« PENTAX K100D | トップページ | THE BEATLES AT THE HOLLYWOOD BOWL »

2006.05.26

フィルム一眼レフの新機種の開発は難しい状態

Yahooのニュースとかでは、センセーショナルな書かれ方してましたね。(^^;

リンク: キヤノン:第3の薄型テレビ「量産開始は08年」--内田恒二・新社長に聞く-企業:MSN毎日インタラクティブ.

デジSLRは、まだまだ発展途上で新規参入も有りますし、王者とはいえ手綱を緩める訳にはイカンでしょう。
一方、銀塩SLRは、最大のライバルN社が事実上撤退してしまいましたし、製品自体も完成の域に入ってると言って良いでしょうから、開発リソースの振り分けとしては全く妥当な話だと思います。

とはいえ、銀塩SLRの市場ニーズが全く無くなる訳じゃ無いですし、特に”フルサイズ”な5Dなんかは銀塩有っての製品だと思いますから、生産を止める様な事態にはなって欲しくないです。(祈)

そのためには、無くなって困ると思う管理人の様な人間は、極力銀塩写真使ってくしか無いですね。

|

« PENTAX K100D | トップページ | THE BEATLES AT THE HOLLYWOOD BOWL »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/10252064

この記事へのトラックバック一覧です: フィルム一眼レフの新機種の開発は難しい状態:

« PENTAX K100D | トップページ | THE BEATLES AT THE HOLLYWOOD BOWL »