« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008.04.27

F2.8、1/2倍の暴挙

Img_0557


Img_0560


Img_0562


絞り解放、(レンズ本体のみでの)ほぼ最短距離、しかも手持ち。
お気楽マクロ撮影にも程がある!?(^^;

・・・レンズROMが古い世代なので、絞り解放以外では撮影できず...
(電気連動絞りの最たる弊害ですな)

 DATA:EOS 10D+SIGMA 90/2.8macro、iso100、F2.8、AWB

続きを読む "F2.8、1/2倍の暴挙"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「休みたいなら辞めろ」!?

言いたいことは判るのですが...

リンク: 「休みたいなら辞めろ」発言は暴論?正論? ネットで波紋広がる - 速報 ニュース:@nifty.

決して影響力の小さくない経営者が、公の場で言うべき言葉では無いと思います。
社員の立場の人が、その位の気合いで頑張るってのは”良い話”だと思いますけど。

「勤勉さ」と「誠実さ」が日本の労働力の美点だと思いますし、そういった事の原点は「滅私奉公」だと思いますけど、とは言え経営側から強制されるのは「強制労働」と同じ様なモノです。

全く無駄がないってのも、相当の息苦しさやプレッシャーが有る話ですし、訳有って休み取る必要に迫られる事も有るかと思います。
ましてや子育て中や介護では休まざるを得ない場合も多々有るでしょう。
そういった場合、極力周りに迷惑や負担を掛けない様に注意する必要は有りますけど、有る程度は周りからの協力を貰える社会になれば良いなぁ。(もうすぐ介護世代σ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.21

恋焦がれて十数年...

漸く良縁に恵まれました。(^^;

Z1p


思えば、ペンタのAF機で初めて「欲しい~!」と思わさせられ、でも経済的理由から中古のZ-1買って十余年。
(決してZ-1も嫌じゃないんですが・・・)

もはやコレを超える機体は望むべくも無いので、絶版後ずっと探しては居ましたが、金額と程度と財布の軽さがナカナカ釣り合わず今日に至った次第。

時代が変わり、もはやフィルムを使うカメラは「過去の遺物」扱いされてるので、随分と気楽に買える様になったもんです。


無理矢理時間を作って見に行った中古カメラコーナー。
大して期待してなかったのに、欲しいモノが有るわ有るわ。
自由に使えるお金が10万、いや20万ほど有れば、欲しいもの片っ端から漁ってた事でしょう。(^^;

小一時間悩んだ挙句、この結末。

ホントはEFマウントの広角系探しに行ってた筈なんですが。
(しかも良いのが有ったのに...(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.20

いちご

今年は、豊作の予感。
親の口にも入るか!?(^^;

Img_0434


| | コメント (0) | トラックバック (0)

チロルチョコドリンク

チロルチョコドリンク
コレの味を作った人は、ホントに凄いと思う。

見事に″チロル″な風味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.13

2008年のサクラ・その3

しつこく引っ張って申し訳ないです。(^^;

Imgp7031


Imgp7037


Imgp7052


 DATA:*istDL+DA18-55/3.5-5.6、iso200、AWB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年のサクラ・その2

Imgp6948


Imgp6950


Imgp6970


Imgp6996


Imgp7004


Imgp7034


 DATA:*istDL+DA18-55/3.5-5.6・A50/2.8macro・TAMRON70-300/4-5.6、ISO200、AWB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.12

2008年のサクラ

市内は、もう散っちゃいましたので、先週のを。

Img_0339


Img_0369


Img_0396


 DATA:EOS10D+TokinaAT-X304・EF24-85/3.5-4.5、ISO100、AWB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通天閣、くいだおれ買い取り打診

個人的には、くいだおれ人形は通天閣で引き取られるのが良いと思います。

リンク: asahi.com:「太郎、守ったる」 通天閣、くいだおれ買い取り打診 - 社会.

流石に引く手数多のようですが、折角今まで大事に育てられて来たキャラクターなので、金儲けや人寄せの為に乱売される事は無い様に祈ります。(-人-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.11

富士重、軽自動車から撤退

結構ショッキングなニュースでした。

リンク: スバル富士重、軽自動車の開発から撤退(レスポンス) - Yahoo!ニュース.

やはり株主様(ト○タ)の意向なんでしょうね。

富士重は、日本車には珍しく拘りと明確な意思の感じられるブランドでしたが、拘り料を価格転嫁しにくい軽自動車からは撤退させて、値段に転嫁しやすいであろうスポーティー車に狙いを定めたんでしょう。

確かに、軽なのに4気筒やら独立懸架やら、やたらとお金の掛かってそうな造りしてましたから、”真っ当な経営”してる所からは異常な光景に見えたんでしょうね。(とどめにR1/R2の売れ行きか?)
その分、拘り持った買い手やユーザーサイドには魅力タップリのメーカーでしたが、一般大衆にとっては”どうでもいい事”だったという所でしょうか。
(個人的には、軽トラだけでもスバルの方を残して欲しかった...)

でも、ソコソコ売れている軽のマーケットを捨てて、売れるかどうかも判らない(少なくとも実績の無い)スポーティー車に切って出ようというのですから、富士重にとってみれば大博打を打った(打たされた)感じがします。

幾らダイハツ車をスバルブランドで供給して貰えるとは言え、ディーラー網にとっては売れ筋のタマが無くなるのは辛い所だろうと思います。

・・・と思っていると、

リンク: スバル富士重、国内販売網を再編、販社を半減 | Response..

・・・ということで、ディーラー網も処分されるようです。

何年かしたら、生き残ったスバル車も、ネッツ店とかで扱われるようになるようになるんでしょうか....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散ったサクラ

散ったサクラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.10

サクラのシーズンも終わり

サクラのシーズンも終わり
終わりの雨になりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.07

R35 Rock&Pops

こういう狙い撃ちされてる様な企画はどうも・・・と思いながらも、買っちまいました。(思う壺)

確かに'80年代に洋楽を聞いてた様な人には「王道」の楽曲だと思います。
Rock discのほうは、一寸サントラ盤みたいな雰囲気ですが...(流石ワーナー)
ステレオの前でジックリ聴くアルバムでは無いと思いますけど、クルマの中なんかで聞くには丁度良さそう。

今聴き返すと、良い意味で能天気な、すっきりとした清涼感が感じられます。
'70年代の混沌から吹っ切れ、'90年代以降の経済乱高下の前の、一時の晴天だったのかも知れません。

実際、ラジカセでエアチェック(死語)してた時と比べて実にクリアで、昔は聞こえなかった様な音も聞こえます。
ま、昨今のリマスターとかで、微妙に音源も変わってるのかも。

'80年代を知らない若い人(←言いたくない言葉)にも、当時の雰囲気の一端が垣間見れるかも。



さて、このCD、前述のとおりクルマで聞こうと買ったのですが、管理人のクルマ(一号車)にはCDプレーヤーは付いてません。(T_T)
また、CD規格の限界まで各ディスクに曲を詰め込んであるので、カセットテープ(これも死語?)に落とすにも中途半端...
・・・もっとも、カセットデッキも今壊れてて修理待ち... (修理待ちの機材ばっかり増えて、修理が追いつかん...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.05

デジカメはフィルムを買っている!?

確かに”デジタル”って、金食い虫だと思います。

リンク: 第354回:最近のデジカメ地獄に一言 カメラはフィルムを買っている!.

なるべく小コストがモットー?の管理人でも、デジタルはソレナリにお金掛かるな~と思ってますし、パソコンを含めた周辺機器の賞味期限も短く思います。
歴史が浅い事もありますが、間違っても数十年前の機材が現行品と互角に使えるだとか数千円で買ったレンズが驚くような写りをしてくれたりといったビンボー人には痛快な事象は先ず期待できないです。


写真に限らず、デジタル化してアウトプットがデータだったりすると、とかく安く買い叩かれる傾向があります。
件の記事のように上手く減価償却分を上乗せし難いって話もあると思いますし、デジタル化に伴って末端の作業者は確実に作業量が増えるんですけど、その分の人件費をナカナカ認めて貰えないって事もあると思います。

確かにデジタル化ってのは、トータルの作業量やランニングコストを減らせますし、作業の自由度上がってアウトプットの質を上げる効果が有ると思いますけど、作業量が特定の所に偏る傾向がありますし、定期的に全工程で一斉に設備投資を強制される傾向が有るようにも思います。

その辺が、お金(指示)出す側と現場とで認識にズレ有る様には感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »