« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.29

USBオーディオアダプタKIT

Imgp9659


一人で居る時には何か音楽掛けてる事が多いのですが、CDだとディスク入れ替えるのが面倒なときもあるので(^^;、パソコンに入ってる圧縮音源を手軽に再生出来れば、と考えていました。
・・・が、パソコンのヘッドフォン出力からステレオのライン入力だと、少し出力レベルが低いのと、如何にも”お手軽再生”って感じの薄っぺらな音になります。

そんなときに目に止まったのが、USBオーディオアダプター。


★【楽天市場】 USBオーディオアダプタ自作キット「RP-USBAK01」★


似た様なのは、既に持っては居たんですが、再生に特化したコンパクトさと、「KIT」という文字に惹かれました。
値段を考えても、コッチの方が音に期待出来ますし。

さて、KITという事なんですが、基板上に貼り付く小さいチップやマイコンは既に実装済みで、あとは端子類や電解コンデンサーなんかの大物?部品をくっ付けるだけです。
自動化ラインに流せない最後の仕上げだけ自分でするような感じでしょうか。
ま、何はともあれ、はんだ鏝で何か作るってのはウキウキするもんです...

Imgp9654

出来上がりは、こんな感じ。
数十分で音出しまで持って来れました。

Imgp9655

あとは、専用ケースに入れて完成です。
流石に、鳴らしたてはダルい音ですが・・・掛けっぱなしに出来るので慣らしはし易いですね。(^^;

Imgp9674

さて、音はどうかというと...
音源の作り方&アプリケーションにも左右されるとは思いますが(元々、携帯音楽プレイヤー用に用意していたWMAデータをメディアプレーヤーで再生)、意外と良い音です。あんまりCD掛けてる時と音の違いは感じません。
このレシーバーに繋いだ限りは、内蔵のCDより若干元気な音が出ます。(出力レベルの違いでゲイン上げて聞く事になるのも要因でしょう)
ただ、コレをずっと聞いていて、偶にCD掛けると、やっぱり音に艶を感じますね。

あ、一つ書き忘れていましたが、初期状態のままではボコボコと籠もった音になります。
Windows上では汎用のドライバーで認識してくれるんですが、初期状態がラウドネスONになってるので、ココをOFFにしてやって、初めてマトモな音で鳴り出します。
Windowsの仕様なのかも知れませんけど、チョット残念...

で、結構手軽なのに使えるので、二軍のノートPCを音楽再生専用機にしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.28

ほぼ2台に1台がトヨタ車!?

プリウス一人勝ち、って事でしょうか。
クルマ好きとしては、あんまり面白くない話です。(^^;

リンク: ほぼ2台に1台がトヨタ車、国内シェアが過去最高…2010年上半期実績 | レスポンス自動車ニュース(Response.jp).

トヨタったって色んなクルマも有る訳ですし、そろそろ補助金も無くなるようなのでプリウスに全て収斂することは無いんでしょうけど、それだけ・・・っていう寂しい世界にならない事を祈ります。(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.27

鞍馬寺

前はよく通ったのですが、中に入ったのは初めてでした。

Img_1667


Img_1666


Img_1637


Img_1640


Img_1642


続きを読む "鞍馬寺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.26

憂パック!?

余所様の組織内の事を、部外者がとやかく言うのは余り良い事では無いと思いますが...
それにしても上司(幹部)を選べない下っ端の作業者の、ご苦労と憤りをお察しします。

リンク: 総額5億円以上? ゆうパック“謝罪行脚”KYぶり - 速報:@niftyニュース.

このチラシ、我が家にも入ってました。
なんかズレてるね~、って話してた所でした。

そんなに民営化して利益出す体質にしたいなら、なんで(せめて)ペリカンさんの方を存続会社にしなかったんでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.24

タイ製になったマーチ

クルマとしての出来について、何処の国や地域で作っているかは必ずしも重要な要素では無いと思いますが、しかし日本人の労働力の必要性は、確実に減る話なんでしょうね...

リンク: 【池原照雄の単眼複眼】タイ製コンパクトカーが日本になだれ込む | レスポンス自動車ニュース(Response.jp).

マーチにしても、日本で売るだけの事を考えたら、幾ら人件費が安いとはいえ遠い異国で作って運んできて、特別ラインで仕上がりチェックとかしていたら、きっと素直に日本で作った方が安上がりじゃ無いかと思うのですが、メインのマーケットが欧州やアジアであるなら、トータルでそちらに近い所で作ったほうが得、という事もあるんでしょう。

そして何より、泰国が国を挙げて優遇している事が大きいんでしょう。

国内の産業空洞化やら言われては居ますが、ホントに危機感有るんだったらどうすれば良いのか、おエライ方々や市井の方々には考えて実行して貰いたいと思うところです。
(他人任せではイカンのですが...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.20

山鉾巡行

人生の半分くらいを京都市民として生きてきておりますが、山鉾巡行を生で見に行ったのは初めてです。
(本当は、物心つく前に連れて行かれているらしいが、覚えちゃ居ない...)

Img_1330


Img_1353


Img_1410


Img_1426


続きを読む "山鉾巡行"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.19

宵山 続き

もう終わっちゃいましたが...
デジSLR編で。

Imgp2170

Imgp2194


Imgp2195


Imgp2199


 DATA:K200D+DA18-55/3.5-5.6 AL、AWB、P、ISO 200-1600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.16

宵山

宵山
微妙な天気...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒸し暑い!

蒸し暑い!
ここ数年、エアコンの効かん車に乗ってましたが、改めてフツーにエアコン効くシアワセを実感。

現代の実用車にエアコンは必需品ですな。
今更ながらに...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.13

フィアット500に2気筒モデル

近頃流行のダウンサイジング&気筒当たり容積拡大(によるロス低減)のようです。

ま、1.8L直4が半分になったと思えば...

リンク: フィアット500に2気筒モデルが登場.

(余り根拠はありませんが)個人的にクルマのエンジンは単気筒あたり450ccくらいが出力と吹け上がりフィーリングのバランス取れたポイントかと思ってますので、そう考えるとドンピシャなサイズではあります。

3気筒より360度クランクの2気筒の方が音も良いと思いますし、懸念される振動も上手くバランサーなんかで対策すれば大きな問題にはならんと思います。
むしろ、音や振動を「味」として上手く使う手も有りそうに思います。
(バイクですが、昔 試験車で乗ったホークIIの出力特性と振動の出方は非常に好印象でした)

今時の国産軽も、中途半端に3気筒で頑張らんでも、サッサと2気筒にしてしまえば良いのに。
確かに、昔 軽が2気筒から3/4気筒になった時、随分と上質になった気がしましたけど、今の技術や解析力で作り直せば良いモン出来そうに思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.06

LANCER 2000EX TURBO

A176arally1

A176arally


トミカリミテッドの中でもスバラシく良い出来だと思います。

このカタチ、大好きなクルマです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »