« 復活歓迎 | トップページ | ラリーアート、業務を大幅に縮小 »

2010.03.10

645D。

漸く出ましたねぇ。

リンク: 『ペンタックス 645D 中判デジタルカメラ(デジカメ) 予約開始!』|カメラのキタムラネットショップ.

6×4.5じゃないのに645とは、これ如何に。(^^;

・・・ってのは置いといて...

凄いスペックと値段ですねぇ...

これでも、必要な人には破格な値段なんでしょうけど。

しっかし、これはちょっとやそっとでは縁の無さそうな機体ですねぇ、私には。

|

« 復活歓迎 | トップページ | ラリーアート、業務を大幅に縮小 »

コメント

凄いですねぇ !見ていると欲しくなってしまうので
怖いです。

ネーミングについては645レンズを使うので、まぁいいんじゃないでしょうかね。

番号変えるとレンズが使えないなんて早とちりする人も出てくるだろうし。

なにより普通のDSLR機がそのフォーマットを名前にしてない世の中だから  笑 (FXとかS とか)

シャッター耐用ショット他メーカのフラグシップ機の10万回に対して5万回は少なすぎるといっている人もいますが、

むしろ使う立場ではシャッター精度がどのくらい維持できるのかが一番の問題ですよね。

どのメーカーもシャッター精度については10万回とは
口が裂けても言ってないし。

逆に考えるといくら電子制御とはいえ135判より大型のミラー&シャッターの精度が五万回も狂いもなく
作動するというのはちょっとアリエナイ気がします。
(しかも位相差AFの精度はそのミラーに依存しているし)

やはり2〜3万回くらいの目途で全体のオーバーホールをしないといけないカメラなんでしょうね。

これで少し冷静になれるなぁ  笑

投稿: Coolyscreek | 2010.03.11 13:55

Coolyscreekさん、こんにちは。

シャッターの耐久性については、まぁ35mm判DSLR機みたいな速射・連射をするニーズは無いでしょうから、実害は無いと思いますね。

仰るとおり、質量のデカイ物を素早く狂い無く動かし続けるのは難しい事だと思います。

F5だったか、シャッター速度モニター機能がありましたが、デジ機だとセンサーの追加とかしなくても簡単に出来そうですが、どうなんでしょ?

ま、定期的に検査してもらうに超した事は無いですよね。

投稿: かめ | 2010.03.13 16:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/47776556

この記事へのトラックバック一覧です: 645D。:

« 復活歓迎 | トップページ | ラリーアート、業務を大幅に縮小 »