« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014.01.26

リモコン用乾電池

昔は、リモコンや時計のような長時間小電流を扱う場所にはマンガン乾電池を使う事が推奨されていましたが、最近は低価格なマンガン乾電池は余り店頭に並ばなくなっています。
また、容量的にアルカリマンガン乾電池を指定するリモコンも有ったりします。
(一時期、特性的にはリモコン向きと思われるボタン型電池を使うリモコンが有りましたが、子供の電池誤飲が問題になって絶滅しました...)

アルカリマンガン乾電池にしても、以前は「金パナ」なら液漏れしない、のような都市伝説がありましたが、最近はコストダウンの影響か、「金パナ」を含む日本ブランドのものでも複数回液漏れされた経験があります。


さてさて、我が家のエアコンのリモコンが怪しい動きになってきたので見てみると例の如く電池から液漏れしています。一応、市販の日本ブランドのものだったのですが...
比較的軽傷だったので、リモコン側は接点が少し腐食しただけで済みましたが... とりあえずアルコール系クリーナーで拭いときました。

で、代替の電池ですが・・・やはりニーズがあるのか、こんなのが売っていました。

R0014660


パックの上に乗っけてるのは、今回液漏れした電池です。
ストレートな名称やパッケージングといい、判り易くて良いです!
実力の程は・・・複数の機械で何年か使ってみないと答えは判りませんが...
ま、とりあえずは額面どおりであることを信じましょう。少なくとも他の製品よりは悪く無いと思いつつ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.08

LXA-OT3

Stereo 2014年1月号。

Imgp0705


当然ながら?付録狙いで購入しました。
発売日時点では、大手書店の店頭で数冊ありましたが、直ぐに売り切れた模様。

前回(2年前)は、気がついた時には手遅れで、何処にも有りませんでしたが、とりあえず今回は無事入手...

リンク: Stereo 今月号の内容 - 音楽之友社.


Imgp0704


とりあえずこれまた雑誌付録のScanspeak 10cmを繋いでみます。
・・・というか、普段使ってるスピーカー達に付けているケーブル類は、(決して極太線では無いのですが)アンプ側のターミナルに入らず、偶々安物コンポに繋いでいたために細めのケーブルが付いていたスピーカーを繋いでみました。

それにしても、アンプ基板に直付けされているターミナル類は、少し押したら根本からグニャグニャして心理的に宜しくないです... 壊れたら壊れたでマトモなケース&ターミナルを仕立てれば良いのでしょうけれど。

肝心の音の方は、噂どおりのドライブ感で、ナカナカのものだと思います。
変に尖った音もせず、鳴らしていてもっと聞きたくなる感じ。
流石に最初の電源投入後、数十分は籠もった音でしたが。

安物コンポはともかく、個人的には数千円レベルの中華デジアンより余程良く出来てると思います。
これは他のスピーカーでも色々と試してみたいところです。
「交換してくれ」と言わんばかりのオペアンプ部も気になります...

気になったといえば、電源投入/切断で派手にポップノイズが出るので、チャンとボリューム絞ってから電源を切りに行く癖を付けとく必要がありそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014.01.01

初夢? 仕舞い夢?

本来は、今晩見る夢が所謂「初夢」。
いつも1月1日は日付が変わってから暫くしてから寝てますんで、初夢のような気がしますが...

初か仕舞いかは置いといて...

妙にリアルな夢でした。

6x7担ぎ出して、サブ機にTVS持って撮影に出掛け、フィルム補給に歴史のありそうな写真館に入り、業務用フィルムをわけて貰うのですが、写真館の大将とフィルムのこと・写真のことについて建設的なお話をしてたら日が暮れて撮影はオシマイ。

残念ながら建設的な話の中身は覚えておりませんが、ソレは素面の時にシッカリ考えなさいという事でしょう。

6x7は腰を痛めてから持ち出して居ませんが、ポジ原板の見易さ・プリントの解像感を、また味わいたいという意識が出てるんでしょうねぇ。

ま、少しでも写真、それも銀塩に時間とお金を費やせる一年になればいいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »