« 東西対決!? | トップページ | 梅想い »

2007.12.09

簡単なデジカメ選び

義父の使っているデジ機が壊れたとの事で、代替機を一緒に見に行きました。

前知識無しで、家電量販店の店頭で色々と見て触ってきました。

望遠使えるのが良い、ってことだったので、こんなのとか個人的には勧めようかなと思ってたのですが、電池切れ・・・いや電池が入ってない!!
この機種触る人少ないから省略されてたのか、電池盗られたのか...
何にしても、観音様は商機を一つ逃しましたとさ。(^^;

EXILIMで、安くて多機能でズーム比も大きい奴あったんですが、ズームのレバーがメチャクチャ扱い辛いのと、何処かのボタン押したら液晶画面にヒストグラム出たり、露出がマニュアルモードになってしまっていてチャンと写らなかったり...
「こんな面倒なのダメ!」ってことで、これも却下。

やっぱり簡単なのが良いってことで、最終的に選んだのはコレ
機能やスペック争ってしまってるので、機能がシンプルで使い易い(間違い難い)のって、選ぶの難しい...



管理人の考える、写真機を趣味にしない人にとってシンプルで使い易いカメラになるためには・・・


撮影目的別モードなんて、使えそうで使い物にならないものは、省略。
その代わり、撮影距離や焦点距離、光量によって一番ベストと思われる所に露出と撮像感度を調整する。

電源は、できればレバー式。
電源OFFで、毎回初期設定に戻る。

再生は専用のボタン一発。

メニュー画面の中も、最小限に絞り込む。
撮影画素数の切り替えも、ビジュアル的に判るようにするか、”綺麗で大きい/小さく軽い”とか判り易い表現に。
ISO感度の手動切り替えなんて不要。

できればマクロモードも専用に設けず、AF機能の一環として自動で判断。

ストロボだけは、光らせてはダメな所があるので、手動OFFのスイッチを専用に。

シャッターボタンは、半押しとシャッター切れる所がハッキリ判り、ストロークも小さ過ぎないこと。

結果として、多少ボディが大きめになるかも知れませんが、グリップしやすくなるなら それも良し。

|

« 東西対決!? | トップページ | 梅想い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/17325061

この記事へのトラックバック一覧です: 簡単なデジカメ選び:

« 東西対決!? | トップページ | 梅想い »