« 食べ残し料理を別の客に | トップページ | 端午の節句 »

2008.05.03

「いつもの通り」とは行き難い世の中に...

少し前に行きつけの書店が閉店したと書きましたが、前後して行きつけの理髪店も閉店されました。
こちらも、高齢の為との事ですが... (身体も壊されたそうな)

管理人は散髪がキライです。

勿論、スッキリするのは気持ちいいんですが、暫くじっとしていないとイケナイのが辛い...
動けないと思うと、妙にあちこち痒くなったりして・・・。(子供か!?σ(^^;)
また、「長さはどうします?」「分け目は?」「裾は?」「揉み上げは?」・・・と、さして髪型に拘り持ってないのに事細かに聞かれるのが鬱陶しくて...
(とはいえ、カタログ写真で選んだり、タレントの誰々みたいに・・・なんてのは管理人的には論外)

ここ十数年は、大体の長さ(短めとか普通とか)を言えば、あとはお任せでOKだったんですが...

とはいえ、伸び放題という訳には行かないので、とりあえず格安を売りにした理容チェーン店に行ってきました。
見事な分業&機械化... (とても工業的な高効率さ)
散髪代は今までの半分近くで済み、家計からは歓迎されていますが、前述の通りの鬱陶しさが...
(洗髪するかどうかまで聞かれる始末...)
ココで「いつもの通り」とは、余程頻繁に行かない限り無理でしょうな。

安いので、これからもココに行く事にせざるを得ないと思いますけど、毎度鬱陶しそうだし仕上げも値段相当だしで悩ましい所です...

 
管理人行きつけの所が、次々と廃業されていくのは、丁度そういう世代交代の時期になってるんだろうとは思うのですが、でも新しい世代が出てきている訳でも無いのが寂しい所です。
(以前、パジェロを出していた自動車やさんも、高齢で廃業されたそうな)

大手大規模店しか生き残れないってのは、その寡占状態の大手が撤退したり倒産した時には一気に絶滅してしまう話なので、チャンと多様性を保てるような棲み分けが出来る社会環境が確保されて欲しいと切に願います。

あと無くなられて困る”行きつけ”といえば写真店さんなのですが、こちらも店主がそれなりの御歳になって来てるのと昨今のこのギョーカイの状況を考えると、いつかは覚悟しておかないとダメでしょうね。
(既に集中ラボ関係は非常に寒い状況...)

そういえば、キタムラのカウンターに貼ってあったのをチラッと見たのですが、京都カメラサービスも廃業された模様。(詳細ご存知の方、居られたらフォローください!)
ココも、前述の写真店さん経由で、何度か修理やらレンズのOHやらカビ取りやら お世話になりました。
これから(メーカーサポートの効かない様な変な機材は)何処に出されるのかなぁ...

|

« 食べ残し料理を別の客に | トップページ | 端午の節句 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/41081247

この記事へのトラックバック一覧です: 「いつもの通り」とは行き難い世の中に...:

« 食べ残し料理を別の客に | トップページ | 端午の節句 »