« マルチリンク・サスペンション | トップページ | ウォッシャー液 補充 »

2013.05.30

プチ旅気分

名古屋→京都の乗り換え案内をあれこれ試したら、面白そうな経路が出て来たので実行してみました。

R0014276


先ずは、近鉄 名古屋線。
そういえばこの区間は特急しか乗った事無かったなぁ。

R0014277


で、桑名からはJR関西本線。


R0014281


慌てて乗り込みましたが、対向列車待ちで暫く止まってました。(^^;
向こうには養老鉄道の列車が見えます。
別会社化されたものの、コッチの色カタチのほうが近鉄らしく感じるのは昭和生まれのせいでしょうか。(^^;;


R0014286


途中、所々で対向列車と行き違います。
この辺りは比較的列車本数も多いようです。

そんなに田舎では無いと思うのですが、ローカル線の風情が漂います。


R0014288


で、亀山に到着。
電車は、ココまで。
JR東海も、ココまで。

昔は、奈良から名古屋までディーゼルカーで直通してたんですが、会社が分かれて直通は無くなったようです。
セクショナリズムって奴ですなぁ。


R0014289


JR西日本のホームを挟んで、JR東海の紀勢線な列車が止まってます。
JR東海としては珍しく昭和(というか国鉄)を引き摺っています...
昔、新宮行きの客車列車に乗った記憶が呼び起こされます。


R0014290


コレが今から乗るJR西日本のディーゼルカー。
随分とチャチ コンパクトな車両です。

当然ながらワンマンですが、複数車両でワンマンって、乗る側にとっては不便極まりないです。


R0014297

R0014300


そうこうしてたら紀勢線の列車が出発していきました。
乗っていきたくなる様な旅情を感じます。

・・・が、現実に戻って先ほどのディーゼルカーに乗ります。狭いなぁ...

この先は、徳川家康も通ったという加太峠です。
ダンプカーばりにディーゼルエンジンが唸ります。


R0014301


柘植駅でJR草津線に乗り換えです。
「草津」と言う文字だけで、随分帰って来た気分です。

国鉄時代は、あくまで関西線が「本線」で、草津線は脇でひっそりとローカル線な感じでしたが、草津線が電車化されて、すっかり形勢逆転です。

ココでも対向列車待ちで暫く停車してました。
・・・それにしても、亀山から柘植まで架線張ったら、草津線とも繋いで滋賀県と三重県の距離が一気に縮みそうなものですが...
セクショナリズムが許さないんでしょうか。


R0014306


乗り換えた草津線の列車は、外観:昭和で内装:イマドキ風。


R0014313


草津からは、東海道線で一気に速度UPで京都に向かいます。


R0014312


京都向きのホームの先は、有名な天井川(の跡)。


時間は少し掛かりましたが、米原経由よりも距離が短くなる為か運賃は少し安くなりました。

|

« マルチリンク・サスペンション | トップページ | ウォッシャー液 補充 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/57492423

この記事へのトラックバック一覧です: プチ旅気分:

« マルチリンク・サスペンション | トップページ | ウォッシャー液 補充 »