2014.12.28

アルトにターボモデル

近頃、妙に背伸びし過ぎた感じのか、おまじないの様にエコエコ謳うのばかりだった軽自動車の中で、久々に面白そうなのが出て来ました。

リンク: 【スズキ アルト 新型発表】約10年ぶりにターボモデルを復活…15年3月発売へ | レスポンス.

マスクも、初代+2代目みたいな雰囲気。

重心高すぎない軽量ボディ+ちょっとパワフルな動力源ってのは、走って曲がって止まって、が楽しいモノかと思います。

近頃の監視・懲罰社会では、あんまり羽目を外せないかとは思いますが、それでもクルマを乗ると言う行為自体の楽しさを、手軽に味わえる仕上がりになってる事を祈ります。
出来れば、若い世代にも楽しさを味わって欲しい...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.27

メルセデス・ベンツ日本、93年式 190E を50時間かけてレストア

93年なんて、ほんの少し前・・・と思ったら、よくよく考えたら21年も前なんですなぁ...

リンク: メルセデス・ベンツ日本、93年式 190E を50時間かけてレストア…300部品交換 | レスポンス.

部品交換のみならレストアではなくリビルドでは?とか、21年前のクルマの部品がササッと出てくるのは日本車ユーザーとしては極めて羨ましいとか、イロイロ思う所はありますが、何にせよメカニカルな金属部品の多いクルマだからこそストック部品さえあれば何とかなる、って事でしょうなぁ。
イマドキのメルセデスが20年後に同じ事を出来るか、となると、かなり怪しく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.31

ランクル70 復活

30周年限定での復活だそうで。

リンク: 【トヨタ ランドクルーザー70 復活】バンタイプとピックアップの2種類を導入…ピックアップは日本初 | レスポンス.

4L V8ガソリン+MTのパワートレインと、360万&350万の値段は、今となっては致し方無いところなんでしょうが。

狙いは40代以上なんでしょうな。
今時のワカモノは、クルマでクロスカントリーとか想像も難しそうだし。

管理人的には、現行のランクル200やパジェロに同じ位の値段出せるんだったらコッチの方が良いと思ってしまいますが、今のコンプライアンスやら何やらがんじがらめの世の中で、これの能力を出す事は(少なくとも独懸車より優位に感じる状況は)、相当環境に恵まれていないと難しいかも知れません。
(いや、そもそも買えませんが...)

ま、偶にはこんな素材や機構にチャンとお金を掛けてるクルマが選択肢として現れてくれる事は、クルマ文化としては良い事だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.13

自動ブレーキ車で衝突事故

原因が判らんので、リンク先の事故がどうだったかは何とも言えないのですが...

リンク: 【新聞ウォッチ】自動ブレーキ車で衝突事故、マツダ試乗会で何が起こったのか | レスポンス.

所詮はタイヤのグリップとブレーキの能力の中でしか停止or減速出来ないのですから、過信して飛ばしたらダメですわなぁ。

同様のシステムを試乗された方曰く、「ちゃんと動く(止まる)かどうか判らんから、怖くてアクセル踏めんかった」との事ですが、その感覚のほうが自然だし危機管理としては正解だろうと思います。

要は、製造者側は使用者のスキルやマナーを過信してはイケマセンし、使用者側も機械の能力や精度を信じすぎてはイケマセン。
互いに一歩譲れば事故は起きない、という事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.20

子どもを山車に?

子供を山車に、自分が欲しいモノ買ったとしか思えん...

リンク: 子どものスマホ遊びにご用心! パパの携帯でクルマを買ちゃった女の子- 最新ニュース|MSN トピックス.


 


 


 

そもそも、(米国とは言え)15年後に16歳の娘さんが、スプライトを運転できる様にするには、相当な英才教育が必要な事でしょう。
(ま、心配せんでも良さそうにも思いますが...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.17

今時マニュアル車に乗ると言う事

世間的には、団塊&バブル世代の、懐古趣味と見られるのでしょうが...

リンク: 復権 マニュアル車 トヨタ「86」火付け役、ベンツも21年ぶり投入+(1/2ページ) - MSN産経ニュース.

速いか遅いか
効率が良いか悪いか
カッコ良いか悪いか
値段が高いか安いか
下取り額が付くかどうか

・・・そんなクダラン比較を忘れて、楽しいかどうかで選ぶ場合、良くできたMT車ってのは最良の選択肢の一つに違い無いでしょう。
もっとも、慣れ親しんだ人で無ければ敷居が高いのは違い無いでしょうから、今となっては年配者のモノとなってしまうのかも知れませんが。

でも、若い人(←嫌な言い方)でもMT車に興味があったり、好きだったりする人も居るのですから、気張らずに選べる機体が用意されていたら良いですし、フツーにMT車も存在できる世の中になれば面白そうなクルマが出てくるのかも知れません。


R0013915


さて、Galantの場合、折角のMTですがイマイチ楽しさが足りない気はします。

2,3,4速の繋がりは文句無いのですが、神経質なエンジンと発進性を無理矢理ギア比で辻褄合わせようとしたような1速や、定速走行の燃費狙いな5速は、運転の楽しさや楽さという意味では、お世辞にも褒められたモノじゃあ有りません。

車格相応な?遮音と中途半端に残る籠もった音のせいで、シフトやクラッチ断続のタイミングが掴みにくい事にもなっています。
BRZ/86やポルシェなんかで、運転席近くへ吸気音をわざと引っ張って来てたりしますが、スポーツ感云々以前に、同乗者に配慮した遮音を行った場合にMT車を五感で操るには必須な仕掛けだろうと思います。
(ウチのも窓を開けたら音で判断できるので運転し易くなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.03

代車 eKワゴン

アイの車検代車は、毎度のeKワゴン。
アイのオーナーである嫁さんは、カックンブレーキ(と走らない事)が乗り辛いと敬遠していますが...

Img_0142


今回のは、エコランプが付く直前の、4A/T車。

R0014022


現行のエコランプ付きモデルは、以前に2度ほど代車で借りましたが、それらに較べて若干走りが軽快な様に思いました。
・・・が、スペック上は変わらんみたいなので、個体差なのか気温の低さの影響なのでしょうか。

何れにせよ、踏めば加速しようと頑張ってる感じがあるのと、アクセルから足を離しただけで減速に掛かってくれるのは、スピードコントロールのし易さという意味で近頃のエコ一色なクルマの中では美点だと思います。

ただ、アクセル踏み込んだ途端に、これでもかとメカニカルな騒音激しくなるのは、加速感の一助にはなってるんでしょうけど、「値段相応」って言葉が浮かんでしまいます...
(飛ばしたく無くなる、というエコなメリットもありますが...)

足回りが、前後左右共に落ち着き無い感じがしましたが、直接比較がアイであることを差っ引いても見劣りする部分です。
最初にeKワゴンが出て来たときには、その安定感・シッカリ感に驚いたものでしたが、世間のレベルが上がった事もあるんでしょうが、コストダウンの影響も疑ってしまいます。


R0014020_2


 

さて、車検が終わりアイに乗り換えると、その安定感とスムースさ、パワフルさに今更ながらに感動です。(^^;

今回、ブレーキ周りがほぼ新品になりました。(^^;;
フロントのパッドはともかく、リアのシューも同じように減ってたのは、リア側のキャパ小ささ比率高さ
のせいでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.01

ギリギリの駐車事情

なかなかの難易度。
クルマ乗り換えたり、代車だったりだと勝手狂ってしまうでしょうなぁ。

R0014018


・・・こんなの、旧くからの街中だと珍しく無い光景ですが、軽自動車規格は非関税障壁だとか文句言うピンぼけな国もあるんですなぁ。

(規格で縛られない普通車は、ドンドン「国際」サイズにしてしまう国内ブランドも、どうかとは思いますが...)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.28

アウトランダーPHEVに乗ってきた

アイを車検に出しに行ったついでに、「乗ってみますか?」と言われてホイホイ♪と試乗してきました。

結論から言って、コレは予想以上に「新世代の」乗り物でした。

i-MiEVには何度か乗らせて貰ってますが、車格・価格の違いもあり、更に静かで滑らかな乗り物でした。
i-MiEVを「電車」と形容した知人がいましたが(間違い無いですが)、i-MiEVが在来線なら、こちらは新幹線に乗ったようなイメージでした。

街中を数km乗る程度なら、全くの「電気自動車」で、且つかなりの加速感。
余りに静かなので、強制チャージモードに入れてエンジンを動かしてみましたが、遠くでエアコンか何かが動いてるような、何とも不思議な感覚でした。

イマドキのクルマですんで、ガソリンonly車でもきっと静かなんでしょうけど、無音室に居るような遮音感ではなく、騒音源が近くに無い感覚は、恐らくはPHEVでは無いアウトランダーには無いんだろうなぁ、と思います。

車体が重い(しかも重心が下がる方向に)事も、乗り心地やフツーに走ってるレベルでの安定性に効いている様ですし、電動パワステも(未だそれらしいアシスト遅れ感がありますけど)重さなのかバランスなのか重心なのか、酷い違和感は無いように思いました。

基本的に、「エコ」を売りにしたクルマには余り良い印象無いんですが、ココまでぶっ飛んでるのは「有り」かも?とも思いました。
現実的には幾ら補助金が出ようとも、(管理人的には)おいそれと手を出せない額ですし、またそれだけの値段を出すなら、ピュア・ガソリンでもっとFunな走りをしそうなクルマも、未だ今なら有りそうなところが悩ましい所ですね。
充電環境も、無いと魅力半減以下ですし。


R0014001_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.21

自動車取得税、廃止?

税軽減アピールと景気浮揚策(とギョーカイへのアピール)なんでしょうけど・・・。

リンク: 自動車取得税、廃止で自公調整…消費増税に伴い : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

個人的には、殆ど縁が無さそうですなぁ...

重量税無くして貰った方が、車検の時に恩恵ありますが。
もっと言えば、揮発油税に消費税掛けるのの方が、サッサと止めて欲しい!

・・・ま、コレで多少なりとも景気浮揚すれば良いのでしょうけど...
(でも「エコカー」は既に免税なんで、今更あんまり景気効果無いような気も....)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧