« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011.08.30

車検完了

早いもので、もう2年。

前回(購入時)から3万kmほど走りましたので、年式も考えるとソレナリに掛かるかな、と覚悟してましたが、意外とあっさりと上がってきました。
「調子よろしいなぁ」とお褒め?頂いて。(そりゃこんだけ乗ってりゃあねぇ)

ま、とはいえブレーキパッドやベルトは相応に減ってたので交換、液体類も総取っ替えで、税金・保険等込みで14万弱は まぁそんなもんでしょう。

とりあえず、非常に調子良くなって帰って来ましたし、ブレーキ/クラッチのフィーリングも良くなりました。(当車比)
ただ、軽くなったクラッチは、更に繋がり具合が判り辛くなりました...


次回は10万kmに達するでしょうし、さてどうするか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.16

淀古城跡

こちらは、往時を偲ぶものは、何もありません。
ただ想像の中で、偲ぶのみ。

Imgp4594


Imgp4597_3


Imgp4598_2


 DATA:K200D+TAMRON SP AF 17-50/2.8 XR DiII


リンク: 淀古城 - Wikipedia.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

淀城跡

Imgp4557_2


Imgp4562


Imgp4564


Imgp4588


 DATA:K200D+TAMRON SP AF 17-50/2.8 XR DiII

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.11

おまえのものはおれのもの

うーん、欲しい...

リンク: おまえのものはおれのもの!ジャイアンの名セリフがトランプに - 東京ウォーカー.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.09

何処も似たようなモノか

ほんと、ピーク電力を抑えたいのか、経費を削減したいのか判らん風潮ですなぁ。

リンク: まるで節電過敏&鈍感症候群 あっちもこっちも 原発事故にかこつけ経費節電 - 雑誌記事:@niftyニュース.

昼休みや休日もバラバラで仕事の効率悪いわ、常に営業する(せざるを得ない)部署が出来たり常に家に人が居て今まで以上にエネルギー使ったり、仕舞いには「省エネ」してなかったら集団イジメされかねん勢い...

自販機でお茶買ったら生ぬるいし、昼休みはエアコン切られてサウナ風呂状態だし...(-_-;

ほんと、いつまで続くんでしょうかね、この不毛な我慢大会の流行は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひぃやあぁぁぁー!

えらいこっちゃあぁぁぁー。

リンク: 一時1ドル76円台…ロンドン外国為替市場 - 速報:@niftyニュース.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.08

アクセサリー価格改定だそうで。

未だ作ってた?的な奴もありますが・・・。
ラインナップを揃えてくれてるだけでも有り難いこと、なんでしょうね。

リンク: アクセサリー価格改定のお知らせ|PENTAX.

・・・にしても割高感がありますな、マウントアダプターは。
(今の流通数と原価で、マトモに値段付けると こんなモノなのかも知れませんが...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.05

言語道断!

面白いフレーズ考えた、とか現場で笑い取ってみようとか、軽い気持ちだったんでしょうが...

リンク: 怪しいお米セシウムさん当選…東海テレビ誤放送 - 速報:@niftyニュース.

そもそも、その場だけにしても公の場で言って良い事と悪い事の区別、それを言った事で傷付く人や被害を受ける人が居る、という事が推測できない・理解できない人が、情報を発信する側に(多分今回のは氷山の一角で)普通に居られるのが恐ろしいところです。

もっとも、一般の人間でも、いとも簡単にネットの力で破壊力を発揮できるのが、更に恐ろしいところですが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手段と目的

いざ頑張ろうと思っても、様々な規則や規制で自由に動けんという場面は、ここ10年位に何度も遭遇したり見聞きしてしまいました。

精神論や自己犠牲を必要以上に美化する様なのは個人的に嫌いですが、ただ個人の収入や健康、自由を護るべき法律や条令が目的を忘れて一人歩きし、企業の努力だけを求めて首を絞め、結果として国内から雇用機会が無くなっていくのでは元も子も有りません。

リンク: 「六重苦」にあえぐ自動車産業 トヨタ専務「労働規制が厳しすぎる」 - 速報:@niftyニュース.

個人や企業への度の過ぎた要求は、今のご時世だと海外脱出に繋がってしまうので、そうは成らなくて且つ国民の利益に繋がる本質的で有効な采配を、政治・行政に期待します。
(無論、それを見定める民力も必要ですが)

「いまの労働行政では、若い人たちに十分働いてもらうことができなくなっている」なんて言葉でジャブ打たれん様な、実効性と実現性を望みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »