« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.27

暑い...

この時期の、夕暮れ後でも温度レバーを最冷にして やっとこさな状態...
風量も、下手に増やすとヌルくなるし・・・。
今年の夏も、辛そうです。(^^;;

かつては、真夏炎天下でも効き過ぎる位効いてたんですが... >パジェロのエアコン

特定フロンな旧いシステム使ってる(当然)ので、OHとかのメンテを受けさせて貰えず(ギョーカイの自主規制なんだそうな)、我慢するか代替フロンの汎用システムに組替えるか、究極の選択・・・。(^^;;
ま、通勤だけなら昼間に乗ることは無いんですが。

組替えるにしても、家庭用エアコンと較べると、随分割高感ありますね...
汎用性ないし、致し方ないんでしょうがねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Windows 98、および Windows Me に対するサポート終了

我が家では、未だ未だ現役なんですけどね。(^^;

リンク: Microsoft Windows : Windows 98、および Windows Me に対するサポート終了のご案内です。.

ついにサポート終了なんだとか。
ビジネスユースで需要多いであろう2kは、もうすこしサポートして貰えるかな。

既に素の98だとサポートしていない周辺機器が非常に多いですし、ソフトウェアにしても9x系はサポートしていないのが目に付くようになってきました。
管理人が使っている範囲でも、Norton Securityは最新版にアップグレードできませんでしたし、確かフォトショップも最新版はXP限定だったかと。

管理人の所では、未だに素の98が1台、98SEが3台、Meが1台稼動中です。(^^;
かといって、どれもVistaはおろかXPにもアップグレードできない様な代物ばっかりで。(^^;;

今更9x系のセキュリティホール探して突っつく様な暇な輩も余り居ないでしょうし、新たなアップデートプログラムは求めませんが、再インストールに備えて現状のアップデートプログラムは最終版を残しておいて欲しいです。
(できれば、最終版プログラムのCDでも作ってくれんかなぁ)


・・・といって書き込もうとしたのと前後して、我が家のMe機(実は一番新しいPC)のマザーがお亡くなりになったようです。合掌(-人-)
一足先に、XPマシンに代替かな...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.25

ダイハツ ソニカ

アイのライバル、って事になるんでしょうかねぇ。
(台数では、おそらく較べモンにならんでしょうけど... ダイハツの勝ちって事で(^^; )

リンク: ダイハツ ソニカ 最新情報 | レスポンス自動車ニュース.

現行の軽では一番低いらしい(それでも1.47m)高さも、(タントやムーブとの棲み分けが有るのでしょうが)背高ばっかりになってる軽としては良い傾向だと思います。(動きモノとしては、正しい進化だと思います)
でも、一昔前のスポーティ軽だったら、アルトワークスとかトゥディとか、同じ4座でも もっと低いのが有ったような気がしますが...


同じ様な「プレミアム軽」としての位置付けだと思いますが、1から作り直してしまったアイと、ムーブなどの既存コンポーネンツをベースに作ったソニカの違いなんでしょう。

1から作り直したアイには、既存の殻を破った個性が有ると思いますが、既存路線の延長であるソニカには練り上げられた熟成度や欠点の少なさがあると思います。
(作り手側からすると、リスクの少なさや開発/製造コストの違いもあるでしょう)

全体としてソツ無く纏まってるのは、間違いなくソニカでしょうけど、詰めの甘い所があるにせよ突出した所もあるアイにも頑張って欲しいです。

きっと、(ライバルのセールスには)重箱の隅突っつかれるんでしょうけどね。>アイ

Sonica


アイもソニカも、どっちもターボ車Onlyのラインナップになってますけど、大きくなってしまった軽規格で、上質に(余裕を感じさせながら)走らそうと思うと、過給機の力を借りざるを得ないんでしょうね。
実際、アイにしても軽らしからぬ余裕と、ターボらしからぬ上品さは美点です。
おそらく、ソニカも同じ様な感じでしょう。
更にソニカは無段変速なので、中間加速の滑らかさ(段付きの無さ)も美点になることでしょう。
好き嫌いは、出るでしょうけど... (個人的には、嫌いじゃ無いです。CVTの感覚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.18

紙管スピーカー、その後

前回、とりあえず音が鳴る状態にした紙管スピーカーですが、やはり梅雨までに色を塗って湿気対策しておきたいと思っていました。

で、塗りました。(^^;

Dbusrf

ホームセンターの棚に並んでる色からの選択でしたが、ナカナカ良い色無いですね。
もうチョット深い色にしたかったのですが、塩ビ管みたいで心残り...
(注:現物は、もうチョットだけ深い灰色です(^^;)

プライマーを吹いてペーパー掛けた後、2,3日乾かしながら3度か4度 刷毛塗りとペーパー掛けを繰り返しました。
夜中に屋内での作業になるので水性ペイント使いましたが、パリッと乾かず、何だか木工用ボンド塗ったみたいにべたつく感じ。簡単に剥げるし。
なので、あんまり綺麗にペーパー掛かりませんでした。
ま、こんなもんでしょう。(^^; >色塗り下手


前回、音漏れの話を書きましたが、今回ユニットを外したついでに上の筒の一番奥(ターミナルの裏)に吸音スポンジを少し追加しました。
コレだけで、音漏れは殆ど気にならなくなりました。
ペンキで筒が補強されたこともあるんでしょうけど、ザワつきが減ったような気がします。

非常にローコストなスピーカーなんですけど、これだけ元気に鳴ってくれたらウレシクなっちゃいます。
そのうちに、今メインで使ってるControl-1の代替になるようなスピーカーも作ってみたいところです。
(作る場所と時間あれば直ぐにでも作りたいんですが...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨の晴れ間に

今日は久々に畑の草抜きに行きました。
最近、サルが沢山出るので、マトモな収穫できなくなってますが...
ダメ元で、一応ネットも掛けときました。

・・・の横で、お子様たちはカエル捕まえたり、カニ捕まえたり...

Imgp0465

 DATA:*istDL+DA18-55mm F3.5-5.6 AL、AUTOPICT、AWB、iso200 (55mm,1/90sec,F8)
 「縮小専用」で縮小。

流石に苔が瑞々しいです。

紫陽花も、丁度見頃でした。

Imgp0468

 DATA:*istDL+DA18-55mm F3.5-5.6 AL、AUTOPICT、AWB、iso200 (55mm,1/250sec,F8)
 「縮小専用」で縮小。

ついでに、画像仕上げの"標準"も試してみました。

Imgp0469

 DATA:*istDL+DA18-55mm F3.5-5.6 AL、絞り優先、AWB、iso200 (55mm,1/60sec,F16)
 「縮小専用」で縮小。

プリントしてないので何なのですが、この条件では少し大人し目になる感じでしょうか。

ついでに、もう一枚。こちらも画像仕上げは"標準"。

Imgp0473

 DATA:*istDL+DA18-55mm F3.5-5.6 AL、プログラムAE、AWB、iso200 (55mm,1/250sec,F8)
 「縮小専用」で縮小。


ベルビアをプロビアに変えたような感じでしょうか。
次期機での”コダクロームモード”を期待です。(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.17

蚕ノ社・広隆寺

クリックすると、別画面で大きいサイズの画像が開きます。

Imgp0227


Imgp0230


Imgp0231


Imgp0232


Imgp0243


Imgp0260_1


Imgp0270


 DATA:*istDL+DA18-55mm F3.5-5.6 AL、AUTOPICT、AWB、iso200-800
 「縮小専用」で縮小。

軽くてお散歩ユースに最適な機体ですが、ピクチャーモードだと「鮮やか」画像仕上げしか選べないこと、その場合に緑が非常に明るく出ること(エプソンプリンターだと尚更...)、Pモードでもプログラムシフトが出来ないことは少し不満です。
それ以外は、(値段考えたら)文句無いですが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.16

カブトムシ外伝

レコード店(死語)のオススメ盤コーナーで見付けて、ジャケ買いしてしまいました。

Kabutomushi_1


Beatlemaniaで王様愛好家なら、買わずに居れん一枚でしょう。(^^;
中身も、ジャケット同様にナカナカの出来です。
王様オリジナルも2曲入ってますが、これらも”和製ラトルズ”っぽくて良いです。
コピーバンドは嫌いですが、こういうノリは大好きな管理人です。

ただ、残念な事に、Beatlesオリジナル楽曲は、日本語直訳化を版権元が許可しないんだそうで、このアルバムに収められてるのは”Beatlesがカバーした曲”の直訳コピーです。
それでも充分にBeatlesっぽいですが・・・オリジナル曲の直訳も聴きたいです。
カタい事言わないで、何とかならんのでしょうかねぇ。>北方楽曲様

ジャケットや歌詞/演奏だけでなく、CDのレーベル?やオマケのシールの写真、歌詞に出てこないセリフやシャウト、幻?の13トラック目など、マニア心をくすぐる出来です。
オリジナルを知ってる人は楽しめると思いますし、オリジナルを知らない人はオリジナルと併せて聞いて(見て)みると面白さ倍増だと思います。


リンク: 王様のROCK'N'ROLL TOWN.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.15

MDメディアの差

MDなるものを、初めて使ってみた訳ですが、メディアによる差が有るのか確かめてみました。
・・・といっても、管理人のいい加減な聴感によるモノなので、そこは差っ引いてご覧ください。(^^;

MDの記録方法が良く判ってませんが、圧縮タイプのデジタル記録なので、本来途中のデータが部分的に飛んでしまったら読めなくなる筈です。
だったら、メディアの上等/廉価版の音への差は出てこないと思われる(データ保存性の差は有るでしょうけれど)のですが、実際には音が変わるとも噂を聞きます。
その辺りを、実際に自分の耳で試してみたいと思います。

メディア差で音が変わるとすれば、多分、データはサンプリングレート毎に圧縮して、読み取れなかった所はCD(非圧縮)同様に前後から推測して補完してるんでしょうね。
で、読み取れなかった所の差が音の差になる、と。

Md

試してみたメディアです。
ブランドに拘り有りませんが、偶々入手できた1枚物メディアがこんな所だったという事で。
上が高級版(\330/74分)、右下がスタンダード版(\330/80分)、左下が百均で買ってきた物(\105/74分)です。
確かに、見た目や触感はグレード差が有ります。(^^;


で、音なんですが...

私の耳には高級版とスタンダード版の差は判りませんでした。
まぁ、見た目の安定感や高質感だけでも、高い方買う価値は有りそうですが...

百均版については、先の2つと比べると、少しザラついた感じがしました。
でも、価格差で3倍も違う様な差では有りませんでした。
傷付き易そうなケースや本体カバー、未知数なデータ耐久性ではありますが、手軽に使うにはコレで充分そうです。

まぁ、何にせよカセットテープ程メディア差有りませんから、機械的にはバラ付き少なくて優秀なんですが、ちと面白く無いです。(^^;
メディア差で音色も変わらないし...(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.13

長~い、一日...

とぉ~っても、テンションの上がらない、長~~い一日でした。
昨日の晩(当地時間)の悪夢のせいでは有りません。(いや、多少・・・いや結構あるかも)

・・・やっぱり最後は、気合いと根性と、どんな状況でもソコソコ決めれるだけの練習有るのみ!なんでしょうなぁ...
(オマエが言うなって...)


・・・という話では無くって、人間ドックなるものを受けて来ました。
胃カメラもMRIも、初体験!
(お陰で、昨晩の「悪夢」も、飲まず喰わずで観ました...)

別に何処かがオカシイとかでは無いんですが、最近顔色良くないらしく、上司&嫁さんに強く勧められての受診です。まぁ、そろそろ受けといても良さそうなトシにもなりましたし...

しっかし、朝一から夕方近くまで、色々検査されて何度も血を抜かれたりで、正直辛かった...
胃カメラも、聞いてはいたけど苦しいもんですね。(コレでも昔よりは随分楽になってるらしいですが)
飲みすぎてゲェゲェ吐いてる・・・いや、その吐きそうなのを堪えてる様な感じの辛さに思いました。
胃カメラ抜くときに胃酸が上がったのか、麻酔が切れてからの喉の違和感も、吐いた後みたい...

とりあえず、今の所内蔵や血には悪い所無いみたい。良かった良かった。
頭の検査結果(ハード面のね)は未だですが...

まぁ、普段医者に縁の無い(避けてる?)管理人には、いい経験でした。
次? ・・・当面行きたくないです。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

*istDLでハードル走

元々、下の子の運動会を視野に入れて*istDL買ったので、(過大な期待はしていないものの)動体撮影力が気になっては居ました。

丁度、上の子(小学校中学年)のハードル走を撮れるチャンスが有ったので、テスト撮影しました。
使うレンズはF70-210mm F4-5.6で、ピクチャーセレクトのスポーツ撮影モード(人の走ってる絵の奴ね)での撮影で、コンティニュアスAFです。
現行DAレンズよりは、駆動トルクやピントリングの回転角度など、AF速度には幾分不利かもしれません。
ガラスや金属の使用量、多いですしね。(^^; >Fレンズ

コンティニュアスAFが単独メニューで選べる*istDLですが、AFシステム自体は銀塩廉価機ベースと思われる3点測距のSAFOX VIIIですんで、まぁ他社はおろかペンタとしても今時レベルとしては期待してはイケナイんでしょうが・・・。(^^;


で、結果なのですが、

スタートはバッチリ(当たり前)。
加速中・・・チャンとピントが追従してる♪
一つ目のハードル・・・あ、ピントが背景に...
二つ目のハードル・・・あ、シャッターのタイミングが...
三つ目のハードル・・・ちょっとフレーミング偏った...
・・・ゴール・・・あれ?シャッター切れない...

・・・という事で、バッファが5駒しか無いことと、撮影者の動体追従力不足という課題を確認できました。(^^;;

AFの動き自体は、昨年までの運動会スペシャルである、EOS-10+EF100-300mm F4-5.6USMやZ-1より迷い無く追っかけていってる様に思います。(少なくとも、コンティニュアスAFのままでストレス貯まらない)
やっぱり制御ソフトの新しさが効いてるんでしょうね。(他のは10年前のモノですから...)

本番の運動会では、*istDLとEOS-10の2台体制かなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.06.11

eneloop

Eneloop

*istDLにエネループを入れて、2回目の週末。
一組目だけで延べ100駒+αを撮影し、まだ残量表示は全部残ってます。
コレなら、リチウムイオン並みとは言い過ぎかも知れないけど、あんまり電池の心配しないで使えそう。

いやぁ、皆さんのオススメありましたが、コレは良いですね!
容量表示的には勝る、数年落ちの三洋2150mAhは、数十駒/2日で空になってました。

リンク: coolys creek : メタハイ.

単3などの規格モノ電池使う機材に拘ってますが、新世代の電池に適宜切り替えていけるメリットは大きいです。
デジだと、単3では限界・・・なんて話も有りますけど、電池の進化もまだ期待できそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ONKYO MD-185X

以前に書いたとおり、CDレシーバーを身内にプレゼントしたのですが、MDレコーダーも欲しいとの事。
・・・だったら、CD/MD付きのレシーバーにしろよ・・・と思いつつも、少しは興味有ったので探してみました。

ちなみに管理人自身は、MDが出てきたときのデモ聞いて却下したので(^^;未だにMDは一枚も持ってません。


Md185x

見つけたのは、同じシリーズ最終世代のMDレコーダーです。
連動機能やサイズ同一の収まりのよさから、同じシリーズで探した結果ですが、世代差のお陰で外観やディスプレィ表示が幾分”豪華”な感じになっていました。
何はともあれ、CD側との連動や、同じリモコンで操作できるメリットは有りですね。

コレまで我が家に縁の無かった(^^;光デジタルケーブルは、近所の家電店で棚ズレ品(純正よりはマシそうなグレード)を買って来て、アナログ接続ケーブルと機能シンクロ用ケーブル(ただのモノラル小型ピンプラグ)はウチに転がってた純正品をとりあえず繋いでみました。


前述のとおり、MDには余り良いイメージなかったのですが、結論から言うと意外に良かったです。(^^;
CDからMDへ、デジタルtoデジタルでの録音をしたのですが、流石にノイズ出ないですねぇ。(^^;;
音は、確かに少しパサついた感じがしますし、ピアノやシンバルの音なんかはCDと比べると汚く感じます。
圧縮掛かってるんだから仕方ないといえば仕方ないんですが...

まぁ、今時ポップス聞いてる分には、不満も無いんでしょう。
・・・というか、最近のCDのデジタル臭い強調された音は、多分MD(やシリコンオーディオ)に落としても聞き劣りしない狙いなんでしょうね。

チョット批判的な事書いてしまいましたが、同じATRAC圧縮でも、クリエなんかとは比べ物にならない位再現力あります。
(アタリマエ、ですが...)
CDの方と比べたら、少しドンシャリ系の強調感がありますけど、ひょっとしたらD-A変換の味付けに差が有るのかも知れません。
試しに、同じCDをアナログ入力でも録音して比べてみましたが、アナログ入力の方が幾分落ち着いた音になりました。
もっとも、ハイファイ度合いは、幾分落ちますんで、それで落ち着いた感じなのかも。
何より、一旦D-A変換して、アナログ転送して、また同じサンプリング周期でA-D変換するってのが非合理的に感じられ、生理的に拒否しちゃいます。管理人の場合。(^^;


MDって事で、ランダム再生やらディスク毎やら曲毎のタイトル付けが出来たり色々機能がありますけど、普段曲順が刷り込まれる位アルバムを聞くので、どうもそういう機能は使う気になれんし、ランダム再生なんぞ逆に違和感を感じてしまいます。(^^;


ま、喜んで貰える事を期待しつつ、渡すことにしましょう。
自分のを買うとしたら、非圧縮な録音できるHi-MDかなぁ。
もっとも、ソコまでするならCD-RやPCへの録音で良い様な気もする...


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.08

京都のちゅうはい

管理人は、この手の液体燃料を余り好まないのですが、久々に良いのが見つかりました。

梅と檸檬を飲みましたが、どちらもアッサリ口当たり良く、甘さも控えめなので甘ったるいお酒が苦手な管理人のような人間にはGood!です。清涼飲料水の様にスルスルと行けます。(^^;
甘ったるいのが好きな方には、合わないでしょうけど...(^^;;

Lineup_ume_01

リンク: TaKaRa can CHU-HI | 果実きわだつチュ-ハイ.


前述のとおり糖分控えめですが、割ってる水が旨いです。(一応、伏見の水って事になってます)
水の甘さが感じられます。

アルコール分は4%と、そんなにきつくないです。
そんなこんなで、2本ぐらい飲まないと満足感出ないので、燃費的には宜しくないかも。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »