« パジェロ ラリーレプリカ 発売 | トップページ | メタボリック メニュー販売終了 »

2007.03.03

AF280T 電池蓋修理

落下により電池蓋の爪の支え部分が割れてしまったストロボ(AF280T)ですが、何とか爪だけで使えなくは無い状態でした。

・・・が、いつ折れてもおかしく無い状態だったのと、週末に使う予定が有ったので、割れた部分をくっ付けてみました。

Imgp3859


現物を見れば一目瞭然なのですが、スライドする爪(というか板)を蓋と一体成型の薄いプラスチック板が押さえている作りです。
この薄い板の組み合わせで電池を端子に押し付けているバネの反力を受けています。
で、落ちた衝撃で、この部分に直撃はしていないのですが、蓋と一体になってる抑えの所が吹っ飛びました。

ゼリー状瞬間接着剤で仮止めの上で、ホットメルトを塗りたくりました。
とりあえずはくっ付いています。
・・・が、破断したときに伸びた分、蓋が浮き上がる方向にガタが増えました。

今度吹っ飛んだら、メーカー送りで新品の蓋に交換しようと思います。


ただ、他所様のお作品にケチつけるのは嫌なのですが、とても力を受ける部分のカタチでは無い様に思います。
ココも材料の劣化で割れるケースが多そう...


-----------------
3/3追記

やっぱりというか、使用中に修理個所が吹っ飛びました...
ということで、メーカー送りにします。

|

« パジェロ ラリーレプリカ 発売 | トップページ | メタボリック メニュー販売終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/14109783

この記事へのトラックバック一覧です: AF280T 電池蓋修理:

« パジェロ ラリーレプリカ 発売 | トップページ | メタボリック メニュー販売終了 »