« 悩んだ挙句・・・ | トップページ | 今更ながらに、10D。 »

2008.03.01

Optio M20

少し前になりますけど、安かったのでアウトレット品を衝動買いしてしまいました。

Optio_m20

今使ってる奴で不満有るわけじゃ無いんですが、子供に使わせるのに もう一台欲しかったのと単三電池使えるのが欲しかったってのが建前です。
(本音は、煩悩を抑えきれず・・・)

乾電池使用にしては薄型コンパクトですし、電池室の分持ち易い(摘み易い)です。


今時のデジ機だと、1000万画素オーバーがアタリマエですが、コレは少し前の世代なので700万画素。
とはいえ、我が家最大画素のデジ機です。(^^; 
ソレナリにデータも大きな容量となりますが、プリントする素材としては、やはりデジSLRのものより一歩扱い辛いです。

また、昨今のコンデジではアタリマエの話ですが、こいつも標準のISO感度が64と四半世紀前のリバーサルみたいな感度なので、とにかく手ブレし易い。
手ブレ補正機能付いてない分もあり、比較的高い感度(iso400)までしばしば自動で切り替わりますけど、そうすると今度はコントラストの低い画像になっちゃいます...

フラッシュが自動でも割と発光し難いのは、銀塩時代からペンタの特徴だろうと思いますが、コレは長所でも有り短所でもあり難しい所です。(できればカスタム設定させて欲しい)
この辺りは、もう一台のデジ機、LUMIX FX01と対照的です。

初期設定の画像は、派手さの抑えられた割と扱い易いモノです。
店頭orプリンタでの直接プリントを意識した結果なのでしょうか、*istDLの初期設定より落ち着いた画像です。
これも、LUMIXと対照的...

撮影レスポンスは、電源ON起動時やフラッシュの再チャージに、リチウム電池使用のLUMIXより少し遅いですけど、Ni-MHを使用しているとは言え、単三乾電池2本仕様のカメラとしては頑張ってる方だと思います。
電池も、eneloop入れてますけど、恐ろしい程持ちます。残量が一目盛り減ってからでも、200駒以上撮れましたし。

撮影モードには、ペンタお得意のAutopictが有りますし、撮影メニューやAFモード、フラッシュモードの切り替えも判り易いです。
カスタムファンクションで割と痒い所にも手が届いてますし、電源OFFでズーム位置を含めて記憶させる事が出来るのがウレシイ。

惜しむらくは、ズームの微調整が難しいこと、*istDLと同じ番号体系になってること。
(どれだけ違うのか不明ですが)レンズの銘が”smc”では無いこと。

総じて満足度の高い機体です。
操作系や動きが”勝手知ったる”ペンタ風味なこともあり、ポケットに入れて出動する率は高いです。

もう少し早くこの機体を見つけてたら、コレの替わりにオススメしといたのに...

|

« 悩んだ挙句・・・ | トップページ | 今更ながらに、10D。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/40325133

この記事へのトラックバック一覧です: Optio M20:

« 悩んだ挙句・・・ | トップページ | 今更ながらに、10D。 »