« HINO CONTESSA | トップページ | フィルム一眼レフの新機種の開発は難しい状態 »

2006.05.24

PENTAX K100D

手ぶれ補正が付いて、ボディ本体の実勢価格が7万円台だそうな。

リンク: ペンタックス、ボディ内手ブレ補正搭載一眼レフ「K100D」.

手ぶれ補正は、レンズ内にROMを持たないレンズでも、自分で焦点距離を入力すればOKだそうで、という事は例えばスクリューマウントのレンズでも(焦点距離さえ設定できれば)OKなようです。

手ぶれ補正機能以外は、こないだ買った*istDLと基本的に同じようです。(AFだけは*istDS/2相当?)

ペンタミラーってのは、そりゃDやDS/2のペンタプリズムを見てしまえば見劣りはしますが、とはいえ個人的には充分使えるモノだと思いますし、店頭で比べる限りKissデジN辺りが比べ物にならない位に”使える”ファインダーと思います。
あとは、手ぶれ補正時に どの位実画面とファインダー像とのズレが出るか、ですね。


今となっては600万画素といえばスペックが見劣りするようですが、趣味として大伸ばしも視野に入れて真剣に撮影する以外で実際に使う限り、不足は無いと思います。
多分、このクラスのカメラを買う人の場合、家庭用プリンターでA4に伸ばすのが最大倍率になるんじゃ無いかと思いますが、もしそうだったら充分以上のスペックだし、上手くやればそれ以上のサイズ(四つ切とかA3とか)でもイケルと思います。

その辺り、チャンとアナウンスしていけば、その価格といい、一般家庭用として最高の一台となる可能性が高いと思います。

|

« HINO CONTESSA | トップページ | フィルム一眼レフの新機種の開発は難しい状態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/10227184

この記事へのトラックバック一覧です: PENTAX K100D:

« HINO CONTESSA | トップページ | フィルム一眼レフの新機種の開発は難しい状態 »