« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014.08.31

ランクル70 復活

30周年限定での復活だそうで。

リンク: 【トヨタ ランドクルーザー70 復活】バンタイプとピックアップの2種類を導入…ピックアップは日本初 | レスポンス.

4L V8ガソリン+MTのパワートレインと、360万&350万の値段は、今となっては致し方無いところなんでしょうが。

狙いは40代以上なんでしょうな。
今時のワカモノは、クルマでクロスカントリーとか想像も難しそうだし。

管理人的には、現行のランクル200やパジェロに同じ位の値段出せるんだったらコッチの方が良いと思ってしまいますが、今のコンプライアンスやら何やらがんじがらめの世の中で、これの能力を出す事は(少なくとも独懸車より優位に感じる状況は)、相当環境に恵まれていないと難しいかも知れません。
(いや、そもそも買えませんが...)

ま、偶にはこんな素材や機構にチャンとお金を掛けてるクルマが選択肢として現れてくれる事は、クルマ文化としては良い事だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.22

トワイライト・エクスプレス

所用で京都駅に立ち寄った際、妙にカメラ持った人が多いなぁ、と思ってたらこんなのが走ってきました。

P8220771


P8220772


P8220781


P8220789


 DATA:OLYMPUS XZ-1


もうすぐ定期運行終了との事ですが、車両のヤレ具合を見ると止む無しかとは思います。
古来のフレーム車と違って、モノコックだと補修しながら使うのも大変そうだし、何より年季が入って味になるカタチでは無さそうです。

JRになって会社の壁が出来てから、長距離走る列車がどんどん減ってますが、新幹線や飛行機、長距離バスと違って行程をユックリ楽しめ、自家用車より楽な長距離列車には魅力が有ると思います。

管理人の老後(有るのか?)の楽しみとして、そういったモノが有ったら良いなぁ、と思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.19

残暑お見舞い

・・・申し上げます。

Dsc03904


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.10

台風中継?




よう降ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.09

OLYMPUS XZ-1

Dsc03538

既に何度か撮影画像をUPしていますが、DSC-RX100と前後してOLYMPUS XZ-1も入手しました。


リンク: オリンパス オリンパスのデザイン:デザイナーインタビュー:コンパクトデジタルカメラ OLYMPUS XZ-1.


DSC-RX100の機能や写りに不足が有ろう筈も無いのですが、あまりにソツなく写ってしまうのと、元々コッチが気になっていたのが入手の理由です。

R0014870


撮像素子がCCDってのも、あくまで手段であって目的では無いことは理解していますが、K-xやK-01よりK200Dの写りが好みだったり、条件の良い時のDSC-MZ1の濃厚な写りを思うと、やはりチョット惹かれてしまいます。

操作系が独特とか、カスタム範囲が狭いとか、意外と大きいとか、高感度ではノイズが出るとか、ホワイトバランスに安定感が無いとか、イロイロと世間では批評されていますが、まぁ実際そうだと思います。

操作系やカスタム範囲については、きっちりと作り込まれて居れば個人的には多くを望みません。
(・・・が、マクロ切り替えとかは、もうチョット簡便に出来る様にして欲しかった...)

高感度耐性については確かにその通りですし、感度オート設定だとiso200までしか上がらないのも高感度性能に自信ない現れなのかも知れません。
一台だけ選ぶとすれば大いに不満点となるでしょうが、DSC-RX100が有るので余り気にせずに済んでます。

その代わり、光量の多い所での写りは、こちらも評判どおり。
ソツの無いDSC-RX100と比べ、こちらの方が填ったときの満足感は大きいです。

入手前から知ってた情報。

Dsc03534


CX4と電池が共通で使えます。(自己責任で)
お陰で予備電池を買わずに済んでますし、専用USBケーブルで充電しなくても、CX4の充電器を使い電池だけで充電できます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.03

リコー、大規模人員削減で退職強要面談

一時期、非情なリストラをすることが持て囃されましたが、実際やるとなると副作用の強い劇薬です。

リンク: リコー、大規模人員削減で退職強要面談「あなたの居場所ない」 解雇のプロをスカウト- 最新ニュース|MSN トピックス.

喫緊の出血を止めるには、劇薬が要る場合もあるでしょうが、使ってしまうと本当は必要な部分まで大きなダメージを受けてしまうので、5年後、10年後に組織を存続したいのであれば、落ちたモチベーションと流出した人材のリカバー方法をちゃんと考えておかないと、止血してからの再起動は容易なモノではありません。
今時、ブラックという悪い評判が立ってしまうと、新しい人材確保も難しくなるでしょう。

深慮熟考の上で人員削減に走られたと思いたいですが、何とか出血止めて、その後の復活を遂げて貰いたいところです。茨の道でしょうけど。
理光には、まだまだ光学機器を作って、メンテして貰いたいので...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »