« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009.02.28

代車、ミニカ。

早いもので、初回の車検となりました。
いつもの事ながら、代車が楽しみだったりするのですが、今回は意外(?)なクルマでした。

Minica1

現行(?)ミニカ。一応5ナンバー。(^^;
我が家に居た奴の次の型になる訳ですが、バブルの余韻を引き擦っていた前モデルと違い、如何にもバブルが崩壊したシンプルさ(貧乏ったらしさと言ったら怒られるかな)が感じられます。

ボディサイズの規格が拡大されたので、実用域での走りっ振りをキープする為と、恐らくはコストダウンで前モデルでは4気筒だったエンジンが3気筒の旧世代エンジンに戻ってます。
まぁ、軽の排気量(660cc)で4気筒ってのは、チョット単室容積が小さすぎる気がするので妥当なところでは有るのでしょうが、手直しされてるとは言え旧世代の3G83エンジンに逆戻りした結果、運転フィーリングまで前々世代へ逆戻りしてしまった様に思います。
前に借りたミニキャブなんかでも思ったのですが、この3G83エンジン+3速ATは、ギアやバネの集合体が回転している様な、良く言えば有機的な機械らしさ、悪く言えばフリクションの多そうな粗雑さを感じます。
セルを回したらボディ全体が揺すられる様な感じや、セルの回る音自体も、何だか懐かしい感じ...

ATなのに、丁度クラッチの少し滑ってるMT車の様に、アクセルから足を離したら直ぐに減速し出すのは、速度はコントロールし易いものの昨今の省エネ最優先のクルマ達と較べたら違和感有るかも知れませんし、何より燃費を考えたらフリクションを減らすなり減速比を小さくするなりすべき所かも知れません。

とはいえ、走りっ振りはノンターボの3速AT車としては良いと思います。
実用域では充分にトルク感があり、また同じエンジンのeKワゴンやミニキャブ辺りよりは軽いボディのお陰で飛ばさない限りは(軽自動車としては)非力さは余り感じませんでした。(ターボ付きなアイと較べると随分と非力ですが)
試しに、4気筒+3速ATな旧ミニカではアクセル全開でも1速で25km/h程度しか出なかった急な坂道を登ってみましたが、ちゃんと2速にシフトアップする上に、40km/hくらいまで出てくれました。

その代わり、平坦路でアクセル開けて高回転まで引っ張ってみても、音と振動が喧しくなるだけで感激的なパワーの盛り上がりは皆無です。
この辺り、回せば回しただけパワーの出ていた4気筒ミニカとは対照的な性格です。
ただ、実用車としてはこちらの3気筒ミニカが正解かと。
ドッチが欲しいと言われると、管理人的には旧い方ですが。

走りの性格も実用車ですが、内外装に至っては「営業車」以外に形容詞が思いつきません...
旧ミニカは、多少は色気出した形跡有ったのですが。

特に、インパネ周りが・・・

Minica2

ハッキリ言って、酷すぎます...
計器類は、廉価版の原付スクーターみたい。(今どき水温計が付いてるのはポイント高いですが)
全く色気も素っ気も無い内装にも、実用(+コスト)最優先な感が漂います。
千円安くするのに、5万円くらい安く見える様になってる気がします。


安さ最優先のクルマに、いちいちケチつけるべきでは無いと思いますし、軽自動車の本道としてはこちらだとは思うのですが、それにしても清貧さとか機能美とかがもう少し欲しい気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.25

「206」復活!?

プリウスも、モデルチェンジ後に現行(旧)モデルを廉価版として残す様ですが...

リンク: 「206」復活!? 「プジョー206+」がデビュー.

特に欧州小型車が、モデルチェンジの際にあまりに肥大化・高級化し過ぎた所へ急激な経済悪化が来てしまったので、従来のユーザーを引き留めておけなくなってるんでしょう。

個人的には、最近の欧州車(と欧州に色目使った日本車)の拡幅バブルは好ましくないと思ってましたので、従来サイズの選択肢が出てくる事は、同様な考えを持つ方にとって朗報だろうと思います。

いまどき新型になったからと言って、見た目以外が劇的に良くなってる事は少ないでしょうし、旧世代のものでも充分以上の実用性は有るんですから、廉価版として、またはボディサイズの序列を埋めるために旧モデル続投というのは増えてくる話なのかも知れません。

でも、作る現場としては、新旧2種類を作り分けていくのって面倒な事なんだろうな、と思います。
ま、今なら作る総数少なくなってるでしょうから、多少効率落ちたり在庫部品増えたりしてもオッケーなんでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.23

天神さんの梅

3回に分けて引っ張ってしまいました。(^^;

Imgp8791


Imgp8798


Imgp8803


続きを読む "天神さんの梅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動車関連減税に思うこと

どうやら今年の四月以降、”エコ”なクルマには大幅減税が待っているそうな。

リンク: 自動車関連税 環境車購入促進で税免除も  - MSN産経ニュース.

多分、選挙を狙っての環境&景気の二兎を追う対策なんでしょうが...

排ガスがクリーン(または出ない)で低燃費(低CO2)なクルマが悪い訳無いんですが、どうも今回の減税でレクサスハイブリッド辺りも自動車重量税と取得税が只になる、というのにオドロキました。
プリウスはともかく、エスティマハイブリッド辺りなら未だエネルギー効率という意味で優遇されるのは妥当かと思うのですが、カタログ燃費で10km/Lも走らない、5人しか乗れない乗用車が”エコ”だから税金払わなくて良い、ってのは解せません!
(減免されない様な1.5Lクラスのセダンの方が、余程”エコ”だと思う)

基準燃費が車両重量クラス別になってる故のマジックなんですが、せめて乗車人員or貨物積載量あたり何L/kmみたいな縛りを設けといて欲しいところです。

レクサスのハイブリッドについても、コストの縛りが緩い中で最新テクノロジーを研鑽する重要な役割は有ると思いますし、あるべき商品だろうとは思います。

・・・が、こんなのをエコと持ち上げる事には違和感を覚えます。
(景気対策としては、高額商品が売れることは美味しいんでしょうが)

そもそも、今の自動車税減免の奴でも、同じクルマ/同じエンジンでもオプション組んだり装備多い方にして車両重量が増えたら減免されるという、本来の目的からすれば本末転倒です。

ハイブリッドや電気自動車じゃ無い従来からの内燃機関車も、最新最高の排ガス規制レベル&額面低燃費であれば減免の対象となるみたいですが、これも下手すれば書類上の燃費スペシャルみたいな、実際には使いモノにならないクルマが蔓延する可能性をはらんでいると思います。
少なくとも、カタログ燃費は悪いが実際にはそんなに悪くないクルマだとか、カタログ燃費は少し悪いが使い勝手やフィーリングの良いクルマだとかは淘汰される可能性は高そうです。

ホントに環境負荷減らす事を考えたら、自動車取得税上げて且つ燃料への環境負担税掛ける(道路特定財源は止めて)のが適切だと思うんですが。


・・・今でもペナルティ増税受けてる”反エコ”なクルマ乗ってる者のぼやきでした...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.22

デパオク遊園地 絶滅寸前

時代の流れ、と言ってしまえばそれまでなんでしょうが...

リンク: デパオク遊園地 絶滅寸前 子供の歓声消え閑散 少子化や遊び多様化で - 速報 ニュース:@nifty.

以前、記事にしましたが、ウチのチビ達は随分とお気に入りでした。
TVゲームの方が良い、って子供も少なからず居るんでしょうけど、行く前から親が「詰まらんから止めときな」とすり込んで興味を捨てさせてる部分も有る様な気がします。

昔ながらの(純粋に子供連れをターゲットとした)遊園地もドンドン無くなってますし、経済優先の流れの中で内容的にも経済的にも、安心して遊ばせられる施設が減ってると感じます。

辛うじてウチのチビ達は体験させてやることができましたが、もうその次の世代は百貨店に子供向け施設が有ったなんて事知らなくなっちゃうんですね。
近場から完全に無くなる前に、もう一回くらい連れてってやるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.21

天神さんのネコ

Imgp8842


Imgp8845


Imgp8846


Imgp8847


Imgp8849

 DATA:*istDL+FA77/1.8Ltd.


多分、普段から不特定多数の人に餌貰ってるんでしょうね。
見てる間に数が増えてきた...
健康状態も良さそうだし。

どれも似たような顔立ちしてるので、兄弟なんでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そろそろ梅の時期

我が家のも、咲き出しました。

Img_3717


Img_3720


Img_3722

 DATA:EOS-10D+SIGMA 90/2.8 Macro、F2.8、ISO100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大丸、そごう本店買収

元大阪人としては、寂しい限り...

リンク: NIKKEI NET(日経ネット):大丸、そごう本店買収 370億円強で合意.

大丸とそごうといえば、管理人の子供の頃くらいまでは別格の存在でした。
買い物しなくても、入るだけで違う空気にウキウキしたものでした。

ライバル二軒が隣り合ってるからこその切磋琢磨や緊張感も有ったでしょうが、これからは心斎橋vs梅田や難波、となるんでしょうか。

何にしても、瓢箪から駒で超巨大店舗となる大丸 心斎橋店に期待しましょうか。
(おいそれと何か買い物に行ける所でも無いですが)

大丸、建て替えてなくて良かったねぇ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天神さん

天神さん
こんな感じです。
来週半ばがピークかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.15

雨上がりの河原で・・・

滅多に出番無い望遠レンズの虫干し。
(・・・って、干せるのか、この天気で)

Imgp8582


Imgp8583_2


Imgp8593


続きを読む "雨上がりの河原で・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Chocolat Cru

作られた風潮に流されるのは、あまり好きでは無いですが...
でも、チョコは好きなので、まぁ流されておきましょう。

家族で食べるのに、前から食べてみたかった生チョコのケーキを奮発。

C_cru

この手の(高級な)チョコレートケーキって、洋酒が効いてたり苦みが強かったりで、子供受けしないのが多いんですが、コレは大人向けな上品な甘さ&スルッと入っていく食べやすさが有ります。
単一品種のカカオを使ってるとの事で、シングルモルトの如くストレートな味です。

誤算は、前述の如く子供受けしない事を期待してたんですが、口当たりが良いので子供らの食い付きが良く、取り分増えることを見越してたのに逆に取られそうな事態となってしまいましたとさ...


リンク: 洋菓子のバイカル|京都老舗洋菓子店。バイカルはこだわりスイーツ(ケーキ)が一杯!オンラインショッピングでもバイカルの味を購入できます。.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.14

もうチョット...

もう咲いてる木もありますが、ウチの梅鉢はあと一歩。

Imgp8573

 DATA:*istDL+A50/2.8macro、F4、1/250、iso200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊田市の法人市民税96%減

いや~、流石に影響額がデカイです。

リンク: 豊田市の法人市民税96%減 - 速報 ニュース:@nifty.

豊田市については、今までこのような事態は無かったでしょうし、想定もしてなかったでしょうから”青天の霹靂”なんでしょう。
一つのグループ企業の城下町だと、その企業の業績をモロに受けることになります。
景気や業績が悪くなる度に企業の統合やら吸収やら、規模を大きく同業社数を減らす方向に進みますが、多様性を減らす弊害の一つでしょう。
昨今の派遣切り報道にもありますが、企業業績が悪くなった時には自治体の負担も増える訳ですから、Wパンチで財政キビシイでしょうが、ココ一発は選択と集中で舵を切って行かれることを祈念します。

地方自治体は、こうやって直撃の影響が目に見える訳ですが、ホントは国も同じ話の筈。
これだけ各社が赤字決算ってことは、入ってくる法人税は激減する筈ですし、失業対策や効果的な景気対策への投資も必要でしょう。
くだらんアメのバラ撒きに時間とエネルギー使ってないで、真剣に我が事として考えて欲しい所です。

さて、各社やたらと急激な赤字決算となってますが、確かに社会情勢が急転したのは間違いないんですが、何だか今だったら赤字出しても糾弾されないから今のウチに膿を全部出してしまえ、とか節税やリストラ口実に赤字にしておけ、とか便乗がありそうにも思えます...
ホントの所は、当事者(経営者)にしか判らんでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.11

マイナーチェンジ版 「i」

先日、ディーラーさんに寄ったついでに、店頭に置いてあったアイを触り回してきました。

リンク: 三菱「i」、装備とグレードを見直し.

ラインナップが整理されてしまい、ターボモデルはプレミアム&スポーティなグレードにされてしまってるのが残念!
この不景気&エコ優先の時代ですから、ノンターボ車をメインにされるのは致し方ないんでしょうが、チョット寂しい所です。
我慢しないダウンサイジングとして、ターボ車もアタリマエに存在し続けて欲しかったところです。
無論、燃費や内装質感など地道に改良しながら。

コストダウンなんでしょうが、内装のあちこちが銀色からプラスチック丸出しの黒になってってるのも、これしか知らなければ良いんでしょうが、元々色塗ってあったところが省略されてしまったのがアリアリなので(恐らく)削られた金額以上に貧乏ったらしく見えてしまいます...
(黒内装を選べば、初期モデルのように銀色がアクセントとして散りばめられてますが)

そういえば、ウチのと同じ赤内装もカタログ落ちしました。
これは、選ぶ人少なかったんでしょうね...(フツーなら選ばんと言われた事も...最もこのクルマを選ぶ時点でフツーでは無い)

さて、寂しい事ばっかり書きましたが、当然ながら良くなってる事も。
座面の大きくなった前席と、漸く後席側にも付いた窓上のグリップは、出来る事ならウチのにも付けたいところです。
黄色や青色の彩度が上がり、ワインレッドを含め見栄えのする鮮やかな色が増えたのも、もし選ぶのが今なら悩ましかった事でしょう。


・・・

なんだかんだで、アイも登場から3年。
そんなに旧いクルマに見えない(欲目)のは、未だに浮世離れしたクルマだからなんでしょうが。
この先、地道にでも改良していって欲しい所です。(電気自動車にする以外にも)
間違っても、目先の僅かな値段ダウンの為に、質感落としていかないでね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.05

メルクリンが破産申請

ココにも”未曾有の危機”の影響が...

リンク: asahi.com(朝日新聞社):鉄道模型の老舗メルクリンが破産申請 ドイツ - ビジネス.

強烈な樹脂成型技術と質感が管理人の印象に残ってるモデルメーカーです。
一般的な”鉄道模型”とは少し違った独自の世界でしたが、その辺でマーケットが限られてたんでしょうか。
(一時、脇を彩る建築物が、オブジェとして持て囃されていましたが)

金型モノなので設備投資やら維持費やら、ハンドメイドな世界の模型より会社維持にお金掛かるのは間違い無いんでしょう。
何にしても、「不況」の暴風雨で又一つ貴重な技術・技能に影が差してしまいますね...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.04

GF670 Professional

前に記事にした現代版スプリングカメラが、3月発売と決定したようです。

リンク: 中野写真機居酒屋の雑記: GF670 Professional が来たぁ~.

6×6でも使えるようで、前にも増して「コレ欲しい~!」状態な管理人ですが、お値段は約20万...
妥当な値段(いやホントは安い)とは思いますが...
限定5千台だし、悩ましい限りです。
変に実体が存在するだけに...

(この感覚、GS645が出て来たときと同じ...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.02

なかなか撮ってる間が...

天候と時間の都合とが、なかなか折り合い付かない今日この頃...

仕方ないので、ウチの子(の縫いぐるみ)でも...

Imgp8430

 DATA:*istDL+FA77/1.8Ltd、iso200、F2.0、1/350

続きを読む "なかなか撮ってる間が..."

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »