのみ)ので山の中とか入っていったら不安とか、あちこち電気仕掛けになっていて将来不安とか、4人乗ったらウチのタープやテーブルは積めそうに無いとか(^^;、マニュアルミッションが無いとか(^^;;、気になる部分は有ります。

でも、嫁さんのクルマとして見た場合、それらのデメリットも全然問題になりません。
むしろ、今までのミニカに対してアドバンテージになる部分が殆どです。(デメリットはタワーパーキングに入らない位?)

・・・ということで、応援票を投じることとしました。

Img_1218

  2D(紙媒体)と3D(1/64)で検討中の図。(^^; あと4台で全色コンプリート...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »