« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.08.26

レストアベース?

何方か、レストアしませんか?
近場だったら、手伝いに参りますよ!?(^^;

リンク: 「デゴイチ」譲ります…財政難で維持できず - 速報:@niftyニュース.

定期的に錆落とし&塗装をしていたようなので、悲惨な程度では無いと思います。

・・・が、30年以上不動ってのは、相当に気合いは要りそうですね。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.23

+400ccの余裕!?

チョット訳あって、代車を数日借りました。
何ともレアなクルマなのですが、思えば新車で出た頃に、初めて現物を見て「何じゃこりゃぁああああ~!」と叫んだ覚えがあるシロモノです。(^^;

Bjwide

トールボーイ軽をベースに、エンジンと車幅とバンパーの厚みを拡大し、小型乗用車枠にしたクルマです。
同様の生い立ちを持つパジェロJr.なんかは、至極真っ当な形を与えられましたが、前述の通りこのクルマに関しては長い国産車の歴史の中でも屈指の不細工個性的な出で立ちです。
(ユーザーの方、気を悪くされたらゴメンナサイ!m(_ _)m)
それにしても、この形を描いた人と、生産・販売を了承した人には、一度どういう狙いの形だったのか、お考えを聞いてみたい所です。(^^;

さて、肝心の走りですが、これが非常に好印象でした。

フィーリングや振動なんかは所謂 軽の其れ(4気筒なので昔乗ってた4気筒ミニカみたい)なんですが、唯一違うのはスピードメーターの示す数値が予想の1.5倍くらいになってる事です。
随分とトルクが太く、何処から踏んでも加速していくような頼もしさがあります。

乗り心地も、振動の出方自体は軽の其れそのものなんですけど、妙に穏やかで、トールボーイ軽にありがちなヨタヨタしたような感じも余りありません。
こちらは、無理矢理広げたようなトレッドと、小型車サイズのタイヤが効いてるんでしょうか。

ボディ自体は、似たような生い立ちを持つワゴンRワイド/ソリオとは異なり、軽のサイズそのままみたいで、特に広い訳では無い筈ですが、前述の様な走りや乗り心地のお陰で、ボディも大きくなったような錯覚をしてしまいます。
ま、今どきの軽って、必要充分に広いんですけど。

Bjw2

近頃の軽ベースなので、使い道に困りそうな妙に細々とした収納が充実してます。
天井裏にまで、なんだか色々仕掛けが付いてます。

燃費は正確に計測できませんでしたが、エアコンON+街乗り+省燃費を気にしない踏み込み(^^;ででも、リッター10km以上は確実に走ってそうです。
踏まないでも済む分、軽よりは良かも知れません。
ただ少し残念なのは、走りっ振りと相殺する部分では有るんでしょうけど、もう少し減速比が小さい方が走りもジェントルになって、燃費も良くなりそうです。

日本では、維持費の差が余りに大きいので、軽枠を微妙に超えたようなクラスのクルマは人気が有りませんけど、僅かなトレッド拡大やエンジン排気量拡大で、随分とクルマとしての完成度が上がるようです。
軽だと形だけになってしまってるバンパーも、少しは潰れ代が有りそうな形状になってますし。
ま、軽枠でギリギリまで実用性を極めた結果、+αが効くことになったんでしょうけど。

これは、このまま海外に持って行っても製品としての競争力がありそうです。
・・・っていうか、先のワゴンR派生車やミラ・アルトなんかは従来から拡大版を輸出してるみたいですが。

日本でも、エコエコと騒ぐんだったら、この位のサイズのクルマが、もう少し見直されても良いような気がします。
ただ、このクルマに関しては、もうチョット形をどうにか出来んかったのかなぁ...(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.08.17

DVD-Rって...

今や主流の記録メディアであり、避けては通れないんですけど、なんでこうも発散しちゃったんでしょうかねぇ。

リンク: DVD - Wikipedia.

我が家的にケチの付き始めは、パソコン用DVDドライブ黎明期に間違えてDVD+R(W)を買ってしまった所でした。
当時も、+だ-だRAMだと、各メーカーが色々な仕様を出してきて、一体どれを買って良いのやら悩ましい状況でした。
マルチドライブってのが未だ未だ高嶺だったと記憶していますが、とりあえずDVD-Rが焼ければ、他のドライブとの互換性が高そうだ、という事は判ってたのに安さで選んだドライブは+R(W)専用機...(-_-)
そりゃ見間違えた自分が悪いんですけど...

その後も、録画用とパソコンデータ用の違いや互換性について、また次々出てくる-R(W)や+R(W)、RAM、DL、ブルーレイと、どれが所有されてる機材で使えるのか使えないのか、どれを買ってくれば良いのか、親世代に何度説明したか...
そもそも、CD(-R)とDVD(-R)の違いも何度説明したか...(それでも混同される ←せめて見た目の色を変えるとか出来んかったのか?)

ここへ来て、デジタル放送対応のCPRM対応とやらが出て来て、知らん間に互換性の無いディスク種類が増え、管理人も間違えて買ってきてしまいました。(^^;
(今でもどれを買ってきたら良いのか説明に骨が折れるのに、どうしてくれようか...)
このCPRM対応とやら、記録仕様も違うみたいで、たとえファイナライズしても互換性は無いようで、HDD+DVDハイブリッド機で録画して貰ったディスクは、うちのDVD再生機(含むパソコン)のどれも再生出来ませんでした。

著作権保護やら新しい技術への対応やら、必然はあるのでしょうが、それにしても簡単に規格を換えすぎじゃ無いでしょうか。
(ユーザーに目線の向いていない、メーカー同士の覇権争いのエゴが透けて見えますし)
家電と謳うからには、ホンの数年違うだけで似たような機材同士で互換性が無かったり、使用者側が使えるのかを あれこれ考えないといけない様な状態を良しとは思わず、技術屋としては恥ずべき行為だと考えて欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.15

琵琶湖博物館

Imgp0547

 DATA:K200D+DA18-55/3.5-5.6AL

何度も行ってますが、博物学的に知的好奇心を満たしてくれる、いい博物館だと思います。
公立施設には珍しく(?)、展示・説明者側の伝えたいという情熱や、一緒に考えて発展したいという意気込みを感じます。

今開催中の、企画展示もナカナカに面白う御座いました。
良い意味で手作り感・作り手の顔が見える様な展示と感じました。

リンク: 第17回企画展示 骨の記憶 あなたにきざまれた五億年の時.

扱ってる内容は、非常にシュールで生臭い筈なんですけど、そんなウェットな感覚は有りませんでした。

・・・写真撮ってくるの、忘れました。(^^;
ま、これは現物見た方が生々しく無くて良いかも。 

----------------

博物館の外には、この日は何羽もの猛禽類が飛んでおりました。

Imgp0561

 DATA:K200D+TAMRON 70-300/4-5.6

四方を山に囲まれた(^^;京都市民としては、珍しくは無い訳ですが、やはり近くで見るとカッチョ良い!
手ぶれ補正が効いてるのかどうかは判りませんが、気休め的に安心できる気がするのは確かです。(^^;;
(Exifデータ見たら、iso200で1/750ですから、手ぶれ補正OFFでも余り変わらん気はしますが)


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.08.14

準備が肝心

一病息災では無いですが、普段からの気構えと準備が大事なんですな。

リンク: 高い防災意識が奏功、避難も円滑…静岡 - 速報:@niftyニュース.

東海地震という仮想クライシスが有ったため、今回の地震にも的確な反応が出来たそうな。

普段から身構えてるってのも大変ですが、ココロの片隅にイザという時の避難場所や避難経路、持ち出すモノなど偶に考えるだけでも随分と違う様に思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.11

プリウスだけが売れても・・・

トヨタとしては、痛し痒しなんでしょう。
そもそも、納車半年待ちでは、自社他銘柄に流れている訳でも無さそうですし、相当に販売機会を逸してるでしょう。

リンク: プリウス・バブルの副作用、絶好調の裏で始まったトヨタの“内なる崩壊”(1) | 企業戦略 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン.

ウィッシュやクラウンの代替え需要も喰ってしまってるそうな。
ま、元々3列シートや大型車が必然では無かった人が、真っ当なサイズのクルマを買う様になったのであれば歓迎すべき事だとは思いますが。

でも、実際には、クルマの機能に必然なんて無くて、世間の目や流行を記号として車種選びしてるだけって人が多いんでしょうね。
(下手に機能・必然で選ぼうとすると、選び代が無い ・・・管理人の場合)
皆が本気で環境問題やら考えて選んでるとも思えんし。次の乗り換えサイクルの時にはハッキリするでしょうけど。

 
ここ数日、高速やら郊外の一般道やらで、矢鱈と前後にプリウスと遭遇しましたが、妙にフラフラしたり上り坂で失速したりするのが目立ちました。
元々、クルマを走らせる事に拘りや楽しさを求めていない人が乗ってられる比率も高いんでしょうけど、燃費最優先の”エコ”タイヤと重い車重、負荷の変動に対する余裕の無さなんてのが原因では無いかと思ってます。
クルマが皆そうなったら・・・ゾッとします...(せめて旧型車を法規上締め出す事はしないで欲しい!)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009.08.09

おしまい!

避けて通れない道とはいえ、ついにやって来たこの日...

Pajerolast

結局、最終的には気力と財力(とバラしながら置いとける場所)の切れ目が縁の切れ目、という事で。
かなり挫折感というか、負けた気がします... (他に乗りたいクルマが出来た訳でも無いので)

P1020159


P1020166_2


P1020173

久しぶりに座った運転席は、やっぱり馴染んでるだけにシックリ来ます。(後ろ髪引かれる瞬間)

雨の中、車室内に残したまんまだったガラクタ荷物を回収し、引き合いの有ったホィールを外しました。
ついでに、そのまま一緒に処分して貰う筈だったグリル周りも、外して元の めっき剥げ剥げ品に交換しました。
(今まで付けてた分は、適当に欲しい人へ流通させて貰う積もりで)

手伝いに来て下さった方は、車載品の油圧ジャッキや工具を持ってかれました。
チョットでも有効活用して貰えれば幸いです。

本当なら、ステアリングボス(’85年6月MC以前のパジェロ専用)も外しておけば、欲しい人には堪らん逸品だったかと思いますが・・・こちらは革剥げ剥げなハンドル共々、クルマと一緒に処分する事としました。
キャリアも処分。スキーアタッチメントも一緒に処分してもらおうと思ってましたが、何処に仕舞ったか判らず断念。


P1020162


で、替わりのホィールを用意して持ってきて貰ったんですが、これが入らん!
前は、ハブに対して穴が僅かに小さく、入りません。
後ろは、ブレーキキャリパーにリム裏が当たって入りません。

ダットラ(D21)用のホィールだったそうですが、日産の方が少し小さめだったようです。

今更代品探しに行く訳にも行かんので、前はディスクグラインダー借りて穴を広げ、後ろは裏返しに無理矢理組み付けました。
(去年までは持ってた純正鉄ホィール、もう少し置いとけばよかった...)

-------------

自分名義のクルマとして初めて買ってから17年半。
クルマとしては、四半世紀に僅かに及ばず...(無念)

多分、今後自分のモノとしてパジェロやクロカン四駆に乗る事は無いと思います。
(最近~現行車の血迷い方、資金、維持費、走るフィールド、社会からの締め出し規制)
もうチョット悪路走破性を堪能したかった気持ちもありますが...

でも、このクルマに乗れてヨカッタ!と心から思いますです。

 おしまい!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.08.07

いよいよ

明後日、パジェロの廃車手続きに行って来ます。
ホィールは引き合いが有りますが、それ以外で欲しいパーツの有る方は、取りに来て貰えるなら応談です。

初代パジェロに乗ってる方には、使えるパーツも有ると思いますが、当方には保管したり切り売りする場所も気力も有りません...

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.08.05

漸く、梅雨明け

イベントの度、雨に悩まされた今年の初夏でしたが、漸く梅雨も明けたそうで...
(でもゲリラ雨は未だ未だ降るんだろうなぁ)

Imgp0029

 DATA:K200D+DA18-55/3.5-5.6 AL、iso200

ボディの防滴は既に恩恵受けました。(^^;
あとはレンズだな...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.01

OLYMPUS PENの夢

現行デジPENについて、どのような感想を持たれていたのか...

リンク: NIKKEI NET(日経ネット):米谷美久・元オリンパス光学工業〈現オリンパス〉常務が死去.

ご冥福をお祈りします。

徹底した合理性とユニークさに、一技術屋として畏敬の念を抱いておりました。


子供の頃、伯父のPENやPEN-FTにショックを受け、
先輩の使ってたOM-1に感銘し、
修学旅行に友達が持ってきたXAが欲しくなり・・・

組織力や没個性が常識の日本の企業・日本製品の中で、設計者(の代表)個人が前面に出て、これだけ市場にも支持された例は希だと思います。

良い時代だった、というのも有るんでしょうが、現役の技術者として見習うべきところが有ると思います。

| | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »