« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.30

運動性能からアイの改良版を考える

一般大衆向け軽自動車として、アイの運動性能は文句の無いモノだと思います。

ただ、「もうチョット良くなって欲しい・・・」と思う部分が有るのも確か。

・ボディ全体としても、着座位置から受ける印象も、もう少し低重心化してほしい。

・ロングホィールベースからくる前後方向の安定感に比べて、左右ロール方向の踏ん張り感が、もう少し欲しい。

・(アイに限らず、今時の軽の多くが抱える問題ですが)ボディが重い!
 その為も有って、微妙に動いてる様な所からの再加速のトルク感が弱い。

・カーブ途中で切り増して行くような時に、フロントタイヤが明らかに逃げていく。

 

改善しようと思うと、管理人が思いつくのは...

・着座位置を もう少し低く。

・屋根も、もう少し低く。ついでに、三菱さんお得意のアルミルーフ。
 ボンネットは・・・このクルマの場合、アルミとかにしてもメリット無さそう...

・トレッドを、もうチョット広く。(軽枠からは外れますけど)

・ボディがあと100kg軽くなれば嬉しいが、そうでなければエンジンを1Lくらいにするか。

・フロントタイヤは一サイズワイドに。
 スピンさせない為に相対的にフロントが先に流れる設定は判りますけど、折角の電制スロットル なんですから、トラクションコントロールとかで対策するとか。


 
そういう目で見ると、結構いい感じのカタチでは有ります。

リンク: 【東京モーターショー07】三菱 i MiEV SPORT…環境でスポーツ | Response..

このカタチで、ガソリン自動車で先ず出してしまっても良いんじゃ無いでしょうか。
MT車が有れば尚良し。(^^;

出だしのトルク感という意味では、電気自動車ってのも有りだと思います。
今の所 充電インフラと、電池の重さがフットワークの足枷になりそうですけど...

 
仕事場で雑談してたら、意外とガソリンスタンド行くのが面倒って話もありましたので、(多少時間が掛かっても)自宅で充電できるってのも、意外とメリットなのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HOYA、ペンタックスを吸収合併へ

ついに・・・というか、漸く・・・というか。

旭は遠くになりにけり。

リンク: NIKKEI NET(日経ネット):HOYA、ペンタックスを吸収合併へ.

あとは、カメラ部門の売却やら清算やらにだけはならない様に、応援するしか無いです。

あわよくば、今後 銀塩の市場縮小が底を打って、僅かでも上向いた時に手頃なモノを出して貰えれば...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.27

F1エンジン開発10年凍結?

最近の状況は良く判ってませんし、どうもこの記事からだけでは真意を掴みかねますけど...

リンク: FIA、F1エンジン開発10年凍結を発表 | Response..

出力競争の防止とかだったら、吸い込む空気量の制限なり燃料使う量の制限なりという手でもイイと思います。
開発費競争を、チョットでも抑えよう、という意味は有るんでしょうが。

チーム間の競争力平準化、という意味では、今ある差はそのままになってしまう訳ですし、またエンジンのサプライヤー企業が”撤退”を考えた場合にはどうなるんでしょ?

民生向けのクルマでも、今は燃費や排気ガス、代替燃料など色々改良の真っ只中なんですから、”最先端技術の実験場”であるべき世界で、技術を凍結させようというのは どういう意味が有るのか、管理人には理解が出来ません。

マシン能力を平準化して、操縦技術だけの勝負にしたいのなら、車体もエンジンも求められたら何処のチームにも同じモノを供給するしか無いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.26

GALANT VR-4 Gr.-A

Imgp5656

 DATA:*istDL+TAMRON70-300/4-5.6(300mm)、F45、10sec.、iso200、AWB

Imgp5657

 DATA:*istDL+TAMRON70-300/4-5.6(200mm)、F22、8sec.、iso200、AWB


    1992年サファリラリー仕様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タムロン70-300mmのマクロ機能を試す

対運動会用に奮発(?)したこのレンズ、望遠側で最大1:2(35mm判で)のマクロ機能が付いてます。

そういえば試して無かったな・・・ということで鏡筒のスイッチをマクロ側へ...

Imgp5606
     クリックすると大きくなります(以下同じ)

 DATA:焦点距離300mm、*ist DL、iso800、F45、4sec.、AWB

だいたいコレが最短距離です。所謂トミカな大きさだと、丁度全体像くらいになります。
 


Imgp5608

 DATA:焦点距離300mm、*ist DL、iso800、F45、4sec.、AWB

チョット引いてみました。いろんな意味で、この位のほうが楽に写せます。(^^;
レンズが悪いわけじゃ無いけど、ファインダーの視差とか、ピントの山とか...
あと、三脚(雲台)のヒステリシスとか... (←安物使うから、ですが)

 

何にしても、意外とイケる!ってのが第一感想です。
ぼけ方も綺麗だし。

ただ、ウチの狭い室内で使うには、ワーキングディスタンスが難点かも?(^^;

続きを読む "タムロン70-300mmのマクロ機能を試す"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.10.22

急に寒くなってきました

月初めには半袖で一日過ごしてましたが、ここ一週間くらいで めっきり涼しくなりました。
天気良いと日差しは暖かいんですが、風は冷たいです。

今年は、紅葉と一緒に雪が降る、なんて話も聞きますが、気持ちの良い気候はアッと言う間に過ぎて行っちゃいますね。

どうぞ、皆様風邪などひかれません様...


Imgp5583

 DATA:*istDL+DA18-55mm F3.5-5.6、P、iso200、AWB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.21

フィット 新型

直球勝負というか、真っ直ぐにキープコンセプトに見えます。

リンク: 【ホンダ フィット 新型発表】部門連携で「ど真ん中剛球勝負」 | Response..

それにしても、やはりというか、でっかくなりました。

軽自動車と違って車体サイズに制約無いですし、衝突安全性を高めながら室内スペース広くしようと思うと、外寸大きくするのが手っ取り早いでしょう。
また、ダウンサイジングと言いながらも、同一銘柄での乗り換えだったら小さくなる事を良しとする人も未だ少ないと思います。

必然、ということは判るのですが、もはや横幅は15年位前にはセド/グロやクラウンクラスのクルマ並みですし、全長も かつてのシビッククラス。
そのうち、サイズの制約があって大きくなれない軽との間を埋めるのに、また新しくフィットの下のクラスが発生するのでしょうか。
車種シリーズのインフレ...

そういえば、今度のフィットには”RS(=Road Sailing)”というスポーティ・グレードが有るそうな。
まさに現代版シビック!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.20

次世代ロータリーエンジン

ローターの基本寸法から変わる世代交代は、2回目になるんでしょうか。

リンク: 【東京モーターショー07】マツダ、次世代ロータリーエンジンを出品 | Response..

ローターの振れ幅(?)を増やしローター幅を狭めて、レシプロエンジンで言う所の”ロングストロ-ク化”したそうな。
また、燃料を直接 燃焼室に噴射する模様。

ロータリーエンジンと言えば燃費の悪さが弱点として挙げられてましたが、これらは圧縮比を上げ難いことと、吸気ガスが排気ポートに吹き抜け易いことが要因だったと思います。
それらに対する手当てをしたのが前記の改良なんでしょう。
出来上がりがどうなるのか、楽しみです。

何にせよ、現行品では唯一無二の仕掛けである内燃機ですから、後継機が出るのは選択肢の多様化として喜ばしいし、良い事だと思います。

また、コレが乗るクルマも・・・。
現行RX-8は、きっと悪く無いんでしょうけど、立場もデザインも一寸中途半端な感じがしなくは無いので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.16

迷惑メール規制

最近また届く量が増えてきてましたが、果たして「研究会」の方々は、改善できると考えられてるんでしょうか。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:迷惑メール規制、承諾なしは「禁止」に…研究会中間報告案(読売新聞).

元々、チャンと言う事聞いてマナー守る業者さん達は、現行の法規制でも効いているでしょうし、ネット上に氾濫する違法メールを逐一監視して、検挙していく程の能力もヤル気も無いんでしょう。

再三に渡って違法メールを垂れ流したサーバはネットから排除するくらいの事しないと効果無いと思うんですけど、まぁそんな事したらYah○○は排除されちまいそう...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パブリカに関する思い出

昨日、パブリカを話題に取り上げましたが、昭和40~50年代に(要は物心付いた頃から)自動車オタクと化していた管理人にとっては、懐かしさを感じるブランドの一つです。

・・・とはいえ、初代UP-10型はトヨタ博物館が出来るまで現物を見たことは有りませんでしたし、マイチェン後のUP-20シリーズにしても、極稀にしか現物には遭遇していません。
(それでも昭和50年代中盤の時点で、綺麗なコンバーチブルが行動範囲に居た)

水平対抗なパブリカよりは、余程トヨタスポーツ800(UP-15型)のほうが見掛ける気がします。
(もっとも、ヨタ8再生の為に、UP-20や同系エンジンの商用車ミニエースは沢山犠牲になった様ですけど)

初代は、「ラジオもヒーターも付いてなかった」(byバアちゃん)装備状態では、幾ら機能&パッケージとして優れたモノでも、商品としての価値は急激に減衰していたんでしょう。

・・・ということで、管理人にとって「パブリカ」といえば”地味な”2代目のKP-30系がイメージ。
外観もメカニズムも、只の”ちっちゃいカローラ”ですけど。(元祖ぷちトヨタ)

セダンは学校の先生やら公団住宅やらのイメージかな。
ダイヤペット(?)のミニカーも持ってたな。
昭和50年代中頃まではソコソコ見ましたが、その後急速に姿が消えて行きました。
多分、70系カローラ辺りに代替えされてったんでしょう。
今見れば(当時でも)極フツーの小型セダンですけど、ツーリングカーレースに出てたり走り屋兄ちゃんがチューンして乗ってたり、それしか無かったとはいえ今時のコンパクトカーと比べて懐の深さを感じます。

バンは、近所に有った会社で沢山使われてたりで、ティアドロップ型のテールレンズが印象です。
バリバリ荷物積んで走ってた感じがしましたが、今思えば 大して荷物積めないんでしょうね。

トラックは、管理人幼少の頃にウチにも居たので、一番身近な存在です。
小型ピックアップ・トラックといえば、ファミリアでもサニトラでもなく、管理人的にはパブリカ。(^^;
これも、今にしてみれば軽トラと積載性変わらん(負けてる?)んでしょう。

<関連リンク>

リンク: 日本の自動車技術240選 - パブリカUP10.

リンク: トヨタ・パブリカ - Wikipedia.


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.14

スバルのエンジンとトヨタの販売力が有れば・・・

以前、トヨタと富士重がスポーツカーを共同開発、というのを取り上げましたが、最近読んだ自動車雑誌にもトヨタ+スバルの低価格&小型FR車って話題が載っていました。

今更FRってのは、異論を唱える方も居られるでしょうけど、個人的には限界性能ではなくベーシックなモノを知るという意味で、エントリークラスのFR車は有るべきと思います。(マニアックに凝り固まらない範囲で)

 

・・・で、個人的なアイディア。

エンジンは、レガシィやインプレッサのFLAT-4を2つに割ってFLAT-Twinに。排気量は0.8~1Lくらいか。
コレをフロントオーバハングかフロントミッドに積んで、後輪を駆動。
リアサスはリンク式のリジッドがいい。フロントはストラットか。
ボディは全長4mを切って、できれば3.8m以下。なるべく低く。
車重は800kg目標で。(今時の軽自動車より軽いくらい希望)
2ドアで2+2、リアはハッチバックが実用的か。

 

温故知新。

かつて、トヨタに似たようなクルマが有りました。

パブリカUP-10。
排気量700ccの空冷FLAT-Twinを前に搭載。
殆ど今時の軽自動車サイズ(コッチの方が軽い)のFR車。

Up101

うちのバアちゃんの1stカーだったりもする。(^^;
マイチェン後のUP-20 (800cc)より、今見ると素朴でカワイイかも。

置く場所と維持費が捻出できれば、私も欲しい。

Up10ebbro

EBBROの1/43。一寸ボッチャリ気味か。

Up10tom_ltd

TOMICA-LIMITED VINTAGEの1/64。なんか英国車っぽい感じ。


 DATA共通:*istDL+A 50/2.8MACRO、F22、iso200、AWB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

革 劣化

革 劣化
使用期間:十数年。
ボロボロと表面が崩れております。

このクルマは(少しばかりのお金さえあれば)適当なモノに替えれますけど、今時なエアバックやらリモコンやら付いてる奴だと、そうもイカンでしょうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.11

MUD・MASTER-C

和製ピンツガウアー?
   (↑オリジナルはコチラ)

リンク: ホビダス・オート > 新車速報 >「【東モ07】衣を剥ぐと、もしかして新型ハイゼット?」 [ネコ・パブリッシングの自動車専門サイト].

ハブリダクションまで入ってる、気合いの入り方!
あとは、サスペンションが どれだけ地形に沿って貼り付いてってくれるか、ですね。

多分、このまま市販化・・・とはイカンでしょう(特にハブリダクションは)が、できればこのままのメカニズムで、例えばアジアな国の工場に生産を委託するとかして、程々の規模で作ってみて欲しいところです。


000073164detail


それにしても・・・ここ暫く、仕事or遊びグルマが市場から消えていく一方でしたが、今回の東京モーターショーでは面白そうな提案車がポロポロと出てるようです。(それもバブルな頃のおバカな提案とは違う感じ)
全て市販に漕ぎ着けるとは思えませんが、是非とも頑張っていって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.07

ランエボX

今度のが10代目だそうな。

リンク: ホビダス・オート > 新車速報 >「三菱ランエボXのグレード&価格一覧、299万7750円~」 [ネコ・パブリッシングの自動車専門サイト].

基本ボディとしては、3代目になる訳ですが、ボディが代替わりする度に車重が100kgくらいずつ重くなってる様です。
また、外寸も一回りずつ大きくなってます。

その分、馬力上げたりタイヤサイズ大きくしたりで運動性能は上がってるんでしょうけど、クラッチ繋いだ瞬間の動きとかは、きっとダイレクト感が減衰していってるんじゃ無いでしょうか。
ひょっとしたら、サーキットや国際格式のラリーだったら左程気にならなくても、ローカルなラリーやスラローム系競技だったらマイナス点になるかも知れません。
(この辺りは、今後のモータースポーツでの活躍具合を見るしか有りませんが)

かつて、ギャランよりコンパクトなボディってので、ランサーのエボモデルが発生した訳ですが、今度のはベースがギャランフォルティスになった訳ですし、かつてのギャランVR-4より ずっと大きく重いボディになってしまいました。

クルマ自体も、代を追う毎にモータースポーツ出場への公認取得目的の特別仕様車としてだけでなく、公道を走れるスーパースポーツ・マシンとしての側面が強くなってきた様に思います。
クルマとしては、正常な進化の系譜だと思いますが...

BMW-M3が、最初はモータースポーツの公認狙いのモデルだったのが、モータースポーツへの取り組み方や規則の変更もあり、今ではすっかりハイパフォーマンス派生モデルになってしまった様に、そのうちモータースポーツとは一線を画する時がくるのかも知れません。
(”ライバル”であるクルマ共々...)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.04

X-HEAD

国内からピックアップトラックというジャンルが事実上消えて久しいですが、ショーモデルとは言え新しいアプローチがあることは喜ばしい事です。

(海外生産の日本車を含め)高い輸入車にも一定の需要がありますし、中古車にも需要があるのですから、大きな規模は望めないかも知れませんが、何処か1社でもラインナップに加え続けて欲しい所です。

仕事用途はともかく、アウトドア系レジャーやDIYに興味のある人なら、トラックが欲しいと思うことも有るかと思います。
私も、何度となく「軽トラ欲しい!」と思ったことか...(^^;

幸運にして複数台所有できる場合もあるでしょうし、手頃な値段&維持費だったら案外引き合いが有るのかも。


リンク: ホビダス・オート > 新車速報 >「【東モ07】和製ウニモグ!? スズキの新ジャンルカー」 [ネコ・パブリッシングの自動車専門サイト].

000072605detail


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.02

スマイルシャッター

あくまで、新しく盛り込まれた機能の一つということは、重々判ってるんですが...

リンク: ソニー、笑顔でシャッターが切れる「サイバーショットDSC-T200/T70」.

にっこり笑顔の画像データが延々と続いてたりすると、チョット空恐ろしい...

(いや、スマイルシャッターってのも機能の一つ、という事は重々判ってるんですが...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »