« リチウムイオンバッテリのリコール問題 | トップページ | Super-Multi-Coated TAKUMAR 1:2.8/120 »

2006.08.26

car MAGAZINE 2006年9月号

Carmag0609

リンク: 株式会社ネコパブリッシング ネコウェブ.

もう旧号となったようですが、連休前に「表紙買い」してしまいました。

だって・・・ストラトスなんだもん!!

スーパーカー世代な管理人にとって、イチバン憧れのクルマ(の一つ)です。

ワイド&ローで軽量なボディに、フェラーリ製の2.4L V6をミッドに積んでるんですから、乗って楽しくエキサイティングに違いない!
・・・試すにも余りに高嶺の花ですが、せめて雑誌で愛でましょう。


この本読んで気付いたんですが、後ろ足(リアサス)はストラットなんですね。
ワイドトレッドとはいえ、全幅1750mmという、今となってはリーズナブルな寸法ですんで、コレで横置きMRなエンジンとのレイアウトをWウィッシュボーンで成立させると、マトモにストロークしない代物(我がパジェロの前足状態)になっちゃうでしょうから、軽い車重(1030kg)を考えると妥当な判断ですね。

前足(フロントサス)がWウィッシュボーンなのは、ボンネット高さ考えるとコレまた妥当でしょう。
MR2なんて、ストラットでいっちゃったもんだから、殆どスプリングワッシャみたいなコイルスプリングになってましたし。

余談ですが、我がアイの後ろ足も、ドディオンアクスル(リジッド)という凝ったモノになってます。
後ろ足をどうしてるのか、現車を見るまで心配でしたが、コレも正解でしょう。
ストラトス以上にスペース苦しい後輪周りなので、エンジン&ミッション置いたらサスアーム置くスペース無いので、前後方向にトレーリングアーム置く(旧VWビートルやスバル360→現サンバー)か、アームの左右を繋ぐドディオンアクスル(ホンダアクティやスズキエブリィでも使っていた)しかないでしょう。
更にタイヤの対地角変化や左右の剛性考えると、ドディオンにするのが普通かと。


・・・チョット余談が長くなりましたが、改めてストラトスの寸法やスペック見ていくと、ホントに惚れ惚れするくらい美味しそうです。
ラリーベース車って、だいたい美味しそうなものですが、1から作ってるので尚更なんでしょう。
ラテンなクルマなのに、理詰めで作られてるみたいなのが凄い!(^^;
でも、インパネやカーペットなんかは流石ラテンか!?

|

« リチウムイオンバッテリのリコール問題 | トップページ | Super-Multi-Coated TAKUMAR 1:2.8/120 »

コメント

この本私も速攻で買いました!!
なんてったってアイドル。じゃないや
ストラトス・ゼロですもんね。

ストラトスにまつわる色々な謎解きや、果てはムナーリの犬小屋!?等々面白い記事(ストラトスの)満載でした。

先日、代官山で白いストラトスを見ました
例のレプリカなのか本物なのかさっぱり判りません。

レプリカも相当魅力ありますがねぇ〜〜〜お高い

投稿: coolys creek | 2006.08.30 16:52

やっぱり引き込まれますよね~。(^^;

ストラトス・ゼロって、あんなエンジンフードの開き方するんですねぇ。(゚o゚)

ワークスストラトスの犬小屋、ウチにも欲しいなぁ。(^^;

それにしても、現物?が見れるってウラヤマシイ...

投稿: かめ | 2006.08.30 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/11620465

この記事へのトラックバック一覧です: car MAGAZINE 2006年9月号:

« リチウムイオンバッテリのリコール問題 | トップページ | Super-Multi-Coated TAKUMAR 1:2.8/120 »