« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.30

広角25mmレンズのコンデジ

24mmレンズを付けっぱなしで使ってしまう様な管理人としては、これまた気になる機体です。

リンク: さらに広々撮れる広角25mmレンズ|DMC-FX35|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic.

35mm判で25-100mm相当との事なので、使い勝手良さそうです。

LUMIXの写りやレスポンスについては、ウチにある奴での満足度高いので、これも期待できそうです。

ただ、電源切る度に25mmになるような仕様だと、フツーには使いにくい様な気がします。
ペンタのコンデジみたいに、ズーム位置のメモリが入ってれば良いんですが。

今の所、コンデジは充分なのですが、そのうち在庫処分とか有ったら欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PENTAX K20D

漸くというか、ペンタのデジ一眼に新製品が出ました。

リンク: PENTAX 製品紹介:デジタルカメラ.

1460万画素のCMOS撮像センサってことで、他社の同クラス並みのスペックになった、といった所でしょうか。

CMOSってことで、低消費電流によるバッテリーの持ちと温度上昇によるノイズ減る事が期待できそうです。
また、斜光への感度を改善しているそうで、デジ専用設計でないレンズへの適性が上がってるらしいので、旧いレンズの方が多い管理人の様な人間には朗報かも知れません。
(絞り値のメカニカル連動ついててくれれば言う事無いですが・・・まぁ今更中級機クラス以下で望むのはキビシイでしょう)

ライブビューも付いてる様ですから、マクロ撮影や手を伸ばしての撮影にも便利そう。

カタログで表せるような機能に(管理人的には)不足は無いので、あとは どの程度AF(特に動体)が良くなってるかが見ものです。

普及クラスのK200D共々、防滴構造になったこともメリットだと思います。
家族であれ公的な用途であれ、記録ユースだと どうしても雨の中でも撮る事があると思いますし、ボディの隙間から入ってくる塵対策としても有効でしょう。
実際、ウチの*istDLは何度も雨の中で出動してます... (最悪、壊れても仕方ない覚悟で...)


いよいよ社名が消える寸前になってきましたが、何とか一定の地位を築いて、カメラメーカーとして残っていって欲しい所です。
こいつは応援票入れたい所ですが、如何せん・・・。
(替わりに在庫処分なコンデジには投票しましたが....(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.28

ブーン X4

今、置く場所と軍資金さえ有れば、是非欲しいクルマの一つです。

リンク: ブーン | DAIHATSU @ WEB.

リンク: ダイハツ・ブーンX4 ハイグレードパック(4WD/5MT)【ブリーフテスト】.

少し前までは、アルト・ワークスなどのハイパフォーマンス軽が各社から出てましたが、それらを少し”オトナ”にしたようなクルマです。

とはいえ、元々モータースポーツ用途に用意されたクルマなので、いまどき5速MTのみ(しかも専用のクロスギア比!)・フロントLSD標準装備・標準車にはエアコンも無く、色も白しか選べないという潔さ!!
(一応、”ハイグレードパック”を選ぶとエアコン付くし内外装もフツーのブーン並みになる)

価格200万ってのも、エンジンやらミッションやら足回りやら、地味にお金掛かるところを片っ端から専用品にしている事を考えたら、大バーゲン大赤字だろうと思います。
月産50台と噂に聞く予定台数も、恐らく達成していないでしょうし...

どんどんトヨタの一組織になってるように見える(ブーン自体も、パッソの為の踏み台みたいにも見えます)ダイハツですが、なんとか一矢報いようという意地なんでしょうかねぇ。
勿論、モータースポーツの底辺拡大に重要なクルマですし、ダイハツ系のモータースポーツユーザーには無くてはならない(他に無い)クルマだと思います。

いまどき、標準のホィールサイズが14インチってのも泣かせます。
見栄え重視で、どんどんでっかいホィール+極薄タイヤになってってますけど、走ってナンボ、なんですから、ランニングコスト考えたら断然コッチにメリット有りです。
グリップ力も、サーキット狙い以外だったら多少のサイズアップ程度で充分でしょう。

200万出すんだったら、倍以上の排気量有るセダンやミニバン買えますし、フツーのブーンだったら半分の値段でカタログ燃費が倍(しかも安楽装備満載)のが買えます。
スポーツハッチ買うにしても、スイフトスポーツやコルトのバージョンRの方が安くて装備もイイですし、欧州系コンパクトカーも充分視野に入る値段です。

・・・だけど、スペック見ててこんなにワクワクするクルマは希少です。(もう少し軽くてもイイけど)
是非とも頑張ってカタログに残して行って欲しい所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.24

積もり出した

積もり出した
朝から降ってましたが、日が暮れて積もり出してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.20

安原一式 修理顛末

もう4年前の話になりますが、手持ちの安原一式のシャッターボタンがポロリと脱落しました。
暫くはそのまま放置してましたが、安原製作所閉鎖の話を聞いて、慌てて修理に出しました。

Sbutn

判り難いかも知れませんが、シャッターダイアルの上に置いて有るのが脱落したシャッターボタンです。
軍艦部の板金裏を、シャッターボタンとプラスチックの部品で挟んでいるようですが、そこの部品が割れたようです。

元々、部品が不良だったとの事で、結果として無償修理して貰いました。
但し、破断面を見る限り、あまり強度の有る作りには見えませんでしたので、使い続けて行くにはアキレス腱となるのかも知れません。

とりあえず、シャッターボタンに曲がったり捻ったりする力は、極力掛けないほうが良いでしょう。
シャッターボタンアタッチメントやレリーズも、あんまりきつく締め込まない方が良いと思います。


修理に出す際、丁度在庫処分セールされていたので、どうしようか迷ってたカメラケースを買いました。
カメラ自体は、中国製工業製品クオリティ(の中ではマシな方)ですが、こちらのケースは本体より出来が良い位でした。
こういう皮革製品や縫製品は、既に彼の国では お手の物になってたからでしょうね。

T981renew


T981cas1


T981cas2

グレーの皮革で、一式のバッジが付いてます。
適度に張りがあり、適度に柔らかく、良い感じの革です。

上の画像では、Lマウント標準レンズとしては比較的体格の良いCanonの50/1.4ですが、特にきつくも無く収まります。
(当然ですが、沈胴レンズだとブカブカ)

下ケースだけ付けてても、持ち易さに効果有ります。
あのグラグラのセルフタイマーも、気にならなくなりますし。


 

さて、上記の修理に出した際に、安原製作所から今後 修理業者さんへ依頼するときの注意点を連絡いただいていました。
自分への備忘録を兼ねて、ココに記録しておきます。

続きを読む "安原一式 修理顛末"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.16

安原製作所 回顧録

もう10年になるんですねぇ。
早いというか、まだそんなもの・・・というか...
(まだそんなもの・・・の部分は、そのまんまデジ化の流れの速さなんでしょう)

ワクワクしながら”応援票”を投じて待ち、またインターネット時代の新しいビジネスモデルに夢をみさせて貰った記憶が甦ってきます。

そんな世紀の狭間に、フィルムカメラ最期の小波をたてた安原製作所の回顧録がご本人の執筆で刊行されました。
(探すのに市内の大きな書店を回りました(^^;)


T981


 
内容としては、製造業に携わる技術者として、また中国と仕事上で付き合いがある(管理人自体は行った事は無い)者としては、予想通りというか良く判るお話でした。

それにしても、文中にも有りますが、安原製作所はこのタイミングでしか製品としてカメラを作るチャンスは無かった事に間違いないと思います。
(無論、ご本人の人脈や努力、思い切り、そして運も有ったと思います)

そして、デジはともかく銀塩カメラでも、今後こう言った事は どんどん難しくなって行くんでしょう。


リンク: お気楽写真記帳:安原一式.

我が家の安原一式は、安原製作所閉鎖の直前にシャッターボタン回りが脱落し、修理に出したあとフィルム数本使ったところで仕舞いこんでました。

今度潰れたら直せない、というのも有るんですが、気軽に使うには慣れたペンタMシリーズ使っちゃってました。
もっとも、最近は(デジに取って代わったとは思えませんが)ペンタMシリーズすら使うことが減ってきてしまいました。

でも、本を読んでて久々に引っ張り出し、空シャッター切ってたら また使いたくなって来ました。


秋月のほうは、再び応援票を入れようかとも考えましたが、一式のクオリティが所謂”中国”レベルであったことと、もう少し長い焦点距離が欲しかったこと、そして(コレが一番の理由となりそうですが)応援票でお金を出せる状況に無かったことから見送ることにしました。

今にして思えば、コッチも注文しとけば良かったかなぁ...


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.15

電気自動車の可能性

目の前で見てきたから、という訳でも無いですが、電気自動車について雑談して思ったこと。

相手は、所謂「新興住宅地」に住まわれてるんですが、そういった所だと買い物の足として自動車は必須。
とはいえ、買い物用のセカンドカーだったら、一日に100kmも動かない。
逆に、市街地からガソリンスタンドが消えて、郊外のセルフ店に統合されて行ってるので、ガソリン補給するのに何kmも走らなくてはならないらしい。

こんな使い方だったら、自宅で充電できる電気自動車のほうが、使い勝手良い可能性があります。
ランニングコストや”エコ”としての(自己)満足度は比べるまでも無し。

i-MiEVのようなクルマが、程々の価格で出てきたら、そういった買い物用セカンドカーとしての市場も有りそうに思います。

そんなこんなで、市場に電気自動車が増えてきたら、街中で充電スタンドも整備されるでしょうし、月極めの賃貸駐車場でも電力線引いてくれる所も出るでしょう。
そうしたら、管理人のような人間も選択肢として電気自動車を選ぶ事が出来そうです。(セカンドカーとして、ね)

そうなるためにも、安くて良い電気自動車作って貰いたいですし、急速充電の仕様を早いとこ規格統一していって欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.13

i-MiEV in 駅伝

Imiev1


Imiev2


i-MiEVが走るというので(?)、都道府県対抗女子駅伝を見に行きました。

もっとも、多分フツーの人には、コレが電気自動車だなんて気にもならない所なんでしょう。
パッと見では判らないし。

とはいえ、幾ら今時のクルマの(暖機後の)排ガスが、限りなく綺麗だといっても、併走される選手の立場で言えばもっと積極的に電気自動車や燃料電池車みたいな目の前でCO2出さないクルマを使って欲しい所だろうと思います。

・・・それにしても、寒かった...
雨&雪のパラ付く天候の下、関係者の方々、お疲れ様でした...


Cyclone


この型の白バイ、我が家では通称「サイクロン号」と呼んでおります。
確信犯か?>スズキ


Noguchi


マラソン金メダリストは、素人目にも やっぱり速かった&フォーム格好良かった!
TVカメラが付いて走ってるので、遠くからも走ってくるのが直ぐに判りました。(^^;


Imiev3


リンク: 京都が大会新で4連覇、三重の野口みずきも快走…女子駅伝(読売新聞) - その他の競技 スポーツ総合サイト:Sports@nifty.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.12

松下、「Panasonic」へ

既に暫く前からブランド統一への動きは有りましたし、経営効率やグローバル化が叫ばれる昨今では、何れ踏み出す一歩だったろうと思います。

リンク: NIKKEI NET(日経ネット):企松下、社名「パナソニック」に・10月、ブランドも統一.

国内での存在感と比べ、海外での弱さが言われていました。
会社規模から言っても、もはや成長の見込みが少ない国内に頼り切る訳にも行かんでしょう。

それにしても・・・看板屋さんや印刷屋さん、金型屋さんが大忙しになりそう...


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.08

危険運転判定の壁

疑わしきは・・・の原則に従った結果なのでしょうが...

たらふく酒飲んで、100km/hで脇見運転してても「危険運転」で無い、というのは、個人的には被害者には厳しい(加害者には優しい)判定だなぁ、と思います。

リンク: 福岡3児死亡事故 今林被告に懲役7年6月 地裁判決(毎日新聞) - Yahoo!ニュース.

公務員やサラリーマンだと懲戒処分の対象になるなど、社会的には飲酒事故に対して厳罰化の流れがありますが、先例主義の日本で違反者側にとって格好の先例にならない事を祈ります。
素直に捕まるより、逃げ回って時間稼ぎした挙句に「飲んだけど酔ってない」と主張するケースが今後増える気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.07

i・レミーのおいしいレストラン

いつの間に出てたか知りませんでした。

丁度ねずみ年だし・・・。(^^;

Iratatouille


結構、カワイイ色。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.05

パリ・ダカ中止

今年のパリダカは、出走前に中止だそうな。

リンク: asahi.com:仏狙うアルカイダ系 地中海連合に反発 パリ・ダカ中止 - 国際.

今回は、パジェロ集大成だったそうですので、かつてパリダカでも活躍した同名車オーナーとしては、残念なところです。

何にせよ、イスラム系過激派と自由主義社会ってのは、溶け合う事の無い水と油なんでしょうかねぇ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.04

2007年の機材棚卸し

ついに・・・というか、時代に追い付いたというか、正月三が日の間に一駒も銀塩フィルムで撮影しませんでした。
使ったのはコンデジのみ...

ずいぶんと堕落したというか、だらけたというか...
天気悪かったり忙しかったりもありますが、初撮りは何時になるやら。

で、昨年買った機材棚卸し。

・棚ズレ品のコンデジ
 当初の思惑通りに、何かと重宝してます。
 やっぱりマトモなコンデジは一台必要ですね。(^^;

・投売りの銀塩コンパクト
 昨年前半は割と使いました。
 ただ、今となっては撮影時につい背面パネルを見てしまうとか、ちっちゃいファインダーが
 覗き難いとか、やたら光りたがるフラッシュが鬱陶しいとか、結構気になってしまいます。
 上のコンデジ入手後は、とんと出番が少なくなって...
 (コッチの方がブレ難くて良いんですが...)

SMC-Takumar 6X7 55mm F3.5
 お金と手間が掛かってた時代のレンズなので、使ってて気持ち良いのは間違い有りません。
 ・・・が、6x7込みで随分重いのが玉に瑕... (いや、ホントに傷玉ですが・・・こいつは)

TAMRON AF70-300mm F4-5.6 Di
 写り、軽さ、描写、価格と申し分の無いレンズですが、ズームリングに少し引っ掛かりが有るのとAFの遅さが残念な所...


 
不景気であったこと、フリーな日が少なかった事もありますけど、近年稀な不作の年だったかも。
見に行く範囲の中古屋さんも減ったし...
結果、フィルムの消費やデジ機の駒数も不作でした。
お陰で一年以上前に買ったコニカミノルタのネガフィルムが、未だ纏まった数で残ってます...

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.03

三が日も終わり...

正月らしい実感も無いまま、三が日も終わります。
そろそろ通常モードに...

だいたい、元旦から そこらじゅうの量販店が片っ端から開いてる様じゃ、正月も何も有ったもんじゃないです。

 

2008年の年明けの瞬間は、除夜の鐘突く順番待ちで迎えました。

Jyoyanokane


残念ながら、108番目迄にはギリギリ間に合いませんでしたが、まぁ元々管理人の煩悩は108では足りないと思われるので、丁度良かったか...(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.01

ねずみ年

ドラえもんも泣いて喜ぶネズミ年。
皆様には良い年で有りますように。

Mouse

 DATA:*istDL+A 50mm F2.8 Macro、F8、AUTO、ISO800、AWB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »