« 京都のビール消費量がとても多い理由 | トップページ | 蓮 2012年 »

2012.08.07

エンクロージャを組み立てる。

引き続き、スピーカーと一緒に買っていたエンクロージャKITを組み立てます。

R0013266

開封したところ、妙に既知感が・・・。
どうやら、去年の奴と基本的に同じ箱のようです。

R0013268_2


当然ながら?スピーカーの取り付け穴の位置と大きさは異なります。

R0013273

慣れたモンなので(^^;、さくさくっと組み立てます。

・・・が、

R0013343

今回も塗装は失敗です...
木目のないMDF板に木目らしき模様を浮き出させる、希有な才能を持っているようです。σ(^^;

言い訳しておきますと、閉店チャイム鳴ってるDIY店で、ロクに確認せずに買った塗料が相当年季モノの在庫だった(薄めても薄めてもドロドロ)ことと、中華な刷毛がボサボサ+抜け抜けだったから、ということにさせてください。(^^;;

R0013347


改めて昨年の奴と重ねて置いてみますと、色の違いとスピーカーの(フレームの)サイズ違いで少し大きく見えますが、全く同じサイズです。

 

漸く鳴らしてみます。

まだ数時間程度のエージング度合いですが、期待通り、いや期待以上に良く鳴ってくれます。
少し高域が強い様には思いますが・・・このスピーカーには、この箱は少し小さいんでしょうねぇ。
派手すぎずしっとりと、再生レンジも解像感も文句無いです。
明らかに昨年コンビよりHi-Fiです。

できれば、もうチョット大きめの箱に入れてやるべきなんでしょうね。

R0013349


またスピーカーが増えてしまい、縦に3つ、トーテムポールの様になってしまいましたが、それぞれ音が違うので鳴らし分けると面白いですね。
どんどん、ガラクタが増えていく訳ですが...

|

« 京都のビール消費量がとても多い理由 | トップページ | 蓮 2012年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/55374737

この記事へのトラックバック一覧です: エンクロージャを組み立てる。:

« 京都のビール消費量がとても多い理由 | トップページ | 蓮 2012年 »