« 頭数だけ揃えても・・・ | トップページ | 生誕-(マイナス)100周年 »

2012.09.01

今度の付録はDAC付きアンプ

またもや付録地獄が続きます...
別の雑誌で、以前にデジタルアンプ付いてた時には、気付くのが遅く入手出来ませんでしたが、今回は予約してましたんで発売日に無事入手できました。

Dscf0664


リンク: 【特別付録付】DigiFi(デジファイ)No.7は8/29(水)発売 | Stereo Sound ONLINE.

モノとしては、USB接続するDAコンバーターとデジタルアンプが一緒になったもので、電源はUSBから供給されて賄います。
本体には、ボリュームコントロールを含め、一切の調整装置が有りません。全てPC側で調整。
PCと一体で、小型スピーカーをPC画面近くで鳴らすのが妥当な使い方なんでしょう、きっと。

Dscf0666


とりあえず前回入手のUSBケーブルを使って、PCと繋ぎます。
基板剥き出しなので、下にはコルクのコースター敷いておきます。(^^;
繋ぐスピーカーは、これ。 ・・・全て雑誌付録だった音響装置ですね。(^^;;

早速鳴らしてみます。
値段や見た目からは信じられないくらい、マトモ(失礼)な音が出ます!
USB供給分だけの電源にも関わらず、意外とドライブ力も有りそうです。基板の大きさに不釣り合いな、電解コンデンサーが効いてるんでしょうね。
安物コンポよりは余程元気にスピーカーを鳴らしますし、数千円レベルの中華系デジアンよりは余程瑞々しく艶やかに音楽を鳴らします。

ネットなどの書き込みを見る限り、音量を上げていくと流石に厳しいようですが、近くでフルレンジをソコソコの音量で鳴らすのであれば、特に不満は無い鳴りっ振りです。
コレで本まで付いてて(^^; 3千円弱とはオドロキです。

昨今、クオリティの低い音楽再生環境が幅を利かせ、音源までそれに合わせた作り直しをする始末...
いい音出るように工夫するとか色々試してみるとか、そういうことが再び普通になると良いのですが。
多分、雑誌発行側や付録提供側も、その辺の気持ちが有っての事だと思いますが、折角取っ掛かりの間口を広げても、その先順番に手繰って行けるラインナップが充実して欲しいところです。


--------------
2012.09.05 追記。

純正のケース?を入手し、装着してみました。
ややガードが甘いような気もしますが、ショートさせる危険は減ったと思います。
こういうシンプルな作りは好みです。

Dscf0665a


アクリルなんで致し方無い所とは思いますが、天板も底板も、最初っから結構目立つ傷がすーっと入ってました...
ウルサイ人なら文句言うだろうなぁ、コレは。

|

« 頭数だけ揃えても・・・ | トップページ | 生誕-(マイナス)100周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/55550604

この記事へのトラックバック一覧です: 今度の付録はDAC付きアンプ:

« 頭数だけ揃えても・・・ | トップページ | 生誕-(マイナス)100周年 »