2016.12.09

良いクルマであった。

Dsc00439


まだまだ致命的な痛みもなく、もう少し頑張って貰おうと思ってましたが、乗り換える事になりました。

余り積極的に選んだクルマでは無かったのですが、7年で10万km強を付き合ってみたら意外と凄い奴だった、というのが素直な感想です。

そのあたり、少しずつ書いてみたいと思います。いつになるやら、ですが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.27

気休め

交換したオイルが気に喰わんみたいで、カタカタ五月蝿いので、オイル添加剤を。





とりあえず力技で音は止みました。

ついでに、特売してた燃料システム洗浄剤も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.20

積雪!

今朝の図。

Imgp3698


見てる間に積もっていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.08

大雪

R0014668


べた雪なので、今晩以降の凍結が心配です...


R0014669


あちこち事故や通行止めやチェーン規制になっていますが、それでもチェーン規制にすらなっていなかった京都縦貫道、恐るべし!!


R0014675

 


(言われんでもスタッドレス履いた車しか居ない、って事でしょう...)
それにしても京都縦貫道の除雪車は、良い仕事してました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.16

冬支度

今年は、短い秋をすっ飛ばして、あっという間に寒~い季節となりました...

いつ降っても/凍ってもおかしくないので、とりあえずスタッドレスに換装しました。
2シーズン目なので、前後入れ替えましたが、減り自体はそんなに差が無かったです。
(角の落ち方の差だけ)

R0014609

交換後は、久々のグニャグニャ感...
慣れるまで暫くは違和感との戦いですな。

ただ、ホィールが軽いせいだと思いますが、動きだしはコッチの方が軽快にスッと出て行きます。

塗りのお陰で汚れも取れやすいし、腐食にも強いでしょうから、このホィールは良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.19

ヘッドランプ 研磨

アイのヘッドランプを綺麗に磨いて貰ったところですが、GALANTも左側だけガサガサと表面が白濁してきました。
左側だけ、少し暗くもなった気がしますが、何より如何にもボロっちい。

R0014502


こちらは、市販のケミカル材を使ってみました。
ウィルソンのヘッドライトクリアという商品名の奴で、ドロッとした液状の研磨&コーティング材を、付属のペーパーに付けて磨き、不織布で拭き取るものです。

最初、力加減が判らず優しく擦ってましたが、強く擦れとの指示に従いソレナリの力でゴシゴシし出すと徐々に白濁した部分が薄くなっていきます。結構面白いし気分もスッキリします。(^^;

あとは根気と体力次第なんでしょうけど、程々のところで良しとしました。
未だウィンカー部分とか、綺麗になってない所も有りますが...
あんまり綺麗すぎても、浮きそうで。 →言い訳

使用前と

R0014503


使用後です。

R0014504


現物は、もっと差があるように見えました。
こうなると、処理してない右側が艶無く見えてしまいます...
未だ透明な奴を触りたく無かったんですけど、やっといた方が良かったかな~。

R0014505


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.16

10万km。

あと1km...

Imgp4728


・・・そして...


Imgp4733


4年弱で6万km弱。
さて、何処まで乗ろうか...
(正直、今時エコカーをローンまで背負って乗りとう無い...)


 
そして、車検へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.02

マルチリンク・サスペンション

バブル前後くらいのクルマは(いや、クルマ以外の日本製工業製品は)、やたらと手間暇お金を掛けた仕掛けを有り難がって使っていましたが、その中にマルチリンク式サスペンションというモノも有りました。

ダブルウィッシュボーン式やセミトレーリグアーム式のサスペンションを基に、車軸の位置制御用のリンクを増やしたモノですが、ひねくれ者の管理人は、「カタログに書く為にリンク増やしたんでしょ、壊れるモト増やして場所も取るのに、マクファーソン・ストラット式で何が悪いの?」と冷ややかに見ておりました。

さて、バブルの流れをくむ我がGalantにも、先代モデルから引き続き前/後マルチリンク式のサスペンションが奢られています。

R0014243


R0014244


噂では、コレが為にWRC参戦機がランサーになっただの、3ナンバー幅になっただのと言われている様ですし、実際に自分で乗るまでは無駄で過剰な装備だと思っていました。

 


・・・が、腐っても鯛(?)、掛けたお金は正直なモノで、実に懐が深いというか、良くできた足回りだと思います。
あまりに簡単に思い通りのラインを曲がっていくので、面白くないと思った程...

車高に対してロール中心軸が充分に高い感じで、コーナリングが非常に安定しています。
(以前、助手席に乗せた元上司が、このクルマ曲がるときに安定してるねぇ、と褒めておりました。)
フニャフニャのバネや減衰の弱いダンパーにも関わらず、タイヤもちょっとやそっとでは鳴く事はなく、グリップ力を有効に使い切ってる様です。
タイヤとの相性もあるんでしょうけど、限界超えそうになってもしぶとく舵が効きますし、穏やかに外へはらんで行きます。

元々、馬力が倍のグレードが有るのですからシャシー能力には相応のモノが有るでしょうし、実際オーバースペックなんでしょう。
だからこその余裕と安定感。
こういう過剰装備も有りかなぁ、とユーザーになってからはシミジミ思いました。
(ひねくれた色眼鏡で見ててゴメンねぇ~!)

でも、何より安さが求められる今となっては、こんな「無駄」を許しては貰えないだろうと思います。
こういう過剰とも言えるクオリティも、Made in Japanの矜恃として、場合によっては必要ではないかとも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.17

今時マニュアル車に乗ると言う事

世間的には、団塊&バブル世代の、懐古趣味と見られるのでしょうが...

リンク: 復権 マニュアル車 トヨタ「86」火付け役、ベンツも21年ぶり投入+(1/2ページ) - MSN産経ニュース.

速いか遅いか
効率が良いか悪いか
カッコ良いか悪いか
値段が高いか安いか
下取り額が付くかどうか

・・・そんなクダラン比較を忘れて、楽しいかどうかで選ぶ場合、良くできたMT車ってのは最良の選択肢の一つに違い無いでしょう。
もっとも、慣れ親しんだ人で無ければ敷居が高いのは違い無いでしょうから、今となっては年配者のモノとなってしまうのかも知れませんが。

でも、若い人(←嫌な言い方)でもMT車に興味があったり、好きだったりする人も居るのですから、気張らずに選べる機体が用意されていたら良いですし、フツーにMT車も存在できる世の中になれば面白そうなクルマが出てくるのかも知れません。


R0013915


さて、Galantの場合、折角のMTですがイマイチ楽しさが足りない気はします。

2,3,4速の繋がりは文句無いのですが、神経質なエンジンと発進性を無理矢理ギア比で辻褄合わせようとしたような1速や、定速走行の燃費狙いな5速は、運転の楽しさや楽さという意味では、お世辞にも褒められたモノじゃあ有りません。

車格相応な?遮音と中途半端に残る籠もった音のせいで、シフトやクラッチ断続のタイミングが掴みにくい事にもなっています。
BRZ/86やポルシェなんかで、運転席近くへ吸気音をわざと引っ張って来てたりしますが、スポーツ感云々以前に、同乗者に配慮した遮音を行った場合にMT車を五感で操るには必須な仕掛けだろうと思います。
(ウチのも窓を開けたら音で判断できるので運転し易くなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.20

漸く冬支度

今年は予想以上に寒くなるのが早く、一時はどうなるかと思いましたが、漸くスタッドレスを装着。

R0013841

昨シーズンで、既にスタッドレスとは呼べない溝深さになってましたんで、清水の舞台から飛び降りて?新品購入。クルマの余寿命考えると悩ましい所ではありましたが、致し方ありません...
で、ヨコハマの、今売り出し中の奴になりました。

R0013844

リンク: スタッドレスタイヤならヨコハマタイヤ【アイスガードシリーズ】.


流石に、サイズ的にお取り寄せになりましたが、サイズによっては品薄とかいう話も聞こえてくる中、数日で入荷しました。売れ筋でも激レアでも無い微妙なサイズで良かった!?

未だ雪道や氷雪路は走ってませんが、流石にイマドキなスタッドレスで、随分と滑らかに転がってくれます。
肝心の雪道&氷雪路は、宣伝文句どおりで有ることを期待しつつ...

舗装路上では、幾分ゴワゴワした感じが残りますし、やや手応えが無くなりますが、まぁスタッドレスとしてはコレでも随分と良くなってるんだと思います。
交換後いきなり高速をぶっ飛ばしましたが、ちゃんと真っ直ぐ走ってましたし。(^^;

とりあえず、コレで雪の予報でも一安心!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)