« フィルム一眼レフの新機種の開発は難しい状態 | トップページ | 京都のちゅうはい »

2006.05.29

THE BEATLES AT THE HOLLYWOOD BOWL

Hollywoodbowl

1964年と1965年の、ハリウッドボゥルでのライブ音源から編集されたLPです。
音が決して良い訳じゃ無いですが(だから解散後までライブ版は出なかったらしい)、管理人の好きなアルバムです。

以前に、CD化して欲しいのが有ると書いていた一枚です。
今年が日本公演から40年に当たるので、その辺りに引っ掛けてCD(かLP)で復刻してくれれば良いんですが。

ビートルズをリアルタイムでは体験していない管理人ですが、当時の熱狂振りの一端を垣間見れる様な気がします。
当然マイクから録音してある訳なのですが、それでも時折絶叫に演奏がかき消されてます。
絶叫が最大音量になってるので、通常の演奏は相対的に録音レベルは低いです。
(余談ですが、このレコード掛けて音が割れだしたので、レコード針替える事にしました。(^^;)

スタジアムなどの広い所でライブをやりだしたのは、ビートルズ辺りかららしいのですが、当時は(当然ながら)大画面のディスプレィとか、大出力のアンプ&スピーカーなんて無い(当時は100Wも無かったらしい)ので、こりゃ現場では何も聞こえんかったでしょう。(^^;

また、いつもこんなのじゃ、ライブやる気無くなったのも無理ないです。(^^;
(後にビートルズはライブ活動を止めてます)
できれば、音響インフラ整備がもっと早くに進んでいて、また聞く方も少し耳を傾ける事が有ったら、ひょっとしたら違った歴史になったかもしれません。

このレコードを聞く限り、スタジオレコーディング版よりノリの良い曲が多く、是非とも(チャンと聞こえる環境で)ライブを聞いてみたかった所です。


LPの時代には、ビートルズを聴きたいという人には、取っ掛かりとして赤盤(1962-1966)、青盤(1967-1970)と共に3枚セットでオススメしていました。
で、その後好きな時代のオリジナルアルバム聞いてみて、と。
赤盤・青盤はCDになって久しいですし、編集盤が色々と新しく出てきたり再販されたりしているので、コレも一丁・・・と期待です。


|

« フィルム一眼レフの新機種の開発は難しい状態 | トップページ | 京都のちゅうはい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/10298758

この記事へのトラックバック一覧です: THE BEATLES AT THE HOLLYWOOD BOWL:

« フィルム一眼レフの新機種の開発は難しい状態 | トップページ | 京都のちゅうはい »