« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.05.31

SHM-CD

SA-CDがイマイチ普及していないから、という事では無いと思いますが、従来規格のCDで音質改善版が何時の間にか出ていたようです。
アナログレコード末期に、肉厚重量盤ってのがありましたが、そんな感じでしょうか。

リンク: SHM-CD SHM-CDとは?.

肝は、透明樹脂(ポリカーボネイト)部分の透明度と異常屈折の少なさのようです。
信号の読み取りミスを少しでも減らす、という事なんでしょう。

早速、店頭で見かけた”お試し版”を試してみました。

リンク: SHM-CD Super High Material CD.

ワーナー・オールスターズみたいなオムニバス盤で、コレで1000円(しかも通常CDとSHM-CDの2枚入り!)は安いと思います。


で、音の差ですが・・・確かにSHM-CDの方が音は良いと思います。
雑味が無い感じで、ヘッドフォンでボリューム上げてもキツくないです。

・・・が、このCD、通常CDでも相当に音が良いです。
最新録音でも無いのに、これだけ音が出せるんなら、SHM-CDみたいにハード素材弄る前に未だマスター音源作りや製造で改良できるモノも少なくないんでしょうね。
(更なる一手、としてはSHM-CDという選択肢でね)

もうチョット、他のSHM-CDを聞いてみたい所です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジ時代の50mm F1.4

かつては50mm F1.4といえば、何処のメーカーでもボディと一緒にカタログの表紙を飾る看板レンズでしたが...

めっきりズームレンズに隠れて地味な存在となっていましたが、APS-Cサイズのデジ一眼がアタリマエになってくると、手頃な中望遠レンズとしての需要が出てきました。

お陰で、35mm判一眼レフ用としては、久々の新製品が出てきました。
デジを開発初期から視野に入れている製品としては、初の50mmレンズになりそうです。(マクロ除く)

リンク: 50mm F1.4 EX DG HSM 発表  株式会社シグマ.

チョット微妙な値段ですけど、新設計の中望遠レンズとしては妥当な所でしょうか。
今後に続ける為にも、頑張って売れて欲しいと思います。

(管理人も欲しい... 買うならEFマウント版かな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.26

父の日 「何も贈らない」

・・・ま、そんなもんでしょう。(^^;

リンク: 父の日のプレゼント 「何も贈らない」が半数以上 - 速報 ニュース:@nifty.

管理人自身も、親には何も準備してませんし...

子供にだけ期待してはイケマセンね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.25

カブ、累計生産6千万台に

うちにも何台か居ましたが、ホントに大したモノです。

リンク: asahi.com:ホンダのカブ、累計生産6千万台に 世界最多記録を更新 - 愛車.

少しずつ改良が有ったとはいえ、半世紀もの間 第一線の商品として活躍できる性能が有るというのは、ナカナカ出来る話じゃゴザイマセン。
基本設計が優れていたこともあるんですが、登場時には恐らくトンデモ無くオーバースペックだったろうと思いますので、それを販売させた(スペックダウンさせなかった)社内外の財務/経営関係者に敬意を表します。
(いくら当時のホンダがワンマン社長だったとはいえ、設備投資やら販売網やら、課題は多かったと思います)


Img_0965

コレはOHCになってからのC50初期型ですね。縮尺 1/24。
(所謂”食玩”ですけど、いきなりコレが当たったので他は手を出さず)
結構良く出来てると思います。今風なヘルメット被ってるのはご愛嬌...
(誰も当時クロムウェル風お椀ヘルなんて被って乗ってませんって!?)

今に続くカブのデザインの完成形です。(近年、この時代の雰囲気を真似た復刻版?も出てました)
ウチには、一時期C65初期型(=初のOHCカブ)が有りましたけど、ハンドルポストより下にヘッドランプがあるOHV時代と同じ様なカタチでした。
カタチはそっちの方が可愛いけど、工業製品的完成度はC50以降のカタチのほうが優れてますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後部座席ベルトしないと・・・

クルマの後部座席に人を乗せるとき、「シートベルト、してね!」とお願いしても、して貰えない事は しばしばです。
オトナも子供も...

特に、子供が「後ろの席では、シートベルトしなくて良いって、おとーさん(おかーさん)に言われたもん!!」と言われたら、それ以上きつくは言い辛いものがあります。
法規制されたら言い易くはなるんでしょうけど・・・それでも聞かない人は聞かないだろうし、けれど違反点数引かれるのは運転者なんですよね...
(だから多人数乗り自動車は、あまり持ちたくない)

リンク: asahi.com:後部座席ベルトないとこうなります 警視庁が実験 - 愛車.

自分だけは事故に遭わない気で居る人 沢山居ますが、リスクを少しでも減らす選択(シートベルト着用)をするのは、言われたから/強制されたからでは無い話だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.19

電球形蛍光灯を試してみる

近頃は、温暖化防止の手段の一つとして、白熱電球を電球型蛍光灯に替えさせよう、という話があります。

リンク: (5/12)電球形蛍光灯の普及促進――家電業界がフォーラム設立-ニュース:日経Ecolomy.

大手ブランドも、各社白熱電球の製造打ち切りを発表されてます。
・・・ま、こちらは単価を取れず利益も薄いであろう白熱灯をサッサと止めたいという思惑も有るんでしょうけど。

個人的には、蛍光灯もレスポンスや光量の変化、点灯回数による寿命、微量ながら水銀を使うことなど、現状では見劣りのする部分が有ると思います。
短い点灯時間で且つ直ぐに点く事を求められる場所、例えば玄関やトイレ、普段消灯している廊下などでは、蛍光灯化するメリットは無いと思っています。

でも、今後の事を考えて一度電球型蛍光灯を使ってみたいと思っていましたら、ノーブランド中国製で¥198というのが有りました。(60W白熱灯相当)
・・・とはいえ、玄関やトイレ以外に白熱球使った照明機器なんぞ殆ど無い我が家では、ハテサテ何処に使おうか...

結局、風呂場が白熱灯だったのを思い出し、交換してみました。
ココなら、点灯回数も点灯時間も、交換するメリットあるでしょう。

・・・しっかし、流石は¥198。
白熱灯外してクルクルっと捻じ込んだら、点灯しない...
オイオイ・・・と思って僅かに緩めかけたら、点灯。(-_-)
ま、(地震でも無い限り)実用上影響ないだろうと判断し、微妙に緩んだ状態で防水シェードを装着。(^^;

実際使ってみると、スイッチONから僅かに遅れて点灯、その後徐々に明るくなっていきます。
電球色って事でしたが、思いの外 色温度が高く、取って付けた様なオレンジ色じゃ無いのは好感持てました。
(大手ブランド品でも、チョット許せないもの有り)
ただ、暫く連続点灯してると、ドンドン色が白く(色温度高く)なっていく...
また、コレは致し方ない所ですけど、光源が白熱灯より広がるので、シェードの光り方が変わってしまいますね。

コレ1個で来月から電気代が変わるとは、とても思えませんが、寿命や劣化の仕方を見てみたいと思います。
(それには最適なサンプルでしょう>¥198)

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008.05.15

「アイワ」終了

良心的な価格と、魅力的なスペックで、昔は何度もお世話になりました。

リンク: 「アイワ」終了 ソニー、製品出荷を完了 - 速報 ニュース:@nifty.

ソニーに取り込まれ、廉価版ブランドになってしまってましたが、もはや廉価商品はブランドなど不要、という事なのでしょう。
そもそも、新興国の工業製品が台頭して来ている中で、日本企業が廉価ブランドでは充分な利益を上げる事は難しくなってるのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.11

テントウムシの幼虫

Imgp7208_2


Imgp7220


Imgp7221


Imgp7235

  DATA:*istDL+Bellows-Takumar 100/4 + Bellows Unit II、AWB、iso200
     (接写リングSセット No.2、マウントアダプターK使用)


天然農薬ってことで。(^^;

ピント合わせも大変ですけど、チョットでも風吹いたらファインダー像から消失するし、何より被写体がジッとしてくれない...(^^;;
数打つ作戦はデジ様々ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒマワリの新芽

外部のサーバに入れてみました。

IMGP7198
IMGP7198 posted by (C)kamekame

 DATA:*istDL+Bellows-Takumar 100/4 + Bellows Unit II、AWB、iso200
     (接写リングSセット No.2、マウントアダプターK使用)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

接写は、楽し♪

Imgp7177


Imgp7181


Imgp7170


 DATA:*istDL+Bellows-Takumar 100/4 + Bellows Unit II、AWB、iso200
     (接写リングSセット No.2、マウントアダプターK使用)


比較的ファインダー像のマシな*istDLですが、流石に等倍超えるとピントの山が見辛い...
Bessaflexでも見辛い&暗いので、やはりこのベローズ使うにはLXに勝るボディ無いです。

露出もピント位置も段階露光・・・。(^^;

Img_0787

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.10

二十数年前の夕景

Photo

二十数年前の大阪。
今じゃ、この辺もだいぶ変わってる事でしょう。

DATA:多分LX+M28/2.8、KR Canoscan9900F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチゴ初収穫

今年の初収穫。

Imgp5574


Imgp5581


とりあえずは、3個。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.09

K10D/K20D グリップラバー交換改造開始

昔、LXのグリップAを一所懸命削った記憶が甦ってきました。

リンク: K10D/K20D グリップラバー交換改造開始のお知らせ|PENTAX.

昔のモータードライブ付きカメラの如きグリップ形状になります。
手の大きな人にはウレシイ改良だと思います。
無論、手の小さな人にはオリジナルのほうが良いんでしょうけど、こういう顧客サービスやってくれる姿勢は旧来ペンタ社の良い点だったと思いますんで、HOYA社になっても頑張って続けて行って欲しいです。

管理人の場合、先ずはグリップ改造できるボディの方を入手しないと・・・。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.07

フィルムカメラ、統計公表とりやめ

時代の流れと言ってしまえばそれまで、なんでしょうけど...

リンク: asahi.com:フィルムカメラ、市場縮小で統計公表とりやめ - ビジネス.

2008年1月のフィルムカメラ生産台数が1580台ってのは、正直ビックリでした。
(出荷数はもう少し多いので、在庫が有ったのか?)

デジが伸びてる一方、既に必要な所には行き渡ってるので、フィルムカメラの新品流通数が少なくなってるのは予想できましたが、ここまで少なくなると商業的に成り立たなくなってると思われます。
多少は文化貢献的に頑張って貰えるメーカーさんも有るでしょうが、完全撤退されてもオカシクない様な状態では先行きに不安を感じます。
(機材は修理しながら・・・というのも有りですが、新しい需要を増やせない状態では感材の流通が不安)

今後は既存ユーザーの代替需要やらデジから入った人の寄り道(?)需要もあるでしょうから、多少回復する可能性もありますが、何にせよ無くなって困るor寂しいと思う人は極力応援票を投じておく必要があると思います。
せめて、感材だけでもソレナリに使っておかねば...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.06

スーパーアグリ、F1撤退

やはり資金が上手く集まらなかったんですねぇ...

リンク: asahi.com:スーパーアグリ・ホンダ、F1撤退 琢磨は去就未定 - スポーツ.

ナショナリズムって訳じゃ無いですけど、日本の技術力やマネジメント力を下支えする意味で、頑張って欲しいと思ってましたが、不景気風吹いてるとはいえ”無駄金”出さない日本の企業にも寂しいモノを感じます。

ま、結果出してナンボの勝負の世界ですから、仕方の無いところではありますが、”ひょっとしたら大化けするかも?”という所に、資金や技術を注入するところが、(エンジンを提供しているホンダ以外にも)出てきて欲しかったとも思います。

何にしても、管理人にとって最近余り面白く感じないメジャー系モータースポーツの雄が、更に興味薄くなった気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.05

なぜ、あなたの会社にはこれが作れなかったのか?

従来からの延長線ではなく、ブレークスルーの結果ヒット作となった商品の開発者に焦点を当てたドキュメントです。

まぁ、かつての”プロジェクトX”みたいなモンと言う感じです。
一寸ドラマチックに脚色してある気がしますが...

無論、ココに出てくる以外にも、沢山の人たちの努力が有って商品が出来てきてるんでしょうけど

なんにしても、無難に及第点取るばかりではなく、新しいアプローチをしていく事は将来を見据えると大事ですから、どんどん光を当てて応援していって欲しい所です。
(勿論、”運”に恵まれずヒット商品にならないモノも沢山あるんで、それらの功績も忘れちゃイカンです)


アイが取り上げられてたんで買った本ですが、一技術者として これらの様な商品を純粋に応援したいところです。
(実際、我が家で買ったり良いなあと思ったりした商品が沢山出てる事...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

端午の節句

・・・ということで、柏餅。

Img_0707


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.03

「いつもの通り」とは行き難い世の中に...

少し前に行きつけの書店が閉店したと書きましたが、前後して行きつけの理髪店も閉店されました。
こちらも、高齢の為との事ですが... (身体も壊されたそうな)

管理人は散髪がキライです。

勿論、スッキリするのは気持ちいいんですが、暫くじっとしていないとイケナイのが辛い...
動けないと思うと、妙にあちこち痒くなったりして・・・。(子供か!?σ(^^;)
また、「長さはどうします?」「分け目は?」「裾は?」「揉み上げは?」・・・と、さして髪型に拘り持ってないのに事細かに聞かれるのが鬱陶しくて...
(とはいえ、カタログ写真で選んだり、タレントの誰々みたいに・・・なんてのは管理人的には論外)

ここ十数年は、大体の長さ(短めとか普通とか)を言えば、あとはお任せでOKだったんですが...

とはいえ、伸び放題という訳には行かないので、とりあえず格安を売りにした理容チェーン店に行ってきました。
見事な分業&機械化... (とても工業的な高効率さ)
散髪代は今までの半分近くで済み、家計からは歓迎されていますが、前述の通りの鬱陶しさが...
(洗髪するかどうかまで聞かれる始末...)
ココで「いつもの通り」とは、余程頻繁に行かない限り無理でしょうな。

安いので、これからもココに行く事にせざるを得ないと思いますけど、毎度鬱陶しそうだし仕上げも値段相当だしで悩ましい所です...

 
管理人行きつけの所が、次々と廃業されていくのは、丁度そういう世代交代の時期になってるんだろうとは思うのですが、でも新しい世代が出てきている訳でも無いのが寂しい所です。
(以前、パジェロを出していた自動車やさんも、高齢で廃業されたそうな)

大手大規模店しか生き残れないってのは、その寡占状態の大手が撤退したり倒産した時には一気に絶滅してしまう話なので、チャンと多様性を保てるような棲み分けが出来る社会環境が確保されて欲しいと切に願います。

あと無くなられて困る”行きつけ”といえば写真店さんなのですが、こちらも店主がそれなりの御歳になって来てるのと昨今のこのギョーカイの状況を考えると、いつかは覚悟しておかないとダメでしょうね。
(既に集中ラボ関係は非常に寒い状況...)

そういえば、キタムラのカウンターに貼ってあったのをチラッと見たのですが、京都カメラサービスも廃業された模様。(詳細ご存知の方、居られたらフォローください!)
ココも、前述の写真店さん経由で、何度か修理やらレンズのOHやらカビ取りやら お世話になりました。
これから(メーカーサポートの効かない様な変な機材は)何処に出されるのかなぁ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べ残し料理を別の客に

かつて、低価格が売りのチェーン店で「使いまわし」の風説が流布されていましたが... (^^;
数倍、いや数十倍の単価取ってるような所が平気でやってるという感覚がビックリです。

リンク: asahi.com:船場吉兆、食べ残し料理を別の客に - 社会.

ま、哲学も何も無く、利益さえ上がれば良し、という極端な経営センスだったんでしょうけど。
でも、最近そういう経営センスが幅を利かせてる気がするので、こう言った行為がアタリマエにされない事を祈ります。

(但し、基本は残飯出ない様に注文&食べきるのが大前提!)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »