« 「的外れ」な再建策 | トップページ | Supermoon »

2015.08.28

梅小路蒸気機関車館に行ってきた

Imgp2102

いよいよ今週末一杯となった梅小路蒸気機関車館ですが、時間を作って見に行ってきました。


Imgp2100


流石に現役(蒸気機関車が、ね)時代は知りませんが、初めて来た頃は未だ現役時代を色濃く引き継いで居た様に思います。
機関庫裏に伸びた線路を走るデモ走行の後に、大きな給炭台の横で燃料補給していた記憶があります。

Img_0694


流石に賑わっています。
混んでるだろうから、どうしようかなと思ってましたが、まぁまぁこの位なら良しとしましょうか。


Imgp2118

Imgp2141


Imgp2133


Imgp2136


最後を飾るべく、色々仕込んであります。

最後には管理人は間に合わなかった交通科学館と違い、こちらは拡張リニューアル予定ですので、まぁ全く無くなる心配は無いのですが、少し素っ気ないくらいの、過剰な商業主義が無い状態では最後になるでしょうから、シッカリ記憶に留めておきます。


Imgp2138


Imgp2201


それにしても、なかなか全部に手は回らないでしょうけど、ちょっと痛みが目に付いてしまいます...


Imgp2155


この日の”スチーム号”は・・・


Imgp2159


いつもの倍、走らせております!?

「義経」が併走してたのですが、音も動きも極めて軽快でした。
動かしてて楽しそう。


Imgp2164

Imgp2165


色々、手直し中。


Imgp2172


Imgp2191


Imgp2194


いやぁ、「鉄」です。
アルミやニッケル・クロム合金じゃ無いです。(^^;


Imgp2210


Imgp2217


現役とは違う「保存機」って、切なくて余り好きでは無いのですが、とはいえ実際に存在し動くモノは貴重で存在価値が有ると思います。
だんだん動く機体数は減ってますけど、出来る限り未来まで動く状態にしといて貰いたいです。

Imgp2341


・・・その裏では、着々と工事中...


 DATA:K200D+DA16-45/4AL、TAMRON SP AF 10-24/3.5-4.5 Di II、DA50-200/4-5.6、iPhone5

|

« 「的外れ」な再建策 | トップページ | Supermoon »

コメント

こんにちは。
とうとう閉館してしまいましたね。
当方が訪問したのはずっと昔、昭和52年の夏です。まだ駅前には市電が最後の活躍をしていました。
消滅してしまうのではなくリニューアルということなので若干の安堵はしています。あのラウンドハウスは残るんですよね?

投稿: A・P | 2015.08.31 22:57

A・Pさん、こんにちは。

長らく放ったらかしにしており、申し訳ありませんでした。

市内では休日に聞こえていた汽笛が聞こえてこなくなり、あぁ閉館したんだなぁと感じるこの頃です。

当方も、最初に訪れたのは同じ位の頃で、市電とセットで見に連れて来てもらった覚えがあります。

(その市電も、隣の梅小路公園で少し可哀想な展示のされ方になっています...)

最初来たときは、現役の機関区に最低限の接客展示をしたような、今で言う工場見学みたいな感じでしたが、その後国鉄末期~JR化くらいの頃は、予算が無いのか随分と貧相になってた様に思います。
(食べ物が冷凍の焼きおにぎりをチンする自販機だけになっていた!!)

その後は、どんどん遊戯施設化してる気がします。
それはそれで間違いでは無いと思いますが、文化遺産の保全としての方に重心は置いといて欲しいと願います。

扇形庫は残りますよ。

投稿: かめ | 2015.09.25 19:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59948/62168800

この記事へのトラックバック一覧です: 梅小路蒸気機関車館に行ってきた:

« 「的外れ」な再建策 | トップページ | Supermoon »