« 環境省「エコ偽装」商品許さぬ | トップページ | パジェロ・ディーゼル考 »

2008.09.27

2台目MX その後

思わぬ衝動買いしてしまったMXですが、一呼吸置いてユックリ見直してみると、やはり見えてくるモノが有りますね...

ボディの程度は、第一印象の時から余り変わりません。
トップカバーの小さな凹みや傷は有りますけど、酷使されてた形跡も放ったらかしにされていた形跡も無く、変な音もせず、モルトも数年内に張り替えられた様なシッカリしたもので、総じてコンディションの良い個体だと思います。

ワインダーは、随分綺麗な個体だなぁ、と思っていたら、本体の角や底など、剥げそうな所に筆塗りでペイントされていました...(しかも塗り方 下手くそ)
でもまぁ、動作音は かなり滑らか(今まで3台中一番)なので、これも良しとしましょう...
実用品ですしね。


気を取り直して、触り回していると、ASA感度ダイアルが変な所になってるのが気になりました。
(ASA(ISO)80なんて、コダカラーII以来じゃない?)

・・・もしや、と思ってスクリーンを外してみると・・・やっぱり。
SC21の文字が有りました...
そうです、LX用の奴です。道理でMXにしちゃあファインダー明るいと思った。(-_-)
今思えば、この辺で「現状渡し」になってたのかな?

これだと大体1/3EVくらいの露出差になるんで、ISO100のフィルムを使うなら前記のとおりASA感度ダイアルを80にしとけばOKなんですけど、50mm F1.2とか開放F値が4より暗いようなレンズだと、もう少し誤差が大きいかも知れません。
(ま、一度比較してみれば良いだけの話ですけど)

と言う事で、MX用の正規のスクリーン、探さないと...
(スクリーン無事なジャンクボディが有れば手っ取り早いかも)

Mx_mx

 銀と黒。

ボディとワインダーを取っ替え引っ替えしてみました。
個体差というか、コンディション差なんでしょうけど、同じ前期型ボディと同じ後期型ワインダーでも、シャッター音も自動巻き上げ音も違います。
2×2で4通りの動作音。

 

それにしても、今更ながらにファインダー像の大きさ・広さ・ピントの見易さが感激モノです。
今時のデジ機は、例えフルサイズでも こうは行かない...

一部に眼鏡掛けたら見辛いとか言われてましたが、コレがデフォルトな管理人の様な人間には、特に気になりません。

|

« 環境省「エコ偽装」商品許さぬ | トップページ | パジェロ・ディーゼル考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/42613251

この記事へのトラックバック一覧です: 2台目MX その後:

« 環境省「エコ偽装」商品許さぬ | トップページ | パジェロ・ディーゼル考 »