« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013.09.30

遅まきながら、Stereo 8月号のスピーカー

買ってから暫く日が経ちましたが、既に暫く鳴らし込んで居ます。
アンプは、CR-185X。

Imgp0153


同じく雑誌付録のバックロードホーン型エンクロージャーを組んでみました。


R0014436


こんな感じで、ムック本サイズにキッチリ材料が入ってるのは感動モノです。
(チョコエッグやガチャガチャと同じ様な感動)

出来上がりの大きさも、容易に想像が付いてしまいますが。


R0014439


バックロードホーンって事で、板材の数と組み合わせが複雑そうですが、本品は比較的シンプルな内部構成なのと板材に番号が振ってあるので、落ち着いて番号順に組んで行けば難しくは無かったです。
(とはいえ、一カ所間違えて組んで、無理矢理剥がして再組み付けしたのはナイショです...)


R0014442


内部は、こんな感じ。

本当はハタガネやクランプ類が有ればキッチリ組めるのでしょうが、部品点数少ないのと板の精度が良い事から目測&定規当てで接着していっても何とかなると思います。

あとは接着後にキッチリと圧着すればOK。


R0014437


重りは手近に有ったモノで... (^^;

 

さて、肝心の音ですが、流石に重低音が出る訳では無いですが、それでもサイズから想像する以上に音域広くバランスも悪く無いと思います。
少なくとも、一昨年のFostex 8cmより緻密で、個人的には好ましい音と思います。

スピーカー口径とバッフル面積から至極妥当な結果なのでしょうが、音の指向性・定位感は抜群です。
また左右の位相差も気味悪いぐらい良く判りますので、置き位置に対してはシビアだと思います。

実は体積同じ位か少し大きい位のバスレフ箱にも入れてみましたが、バランスはそちらが上で更に良質な音でした。(こちらは去年の10cmとも良い勝負かも知れません)

R0014410


何にしても、僅か口径5cmの、雑誌付録とは思えない出来です。
流石に大音量で鳴らすキャパは無いですし低音も「口径の割には」ですが、しかし恐るべき性能と思います。

この大きさ&性能だったら、クルマ用としてダッシュボード両端くらいから生やした様なレイアウト(アイのツイーターのような位置)で、ウーファーを別で付けて使ったら面白そうです。
上手く作り込める腕があれば、ですけど。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.25

近江鉄道にも立ち寄る。

前記事の続きで、少し足を延ばします。

リンク: 近江鉄道.


Imgp0172

横を通る事は有っても、立ち寄るのは随分と久しぶりです。

Imgp0170


Imgp0179


時間の都合で、すぐそこの彦根まで。
米原の駅員さんから切符を買うと(硬券!!)、時間掛かるけど良いの?と聞かれる始末...
商売っ気が有るのか無いのか...


Imgp0189


Imgp0191


民家の軒先を通りぬけ、新幹線をくぐり、林の中を走り抜けると、あっという間に彦根へ到着。
(それでもJR新快速の倍以上時間掛かってる気がします...)

Imgp0203


Imgp0204


Imgp0228


Imgp0237


着いたそこは、パラダイス。

Imgp0232


乗ってきた電車も、目の前で車庫へと移動していきます。
ココで一番の新顔みたいです。関東圏の人には馴染みのカタチでしょうが、関西圏では新鮮です。
個人的にはこのカタチ、結構好きです。


Imgp0252


Imgp0261


なんだか模型のコレクション棚のように、寄せ集められたガラクタお宝が雑然と並んでます。

Imgp0265


背景は、佐和山城です。

Imgp0272


Imgp0276


それにしても、ちょっと車両の扱いが雑なような気がします。
元々中古車とはいえ、移籍後数年で錆が浮き出してるのも、どうかと...
その雑さ加減も雑然としたコレクションの仕方も、あまり良い印象が無かったです。
同族嫌悪なのかも知れませんが...


Imgp0280


Imgp0282


Imgp0283


そうこうしてたら、さっき見送った電車が折り返して来ました。


 DATA:K-01+DA21/3.2Ltd.、FA50/1.7、MIYABI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.22

養老鉄道に乗ってみた。

「乗り鉄」とか「鉄分補給」とか近頃の開き直りオタク文化に乗っかる気は更々無いのですが、いつもと違うルートを使いたいとか、チョットした非日常な旅気分を味わいたいとか、そういう気持ちで前回気になった養老鉄道に乗ってみます。

   リンク:養老鉄道


Imgp0029


Imgp0034


Imgp0045_2


元々、近鉄沿線に縁がありましたし、この単色のほうが馴染みも深かったので何とも懐かしい感じです。


Imgp0036_2


この案内表示も懐かしい... デジアナ感が素晴らしい。


Imgp0051


Imgp0063


Imgp0078


単線故に途中何度か行き違いで待ちが入ります。
しかも結構な頻度... 便数頑張ってますなぁ。


Imgp0080


途中、「ラビットカー」ともすれ違い。


Imgp0093


車窓は、実に長閑です。
時間がユックリ流れてく気がします。
リニアリニアと騒がれておりますが、あんなモノは余程時間に余裕無い限り「旅」として乗りたくは無いです。


Imgp0105


Imgp0111


Imgp0123


・・・ということで、真っ直ぐ来るより名古屋経由のほうが速い様な道のりでしたが、満足満足。
また機会が有れば...


 DATA:K-01+DA21/3.2Ltd.、FA50/1.7、MIYABI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K-01。

チョット微妙な立ち位置故、買うかどうか微妙と書いていましたが、まぁ後継は出ないでしょうし機会があれば、とは考えておりました。

R0014460


Kマウント(とM42)MFレンズ用ボディとして、絞り連動を気にせず使えるのでは無いかという気持ちが有ってのものですが、MF時に背面モニタの輪郭強調を激しく掛ける機能もあり、少し触った範囲ではマズマズという感じはします。
・・・が、速射性(焦点の合わせやすさ)は光学式ファインダーの方が未だ未だ使い勝手が良いと思います。
(そうすると、M42マウントのを絞り込んで使う用途ですかねぇ...)

R0014457


R0014458


確かに、Kマウント最小なんでしょうし、K-xと並べれば最大高さと厚みで少し小さいし軽いのですが、四角い形状やグリップのえぐり込み量の違いなどがあり、むしろ大きく重く感じます。

背面モニタを見ながらの撮影スタイルも、腕に負担掛かるので尚更「重さ」を感じる原因でしょう。
重いレンズは、使い辛いだろうと思います。
三脚に据えてしまえば別・・・というかむしろ覗き込まなくて良い分、使い勝手良いかも知れません。

買うときにも悩みましたが、普段使い用にはQシリーズとかPENのほうが良さそう。
(やっぱりそちらへ走った方が良かったかな?と言うのが少し使ってみての反省点です...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.15

電池交換

最近、車両側の施錠・解除ボタンを押しても反応し難くなってきました。
キーレス・オペレーションなる余計なお世話電池が無ければ使いモノにならない仕掛けですので、覚えてる内に交換しておきます。

R0014456


前回も自分で交換しましたが、備忘の為にCR2032であったことを記録しておきます。
※アイは途中で送信機が変わっているので、ウチのと同じ最初期型と後の型とで一緒かどうかは判りません。

だいたい、1年半~2年くらいの寿命と思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.14

ヘッドランプ リフレッシュ

寄る年波(我が家的感覚では若輩者ですが)には勝てず、ヘッドランプが随分黄変してきました。
数年前からコーティングが部分的に剥げ出し、表面もガサガサしてます。

R0014445


点検ついでに、ヘッドランプの研磨&再コーティングが幾らくらいか聞いてみると、2千円ちょいとのこと。
それだったら・・・でお願いしました。


R0014446


未だ幾分 黄色味が残ってる気がしますが、随分とスッキリしました。
心持ち、照度も上がった気がします。

「また暫くしたら変色するかも知れません」との事でしたが、まぁ材料の変質ですから致し方無いでしょう。
どれだけ持ってくれるかに、少し期待...


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.01

エンジニアなら3分以内に解ける?

リンク: 【やってみて】エンジニアなら3分以内に解けるけど弁護士なら解けないかもしれない数学の問題が話題- 最新ニュース|MSN トピックス.

なんとかエンジニアの面目保った!? σ(-_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »