« 今朝も雪 | トップページ | ポラロイド、インスタントフィルムの生産終了 »

2008.02.18

「ゆとり教育」

個人的には、ゆとり教育の趣旨は間違っていなかったと思ってます。
・・・ただ、「ゆとり」という言葉が一人歩きしてしまい、また「ゆとり」と「放ったらかし」とを取り違えられた結果、思惑と違った結果になってしまった結果だと思います。

リンク: 「ゆとり教育」の先に…自信も失った若者たち(産経新聞) - Yahoo!ニュース.

「ゆとり教育」は、一方的な詰め込みではなく、個人のレベルや狙いに合わせて、ある程度自由度が与えられたという点で、画期的な方針だったと思います。
その分、チャンとビジョン持って無かったらサボって学力に差が出てしまう訳で、本人の努力のみならず周り(特に保護者)の理解と協力が必要です。

「ゆとり教育」の趣旨が現場に充分徹底されなかったこと・大きな混乱を生じさせたこと、社会や保護者に充分な理解と期待された「生きた」教育の機会が充分に発揮できなかったこと、社会や保護者からフォローされない場合に教育機関や行政から充分に手当てされなかったことが拙かったんでしょう。

結果として、教育レベルにも「格差」が付いてしまった訳で。

何にせよ、子供に罪は無いので、この世代に不条理な差別が起こらない事を祈念します。

|

« 今朝も雪 | トップページ | ポラロイド、インスタントフィルムの生産終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/40162525

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆとり教育」:

« 今朝も雪 | トップページ | ポラロイド、インスタントフィルムの生産終了 »